05.live report

2018年10月 2日 (火)

WORLD MUSIC ASIA in上海(5days_2)

上海でのカフェライブ翌日から、いよいよWORLD MUSIC ASIA2018が開幕。

このフェスティバル全体のオフィシャルホームページは✨コチラ✨です。

私たちは、この18 『Ablaze 9 Strings』として出演。

World_music_asia1

メンバーは、
 ・パンリー(Erhu)
 ・Yui(Vn)
 ・小山豊(Tsugaru−Shamisen)
 ・MAKI(Key)

演奏曲は、
・Koyal(小山さん作曲)
・こきりこ節(小山さん編曲)
・古の光(Yuiさん作曲)
・リベルタンゴ(Yuiさん編曲)
・Soul To Soul (MAKI作曲)
・青い月(MAKI作曲)
・グリーンスリーブス(MAKI編曲)
など。

こちらは二日目の会場。開放的な場所。ちょうど中国の祝日(中秋節=中秋の名月)にあたり、親子連れの方もいっぱいでした。

World_music_asia2


こちらは初日のほうの会場。
二日目に比べると、こじんまりとはしているものの、映像が駆使されて、写真を後でみると美しかったのだな〜と!!
World_music_asia4

World_music_asia3


そして、会場の周辺には至る所にこのフェスのポスターがあったのですが、私の人差し指が指してるのは、日本語でピアニスト!って意味なのです!(この日は気合いいれて、ピアニストTシャツ着ていきました、笑)

World_music_asia5


こちらは、終演後のサイン会の様子です。

今回、なんと持参したCDがどの会場でも全て完売に。。。

しかも、若い方たちがたっくさん買ってくださって、感激を通り越え、驚きでした!
(今も聞いてくださってるといいな〜〜〜)

World_music_asia6


パンリーちゃん、Yuiさん、小山さんとのカルテットアンサンブルは、お互い初めてとは思えない刺激的なもので、この中国だけで終わらすのはもったいなくて、いつか近いうち再演したいとお互いに考えています😊

そんな時も楽しみにしていただければ、です。


World_music_asia7


この公演の話が浮上した2月には、本当に実現するのか、雲をつかむような感覚でしたが、たくさんの方と支援と、パンリーちゃんの熱意とプレゼンテーション、Yuiさんとともに歩んだたくさんの準備、小山さんの快諾と強行スケジュールを縫っての上海来訪によって、実現しました。

忘れられないのは、この道を陰日なたで支えてくれた方々の存在です。


周さん、青木さん、フェスティバル実行委員のみなさん、中国での大学生ボランティアのみなさん、そして以前ぱんりーちゃんとの共演時、譜めくり!でお世話になった五箇さんに、なんと今回も愛情いっぱいのサポートをいただきました😭そしてそれぞれの家族の応援とサポートも、私たちを支えてくれました✨🙇✨

日本から、わ〜すごいね!!頑張って!とたくさんの温かい言葉をくれたファンの方、友人にも、心から感謝です✨🙇✨


また、世界から参加しているミュージシャンの方々が、私たちのステージ前、またステージ後に、拍手やハグで迎えてくれることも、本当に幸せな瞬間でした。

音楽は、世界で共有できる2雄弁な言葉”ですね😊😊😊

こうして、一つずつ忘れられない舞台に立たせてもらって、私の秋はさらに進みます。


今月もツアー三昧。がんばります👍


| コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

上海カフェライブ(5days_1)

