03.series The code"M" show

2012年6月23日 (土)

codeM showフォトと感想

ほんとは金土と外での予定を組みたかった私ですが、なんとなく身体の不調を感じ、大事をとって自宅オフに切換え。

でもそのおかげでゆるりと苦手なことに向き合えたので、それはそれで良き時間でした。

さて、恒例?になりつつある MAKIだんだん過去へ遡るよブログ(苦笑)

先日のミソラのように、メンバーフォト!(by中山さん撮影)を上げてなかった気がするな〜って、卓ちゃん記事のフォトあげながら、気付きました。。

あらためまして12th Anniversary
The code"M" show in TOKYO(@座高円寺)
メンバーたちです。

Perc:相川瞳
01hitomi_aikawa_percussion

二胡:沈琳
02erhushenrin


尺八:岩田卓也
03takuya_iwata


サクソフォン:江川良子
04saxophone_ryoko_egawa

津軽三味線:ーKijiー
05kiji_tsugarushamisen

ピアノ:MAKI
06maki_compositionpiano


この並び、分かる人には分かる配列です。

みなさんのイメージと合ってるのかしら?

きっと、たくちゃんが年齢より上にみられてるんだと思ったり、、。

私は不動の座?w

今週金曜は、リンちゃんはリサイタル(瞳がサポート)!
良子さんは、彌勒さんと共演します。


いろいろ繋がってきますねー。


私は、明日岩田さんと2人っきりw


そして、27日に来場してくれたゴスペル歌手まりささんは、明日目黒BAJでソロライブです。

08marisakazuya


27日終演後に、来場者の方がいろんな言葉で感想を寄せてくださったんですが、その中から翻訳家の方、メディアの方のブログ記事を許諾を得たので、こちらで。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
、、いつもエネルギーをもらっています。今回の曲目は、中東、南米、アジア、日本…と音楽から旅をするように世界の国々を感じることができました。code "M"を通して思うのは、楽器に国境は関係ないんだということ。私の知っている邦楽器は歌舞伎での演奏からでしたけど、尺八や津軽三味線をピアノやサックスと合わせても全く違和感はないし、二胡が加わったってそうだし、むしろ奥行きが出るほどで、その広がりは無限なんだなぁということです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
コンサートはピアノ、サキソフォンにパーカッションのほか、尺八に三味線といった和楽器に、中国楽器の二胡も加わる珍しいアンサンブル。でも見事に和・洋・中の音色が、それぞれの特徴を生かしながら、時には自らの特性を主張し、そして時には他の楽器を立ててと、素晴らしい空間を作っていました。なにかと、国と国との関係では、いろんな事象に、いずれが優れているとか、どちらが紀元だとか、主導権がどうのとか、そんな争いが絶えません。しかし、こういう演奏を聴いていると、いずれの文化の産物の楽器の音色も、どれが優れていて、どれが劣っているというようなものではない。それぞれがそれぞれの特徴をもって、場面場面でそれぞれの役割を果たすことによって一つの世界を作っている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

、、こんな風に捉えてくださる方がいる、楽しいステージを目指している先のことを感じ取ってくれてる方がいる、その嬉しさで毎月、いや毎週曲が書けちゃいそうです(実行しなきゃ、ですね。笑)


私らしい発言かも、ですが、個性は大歓迎、競争もあった方がよいし、私は燃えるタイプですが(!)、その上で認め合えたり、共存できる世界、何が人生で最も必要か、机上の話でなく考えられるようにならないかな〜と。

今は原発問題はじめ、未曾有の自然災害など様々な出来事を受け、皆さんが想いを行動にうつされています。自分も大切なメッセージにはより想いを込めたいと以前より深く思うようにも。


そう、フォトラッシュな最近ブログ、今日もまだ二枚ありました。
1つは今夜かなり先の予定を確認しあった瞳(お互い混乱を回避w)
07maki_hitomi


もう一枚は、codeM showを支えてくれた、年齢ハーフな女子たち大集合の図(ほんとテキパキなサポート!助かりました。写ってない山水さん、ごめんね!今度ぜひ。)


09the_code22m22_show_performerss_3


では、梅雨シーズンですが、みなさん体力をおとさないよう、日頃からケアしていきましょうね。(私でいうなら、これ書いたらすぐ寝る、とか。苦笑)
ほんと万全な体調を目指します。

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

codeM show終えのレアフォト?