一気に!の宣言通り、今夜投稿二つ目😊


9/21から5日間、上海に行って参りました。
(そして無事に帰国しました)
私にとっては、春のレコーディング以来、4ヶ月ぶりの上海。


今回は以前の記事で紹介した、世界音楽祭(WORLD MUSIC AISA 2018)に出演が決定しての渡中。

思えば、この半年以上Yuiさんとた〜くさんの準備を重ねてきました。

二人で、慣れないVISA申請にも暑い中出向き、初めてのお使い!的にいろんな難問を突破してたどり着いた彼の地でした。
1


あろうことか、日本での締切がなかなか終わらず、徹夜で羽田空港へ。

そして、到着後は、そのまま夜まで一気に、上海在住の二胡奏者パンリーちゃんとリハーサル。

で、その夜は倒れるように寝て迎えた翌日(二日目)が、カフェライブでした。

2


こちら、なんとなんとパンリーちゃんの人気がものすごく、発売二日でSOLDOUT‼️‼️‼️


すごすぎです😲
そんなに楽しみにしてくださっていたライブ、三人で心を込めて演奏してきました。


00


4


この下の写真、一番右は、
カフェの店長さんは、タカさんという愛知出身の日本人男性の方。

ノリもよく、親しみやすく、甲斐甲斐しく、ほんとうによくしていただきました!

後日あらためて書きますが、takaさんがパーソナリティーをつとめるネットラジオにも私たち出演させてもらったんです!!これまた楽しい時間でした。


そして、一番左は、林さん。

日本のゲーム音楽業界で作曲家として成功されていた中、中国に渡り、現地では制作会社、さらにはドラム講師としても活躍されていて、この日は音響面で私たちをサポートくださいました!


3


また、さらにはこの上海ツアーを影から支えてくださったのは、リーちゃんの日本でのマネージメントをされる青木さん(男性)と、ご自身二胡奏者で二胡指導者でもある五箇さん😊
こちらはその五箇さんとの2ショット。


5


いろんな方に支えられ、上海での舞台の幕があがりました✨🙇✨


そして、このYuiさん(バイオリン)、パンリーさん(二胡)、MAKI(ピアノ)によるトリオは、今月日本でも再演となります。

10月26日 13:30 名古屋・宗次ホール
10月27日 19:00 岐阜・関、アピスパホール


ぜひ、上海で温めてきたサウンドを、東海エリアの皆様に聞いてもらえるなら、幸せです!


レポート、まだまだ続きますよ💪


| コメント (0)

2018年9月13日 (木)

上田市常楽寺にて。

都内も気温が下がってきました。

音楽仲間や仕事を通じて出会った方々、
全国各地で応援下さる方々、
古くからの友人。

突然の災害に見舞われ、絶えずいろんな方の顔が浮かび、連絡をとりあった猛暑の数ヶ月。

お互いに思いを口にして励ましあって、出来ることをやる。

日本は心温かく行動に移している方が多く、同じ日本人ながら惚れます。尊敬します!

日常が当たり前のように続くのは、奇跡ですね。

オランダのビール会社、ハイネケンのCM🍺をご覧になった方はいるでしょうか?
(集められた「正反対の思想」)


2001.9.11アメリカ同時多発テロ
あれから17年。


このCMであらためて、憎む、否定する、蔑む、といった感情はどうして生まれるのだろうと。違う環境で出会っていたら、そうならなかったかもしれないのに。音楽という心を開く時間に、人と繋がれる私はフラットな環境に恵まれています。


これから気温が下がると、内面へと心が向かいがちですが、人と繋がっていることを感じられていたら、バランスを保てそうです◎

ひとつコンサート終演のレポートを。

先週末9/8(土)
長野県上田市常楽寺に伺い、尺八ピアノDuoの岩田さんとコンサートに行ってまいりました😊

上田市担当職員の皆様と常楽寺のご住職ファミリーのホスピタリティー、もう最高の温かさでした。
(駆けつけてくれた信州国際音楽村、南村館長も!)

お話を頂いた春の時点から、下見に伺った時も、ずっと笑顔の包容力を魅せつけられ、当日の音響アクテックさんも、みなさま仕事は丁寧に熱く、心は柔和に接していただき、岩田さんも私も気持ち良くステージにたてました!さらに、応募ハガキ投函という手間をかけ、音楽に耳を委ねてくれたお客様から頂いた音楽愛も、最高でした!

長野県内に住む、私の親友もご家族一行様で、応募ハガキに当選してきてくれましたっ!