文章だけの味気なさから1週間経って、フォトも。

どうせなので、面白いもの?!のみで。

MAKI & メンズ
Codem_show2

終演後、1番最後まで残ってくれたファンの方と撮ったものです。なぜか身内二名紛れ込んでます。。。
特に父は私が気付かないうちに超猛スピードで後ろに割込んだ?!

(オトーサン、その瞬時の目立とう!判断にムスメはDNAを感じます。こんな父娘と比べ、母はこの日も隠れて隠れてって感じでしたw)


で、これは説明するまでもなく、打上げの時。(何の話をしていたかは1週間経つと忘れるものですね、、w)

Photo


最後はなかなか迫力ありますよ!!

codeM な赤目光線。

後半前の舞台裏で撮ってもらったらこんなことに、、、(怖)

Photo_2


あれから1週間。


この写真みて、このドレスが入るために痩せようと決意した自分を思い出します(笑)


そして、こういった周年公演時には、いつも以上に本当に大量のスイーツを皆様から頂く事にも、あらためてお礼申し上げます。

これを終演後までに、スタッフが奏者達用に迅速に分け隔てなく分配!してくれているのでw、各奏者それぞれ、相当のスイーツを持ち帰るのです。イメージ頂けるなら、デパ地下の充実度で有名な伊勢丹新宿店の地下スイーツ全店舗からそれぞれ1箱ずつ、大人買いをしたときの量(未だかつてしたことはないですが、笑)と申せば、想像いただけるでしょうか?

スイーツ好きの私にとっては至極幸せな日々でもあり、一方で1週間前の私が今存在するかを鏡に問う試練な毎日だったりもします。

ということで、ジム通い、また復活してますw


またもうひとつ、これはcodeM主宰として、ブログを個人的なお礼の場として使わせてもらう意味で、是非書いておきたいことがあります。


私と一緒に演奏する仲間たちは、本当にいろんなユニットや個人でも活躍するプレイヤーです。そんな皆が、よくcodeMのライブにご両親を誘ってくれます。

よく楽屋では、今日も父兄参観日だね、なんて冗談で言っていたりもしますが、、、私からすれば、自分の子供さんが活動する日々の中、codeMでの活動にも興味を持って、見守ってくれてることに心から感謝しています。

名古屋から来てくれた、京子ちゃん(たくちゃんのおかあさん)

これまた関東といえどかなり遠くからきてくれた、
とおるさんと慶子さん(ひとみちゃんのご両親)

そして、りょーこちゃんのご両親さま(お母さんは、やはり京子さん!って仰るんですよね)
また、KIJIニイのご両親まで!!!

さらに、リンちゃんのお母様がこの時期中国から来日されていたので、本当にオールメンバーの血族?!が観客席で、お客様と一緒に聴いてくれていました。


このことに、リーダーとして深い感謝があります。
舞台で述べる感謝とはまた違いますが、これからも大切な仲間と舞台を作って行く上で、そういったご家族から頂く気持ちに心からお礼を。

| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

codeMなスコア(楽譜)たち。

意外に私、こういうの載せてませんでしたね。


あらためて、ご紹介します。


code"M"な楽譜たち。

まずは、新曲出来上がりました。

相当、アラビアンな風が吹いております。
サブタイトル、バクダード編と記しました。そう、前編はアラベスク編でした。
一瞬荒城の月がテーマに出てくる、アノ曲のver2が4年経ってお目見え。
この曲、ソロの聴き応え?も意識してみました。

で、テンポが4分音符 ♩=80 (1分間に均等に80回、4分音符が打たれる)と、スローなことをいいことに、全音符から32分音符まで音の長さが各種豊富で、りょーこさんのテナーサックスによる、音価も音域も広い譜面は、下記のような感じなのです。


Sax

ちなみにサックスは移調楽器なので、ドの位置にあるものを吹くと、シの♭が鳴ったり、ミの♭が鳴ったりするわけです。
まぁ、でもこういった楽譜は、楽器に触れる方々はよく目にするものかと。


ここからが、和洋のcodeM。

尺八譜を紹介。
私が興した五線譜を、たくちゃんはこのように解読しているらしい、です。
Photo
岩田さんが書いてる時は、レチチ〜とか、ロ〜ハ〜と歌ってますが、なんせ5つの穴のみで成り立つ尺八。
こういう解読で、音楽の出口に向かえるんだな〜と、一緒にやってても未だに不思議な感じですw


また今回のゲスト、シェンリンちゃんの二胡スコアは、数字に変換してました。
Photo_2


まさにリョーコさん曰く、

【codeMリハは異文化交流会】


津軽三味線は、西洋音楽の様々な現場、修羅場?!を乗り越えてきたKIJIニイ!だけあって、ドレミへの変換だけでやってらっしゃいます。
ただ音楽用語として、3本の糸の調弦に言回しがあり、

一の糸に対し、二の糸を完全4度高く、三の糸をオクターブ高く合わせる(例えば、C-F-C)を

本調子

一の糸に対し、二の糸を完全5度高く、三の糸をオクターブ高く合わせる。(例えば、C-G-C)を

二上げ

その他、三下りなど呼び名があるのです。

そのオモシロさに目覚めてしまった?!女性陣は、
リハ時、KIJIさん(はじめちゃん)この曲は何?、へぇ〜本調子じゃないんだ〜、ふ〜んと、
その言葉の意味を勝手に変換し、楽しんでいたりもするわけです(ふふふ)


で、ワタクシMAKのIスコアはというと、ですね、
やはりバンマス(と言ってみたかった。笑)ですので、自分のピアノパートはもとより、他のみんなのパートも監視?!したくて(S発想w)、複数段を必要とする全体譜を使用してます。


だから、めっちゃ細かいというか、本当に見てる?ってくらい(笑)小さいのです。


で〜も白状すると、あまりに小さく感じる今日この頃、最近はA4→B4に変えようかな〜と思っているとか、いないとか、、、

Photo_3

ちなみに上記、あの、アメとムチ〜な楽譜です。


でもですね、1番スゴイのは、やっぱり瞳さんですよ。

なんせ、打楽器譜面を書く事を放棄?!?した私ゆえ(細かく書くより、打楽器奏者に任せたほうがよっぽどカッコイイと思ってるから、でもあります。)

いつも新曲が出来上がる度に、デモで作った音源を聴いてもらい、大体こんな感じ〜、楽器イメージは、壺かな〜、カホンかな〜、ドラかな〜、みたいな、相当イージーで、いい加減なものです(この場を借りて、いつもごめんよ。ひとみ。)


それを、あの千手観音様のような腕と指で、しとみぃは裁いて、叩いて、奏でてくれております。


ということで、みなさん、code"M"に興味沸きました?!www
ブログ始めて6年、、こういことを紹介してなかったワタシって、と自分に突っ込みどころ満載です(笑)


明後日ご来聴くださる皆様は、そんなステージ上に並ぶ譜面台の向こうも想像しながら、code"M"12th公演を楽しんでくださいね。


おぅ、あと3日すら、、、切りましたね!!!


この日を、異文化ながら、粋!で温かい仲間と迎えられる事がとてもとても幸せです。


The code"M" show 東京解禁。

| | コメント (0)

2012年4月23日 (月)

Asian Blue Sky /codeM

Photo_4


信じてきたことを、自分を、疑うなんて、
そんなまどろっこしいことやめないと、
人生が流されて終る。


信じたのなら、とことん信じればよいよい。それでよい。

27日ライナーノーツにも寄せている想い。


【Asian Blue Sky 】※東京初演
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アジアを結ぶ宙(ソラ)


急激な経済成長を支える人々、


森や高原で逞しく暮らす人々、


災害や苦難を乗越え、生き抜く人々、


地球上のあらゆる場所でみなぎる生命力。


どんなに離れていても、環境が違えど、見上げる空は一緒。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

共有しているもの、

その想いが、

平和と共存を生まないわけがない。

人生は孤独を知る旅。

私はキツくて激しくてナイーブな女。


それを認めた上で、もっと人に優しくなりたい。


01asian


02

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

FBから27逆輸入&相川瞳

相川さんブログがオモシロいのは今に始まった事ではありませんがwink、先日ブログ背景を大幅にいじられたようです。

たまたま改編の夜、リアルタイムチェック?!だった私、今回のリニューアルの前に、数時間だけもうひとつ違うversionがあったことも知ってます(笑)


いじりましたね、アイカワさんw


ということで、彼女の最近のブログからオススメを。
相川瞳のパーカッション瞳知り日記。


ほんと、悪徳業者が仕掛ける、人の懐事情や性生活を心配する最大おせっかいメール、ほんとにうんざりですよね、、、(その影響?で、私もこの間全メール受信前削除事件、勃発とか。苦笑)