Img_1097

こちらは公演後のフォトです📷

Img_1104


あの気持ちよい1日を表してるな〜と。

かれこれ岩田さんとの共演は14年以上(いや15年?かも)経ちました。
お互いよく続いてる!(笑)

先日の公演、尺八世界チャンピオンになった後も、自分に限界を設けずワクワクと進化する岩田さんから、私はたくさんのものを得られているな〜とあらためて感謝を。

お客様から当日ありがたい感想を数多く頂けたのは嬉しく光栄な限りですが、本人たちは、自分たちが出来ていないことに焦点をあて、伸ばし膨らませたいことだらけで、次へ向かいます。

出来るなら、来月のツアーにはもう一回り成長しておきたいです👍

9月も、自分のできること、やりたいこと、やらねば、をひとつずつ丁寧にやっていきます💪

(10/6松山の予約完売につづき、昨日10/7岡山も予約完売心より御礼申し上げます)

1007maki


※最後のおまけ写真!

岩田さんの愛用尺八、泉州尺八工房にて、地無し尺八を制作される池上さんより、実物を見せていただき、興奮する私です!新たなネットショップ(池上銘地無し尺八で検索を!)を立ち上げられるそうです👍
伝統を引き継ぐ方の未来、私も陰ながら応援したいと思います!

Img_1072

| コメント (0)

2018年6月13日 (水)

codeM ポルシェ70thステージ

先日のブログ記事で、尺八の岩田さんとパーカスのめぐちゃんとのリハをご報告しましたが、その出口はこちらでした!

つくばポルシェセンターでの、70thアニバーサリーイベント!

この日の模様&内容は、codeM facebookでぜひご覧ください。


4月下旬いただいた話で、あれよあれよと決まり、準備もなかなか慌ただしさを伴いましたが、会場に到着するやいなや、要所要所のスタッフさんたちが、本当に気持ち良い対応で迎えてくださり、リハもスムーズに終了。
本番も、皆さんが笑顔で聞いてくださる中で、楽しく終えました。


70thの会場に展示されていた車、私も横に立つぐらいは許されるかな?(笑)と。
06081

(ちなみに運転席には岩田さん😊)

06082

何を隠そう、運転免許すらない私なので、ポルシェの素晴らしさ、魅力をたくさんは語れませんが、でもオーナーの皆さんが、この車で颯爽と会場入りされるのをみて、愛する車を持つ喜び?は、強く感じました✨


この日お誕生日だった岩田さん(おめでとー🎉🎉🎉)の演奏は、いつも同様、とても熱く、スタッフの方が”概念が変わった、自分も尺八習ってみようかな〜、あんな風には吹けないけど!”と言われるほど、魅力的でしたし、数年ぶりの共演となっためぐちゃんも、キレッキレの演奏、気持ち良いグルーブの上で、私も楽しく演奏できました。

ありがとー、めぐちゃん。

06083

そんな充実感いっぱいのステージを先週終え、今週はこの秋の公演が次々と決定しているので、その準備に追われつつ、同時にもっと間近に迫る公演のリハ三昧の週にもなっております。

音楽家として生きている!実感を味わえる日々に感謝です😊


| コメント (0)

2018年5月10日 (木)

ステージレポ(美宇宙Vol.36)

うぅぅ。

やっときました、4月の公演報告まで。

この半年溜めに溜めたライブのレポート。
思いはいっぱいあって、
写真だけは手元に残す中、

書きたい、でもまとまった時間がない、、

と言い訳を繰り返す自分にケリをつけた、GW

ようやく書き上げ、小さなセカイの自己満足”大”

今日は、4/6美宇宙!


こんな懐かしい写真も発掘。4年半前?

00

今回のチラシは、このようなデザイン!!


01


02


美宇宙は、今年10周年を嬉しくも迎えていて、過去の公演チラシを集め、眺めてると、自分でもあんなことこんなことあったな〜と。
音の歴史も、ふれあいの歴史もたくさんです。

さて、今回はなんとなんとリハーサルが、メンバーの都合が合わず、公演前日の深夜となりまして、、


042


051


そんな中で、私はというと、、、


ギリギリギリギリ〜〜〜〜〜〜〜〜に新曲を書き上げたりしまして、、、苦笑。


それでも、当日演奏してくれるメンバーに感謝です!