さて、話の軌道をいつもながらMAKI音楽レポートに戻します。


去年から頻繁にFBを使用し始め、最近では簡単なレポはそちらに上げる癖?がついてしまいました。。。

なので今日はその逆輸入なんぞ。


まず、27日の親子チケットフォトと記事。

Photo
【岡山公演では2年前から行なっている試みで、毎年ちょっとずつ親子揃ってとか、おばあちゃんとお母さんと3世代でのご来訪などもあり、嬉しいかぎりです。
夜の時間帯ではありますが、小中高生にもcodeM聴いてもらえて、その日家族での会話が増えたらいいな〜と】
※4/27(金)のスペシャル公演では、一般券、学生券に加え、親子ペアチケットなるものが在ります。チケットはCuteなポストカード。”世代を越えて、一緒に音楽聴いて、共通の会話で盛り上がる” codeM showの開催で、私達が強く願ってることの1つです。


次は、本番2週間前のスタッフミーティング。


Photo_2
【さて、昨日は27日に向けた2週間前スタッフミーティングでした。

この4年、ガッツリ組んでくれる相方さん、

12年付かず離れず見守ってくれる信頼する友、

どんどんのめり込んでくれる心強いタフネスなお方、

制作に興味のあるフレッシュでさっぱりした大学生、

そして10年ぶりにぜひまたご一緒したいと名乗りでてくれた照明さん。

そしてリハからがっつり付き合ってくれる音響さん。

私が堂々と舞台に立てるのは、こういう長い準備を要する、それなのに決して表には出ないで支えてくれる人たちがいるからこそ。やっぱりスタッフミーティングはココロ引き締まります。

、、というか、まださらにやることが見えていっぱいいっぱい(苦笑)
もう今月は時間をロスしないよう、体調管理きっちりと、です。】


で、先日のリハ終えて、


Codem

【日曜のベース隊(瞳、KIJI、MAKI)リハ、今日の全体リハを通して漸く自分の脳から外へ飛び出していって、新曲が完成!!!

元々書こうと思ってたアラビアンワールド。
やらかしたいだけ、やらかしました。

で、全体のイメージが見えて、曲順番もかなりスッキリ。

、、今回は、曲順とかアイデアでKIJIニイにはすごい頼りにさせてもらってます。
あと瞳には気分ローの相手役をしてもらって、、。


みなさんお世話になってますw


ここからは、本調子に戻った私がみんなを支えますよ
(おっ、言い切った。笑)

あと10日、ガンバロ!】

最後に、江川良子ちゃんがTwitterに上げてくれた写真も借用。

Photo_3


ということで、曲もプログラムも完成して、いつもより準備早いぞ?なんて思いながら、でもやることはそれ以上にあるという、準備はいくら重ねても足りることはない、と知る毎日。

気持ちも身体も引き締めよっ。


、、、そういえば、FBに王子があげてた瞳フォト、しとみぃ〜さんも痩せておられましたね!
いいぞ、いいぞ。

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

code"M" 「soul to soul」

さて本日もう1つご報告。

今日はちゃんと病院に行き、抗生物質と咳止めも頂いてきました。

発症してから1週間、
市販の薬と、
お気に入りタイ古式マッサージと、
幾分かの気合い?
、、で治ると思ってた自分の甘さを認めた次第でございます。

さて、そうこうしているうちに12周年公演は迫ってきているわけでして、先週から、27日メンバーによる「soul to soul」というMAKIオリジナル曲をアップしております。


おかげさまで、皆様にこの曲で元気になれる、とか1番好きかも?なんてコメントまで頂いていて、こちらまで元気になります!ありがとうございます。


日本の春、


四季折々の景色、


そこに住む人たちの郷土色豊かなお祭り。


そんな風景を思い出して作った和の躍動感を、この曲でも感じてもらえるなら、作曲者冥利につきます。


27日のラストは

この曲にしたい、と考えてます。


この編成で演奏する「soul to soul」が最近自分には一番しっくり来ていたりも。

二胡のシェンリンちゃんが今回スペシャルゲストなので、

彼女入りの、soul to soul 、情熱大陸、sakura waltzなど、なかなか頻繁にはお届けできないので、どうぞこの一夜をたっぷりお楽しみください。


再来週、27日(金曜)開催 The code"M" show 詳細はコチラ

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

3つのフライヤーで東京上陸!

昨日は、パーカッション、相川瞳さんのお誕生日。

私は幸運にも長い時間ご一緒を。

1つめのリハでは、カウンターテナーの彌勒忠史さんが、サプライズ!でイタリア語のバースデーソングを歌ってくれ、2つめのリハでは、朱雀な人々、Yui&Marikoが、可愛いケーキを用意してきてくれ、制作女史からはハートのチョコが届き、、、終日、彼女の嬉しそうな顔をずっと眺めてました(私までシアワセのお裾分け)

そして、今日から2月。


その瞳さんと共に、12周年、The code"M" showの準備に熱が入って参りました。


このコンサートは、角度違うといろんな切り口があって混乱する(笑)code"M"をなるべく要約したオールインワンコンサート!


大人から子供まで楽しめるお祭り系で、ミソラの色が1番濃い、かな?


岡山、茨城、新潟などを巡り、やっと今年東京で初お披露目できる喜びMAXhappy01


ぜひ1度味わって頂きたいですheart04


そう、3回もフライヤー変遷を経ていることが、気合い注入な証拠?!


【12月初旬第一稿】
ズバリ,こんな楽器編成だ、と分かりやすい。春にやるんですよ〜。とも花吹雪が謳ってる?!
01codem_show

【1月初旬第二稿】
で、もう少しcode"M"的ドラマチックな音楽要素をチラシで表す?とかっこいいオニイサン&オネエサンの影集団に。
(実際の奏者達との比較をご容赦頂くならw、私的にはアリ!でした)
02codem_show_omote

【1月下旬最終決定稿】
最終的には、やはりまだcode"M"を知らない方にも、ライブの臨場感を伝えることを最優先!、ライブフォトを使用した、デザイナーの遊び心が文字と絵に仕込まれたこのフライヤーがBEST!となりました。
03codem_show_omote_2

ちなみに1枚目はネット上のみですが、2枚目は1部コンサートで配布されたので持っている方はレアものゲットw

いよいよ、明日から事務局e+(イープラス)でもチケット予約がスタート。


あと86

何を隠そう、私が1番楽しみです(笑)


| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

2011おかやま国際音楽祭閉幕

A85e6342

先日、月曜おかやま国際音楽祭2011も閉幕したようです。今年のcodeMは、早々9/23に終えて、早3週間も経つので、今いち、ピンときませんが(!)、でも地元が、この音楽祭、そして市民芸術祭や、芸術回廊など、文化イベントで賑わってるのは、大変嬉しいです!!!

1つ達成感を持って終えると、すぐ先を考えてしまう私の悪い?!癖。来年どうしましょう、、、


さて、2010でフォト一度終えてたので、今日は今年の国際音楽祭フォトを。
A85e6333
メンバーへのアンケートでは、
尺八:今年はスーツ姿がオトコマエ、演奏姿にやはり惚れたという女性多数だった、岩田卓也さん。

サクソフォン:美人な上に、最初からニコニコ笑って、あんなスーパープレイ、とってもキラキラしてたと賛美の江川良子さん。

津軽三味線:いやぁ、今年はこのニイサンのグルーブがお客さん乗せてました。メンバーものっちゃいました。スペイン、やってくれたな〜wニイサン。-KIJI-

パーカッション:今回は、後半最初、瞳師匠による公開レッスンも大好評でした。瞳ちゃんの腕は手品師?魔法使い、スゴーイと絶賛の相川瞳さん。


二胡:メンバーも素晴らしい才能と天然ボケの彼女を両手一杯で歓迎、そしてお客様もソロからアンサンブルまで、その主役級な演奏に惹かれっぱなしでした。沈琳。


ソプラノ:私と同じく、岡山出身、この1週間後、同じルネスホールで公演を控えていた彼女に歌ってもらった、MiRiKa-The Nature Navigatorは、子どもたちも歌ってくれ、会場が笑顔に包まれました。奥田昌世。


です。


ご来訪、且つアンケートなどでお名前&ご住所を頂いた皆様には、スタッフ特製の両方向から楽しめるフォトカードが来週辺り、お手元に届く筈です!どうぞうけとってくださいね。
Okayama2011thcard

ここまでの道程を支えてくれている佐々木先生はじめ、ルネスホールの方々。そして、演奏者を取り囲んでくれるファミリー的サポーターの皆様(写真は2009年時)があっての、『今』

Photo


2009


最近小さなことが積み重なって、新たな類のコンタクトが私に届きます。


そこ糖分足らずw、活性化されない脳にあわわ〜となる、秋繁忙期突入のMAKIですが、こんな時だからこそ、ひとつひとつ丁寧にがんばらないと、です。

Break Timeにブログ投稿でした〜


| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

2008-2010おかやま国際音楽祭

ブログで自分の過去を整理するタチ!なので(苦笑)、この際、一気にcodeM岡山公演、過去3年のフォト挙げます!

2008
岩田卓也(尺八)中井智弥(二十五絃箏)樋口泰世(Cello)MAKI(Piano)相川瞳(Percussion)


20082

この時のカメラには、身体揺れすぎる、MAKI&岩田は、物体として捉える事できてませんでした(瞬間移動?w)

2008
(そして、第六のメンバーだった?!、京子ママ)

2009
岩田卓也(尺八)中井智弥(二十五絃箏)MAKI(Piano)相川瞳(Percussion)樋口泰世※10/1&2(Cello)島村聖香(邦楽囃子)※10/1&2奥田昌世(soprano)※10/1江川良子(Saxophone)※10/3KENKEN(Vocal)※10/3


10/1初日!オリエント美術館(この時が、昌世ちゃんとの初共演)
20094


10/2 2日目! ルネスホール code"M" showと付いたのはこの時が初?!

20093

10/3 3日目! Blue Blues 言わずもがな、濃いメンバーと濃いフォトw

20092

2009


2010
岩田卓也(尺八)ビルマン聡平(Violin)江川良子(Saxophone)-KIJI-(津軽三味線) MAKI(Piano) 相川瞳(Percussion)

こちらは、総まとめ!で。
2010

とにかく、いっぱい飲んだという記憶がありますw


そして、三年連続して来て下さるお客様、その年、初ご来場のお客様が入り混じって、三年目では和洋初体験!な感想もあれば、一曲ずつの丁寧で繊細な感想もあり、、またcodeM自体を深く、温かく迎えていただき、

『来年もきっと帰って来てね』
『楽しみに、また一年待ちます』

など、心で約束を交わせてるかのような気持ちになるアンケートも!!


そうした時間を経ての4年目。とても気合いが入っておりました。

9/23ルネスの目撃者なみなさんにあらためて感謝です。そして応援してくれた全ての方にも!


一回の舞台でも、そこで得られる経験値は大!!ですが、ましてや継続となると、本当に身になります。来年もがんばろう!と思える体力を残さなきゃ!w

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

プロモ3 イブニング5時&DonDon

そして、プロモ最後は岡山の老舗民放局:RSK山陽放送の出演フォト一覧。夕方の帯番組、イブニング 5時(旧:イブニングDONDON)、


こちらには、4年連続お世話になってます。
しかも毎回、生演奏&出演というセットでのPR。


RSKが誇る名アナウンサー、奥富さんや、國司さんが、codeMとはなんぞや?をわかりやすく紐解いてくれるのです!


私達も、和洋ユニットといくら言葉で説明してもジャストで伝わらないもどかしさを、演奏できることで気分爽快、奥富さんや、國司さんの突っ込みに、ノリノリでしゃべれちゃうわけですw


2008年は、MAKIオリジナル『深海のくろのぐらふ』と共に。
(中井智弥×樋口泰世×相川瞳×MAKI)

※写真が、見つからず(涙)

2009年は、岩田卓也氏(尺八)と『Over the Rainbow』中井智弥氏(二十五絃箏)と『乱/舞』


2009pr3


2009


2010年は、今年のメンバー+現在スイス留学中のビルマン君(Vn)と共に、
『Jyonetsu Tairiku』


2010dondon


で今年は、愛されキャラのシェンリンちゃん(二胡)をお迎えして、
MAKIオリジナル『Soul to soul』

51


ほんと、気持ちよく演奏できました。4年連続って、音楽祭だけでなく、番組出演としても、恵まれすぎ!ですよね、、、、、。感慨ひとしお、、、。


今年は例年以上にcodeMな人たちの結束固く、気持ちよく演奏もインタビューにも応えられたんですが、それはそれはマイペースで個性強い方々が集うので、自由時間となる楽屋では、まぁ好き勝手!!(今回は特に、KIJIニイサンがダントツ!笑)


52

たくちゃんMAMA、京子ちゃんからは、


『MAKIちゃん、まとめるの大変でしょ?』

なんて心配まで頂いちゃいますが、元来、【適度に放置。】を心がける私なのでw、なるべくオフとなった瞬間から干渉しないことにしてます。


では最後のフォトは、陽気で敏腕で大好きな女性、私と同じ名前イニシャルM!、そして苗字はS(SとMを使い分けられる?!?)ディレクターさんとのフォトで!!!

番組クルーの皆様へ、本当にお世話になりました。
前日の出演演奏で、当日のお客さまもいっぱい増えました。
一年置きの縁を何度も引き継いで頂けることに、最大の感謝申し上げます!!!

53

| | コメント (0)

より以前の記事一覧