そして、この日の美宇宙は、早くから満席をいただいておりましたorz

この和洋5人のミソラを楽しみに、いつもライブ空間に足を運んでくださる皆様、ありがとうございます✨💕✨


03


そして次回は、というと、、、、、

売れっ子メンバー4人とやってる美宇宙ゆえ、全く日にちが合わず、

なんとか秋のうちに実現したい‼️‼️‼️

を、有言実行にしたいリーダーMAKIです。

頑張りたいと思います💪


またこの5人で皆様に会えますように💕

06


追伸:
美宇宙のCD初版の全ての在庫が完売になりました〜〜😭😭😭
CDが売れない時代に、ただただ感激です✨🙇✨
第二版は、夏頃、出荷できるのでは?と。
再販の時には、MAKIブログでもお知らせしますね!!
深謝とともに。

13


| コメント (0)

ステージレポ@品川教会

春はcode"M"にとって周年の季節。

2015、2016は、美宇宙の響宴を、カウンターテナー彌勒忠史さんをお迎えして、周年公演として春に。

2017は、少し季節巡って夏に、和の調べの特別版、エレクトーン奏者 清水のりこさんをお迎えして、雪月華コンチェルトを書き下ろして、開催。

2018は、ここからもまだ考えてますが、ソプラノ歌手 日比野幸さんに誘ってもらいスタートした二人のDuo、また私が2016年に立ち上げた若いシリーズながら、思い深いPf&Stringsシリーズを掛け合わせられないかとの思いで、桜咲く春、3月24日に、みゆきさんのリサイタルとして品川教会でおこないました。

010324jpg

こちらの写真(みゆきさん撮影)にある通り、教会の前も美しい桜が咲いていました。


下記は、教会内。

この品川教会(グローリアチャペル)では、一昨年もみゆきさんに誘ってもらい、演奏しましたが、ほんとうにスタンウェイの響きがどこまでも美しく、重厚な素晴らしい会場です。

03240

03241


03242_2


みゆきさんのリサイタルであり、codeM18周年の節目であり、ちょうど1年前に制作し、みゆきさんと温めてきたCD『お陽さまとお月さま』のお披露目も兼ねた、3大公演だったので、チケットもチラシに合わせて制作。

0324

もちろん、プログラムも作成!!!


コンサートの内容に沿って、また季節に寄り添って、淡く美しく優し〜い雰囲気に、デザイナーM子さんが仕上げてくれました✨💕

0324_2


0324_05


終演後の出演者記念撮影。


左から、
バイオリンのYuiさん
ピアノのMAKI
ソプラノ歌手のMiyukiさん
ビオラの三品芽生さん
チェロの島津由美さん


03241_2

自分で言っちゃうのも厚かましいですが😅、ヘアメイクしてもらい、ドレスを着た女性奏者5人の写真は、なかなかに華やかです✨

03242

この公演には、たくさんのお客様がご来場くださり、さらにはありがたい感想をアンケートで読んでは目頭熱くなりました。

こういう公演を積み重ねていきたい、


本当にそう思いました。


お披露目のCDの音源は、現在、YouTubeでも聴いていただけます😊

CD『お陽さまとお月さま』ダイジェスト🎵

CD『お陽さまとお月さま』から、”ありがとう”🎵

0400


そして、そのCDの歌楽譜もみなさまに、ご自宅で楽しんでいただけるよう、わずかですが刊行となりました。

Amazon  codeM うたスコア</u>🎵

0500

また、品川教会 グローリアチャペルへこの5人で、と思っています😊

そして、各地も訪れたいと。


そんなことが実現したら、このブログでも速報でお伝えしますね✨

| コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

ステージレポ@岩田&MAKI

昨秋10月頃から溜め込んで、なかなか進めなかったライブレポ。


5/9の時点で、ようやく3月終わりまで来ました。出口がみえてきて、ちょっと嬉しいです😊


で、今日は、3/21岩田&MAKIのライブレポを書こうと思いきや、


あっそうだ!!!
これは珍しくすぐに書けた💮

と思い出しました。

岩田&MAKI終演


ならば、このブログでは、岩田さんとの出会い?!にさかのぼってみようかと😊


私が岩田さんと初めて会った時、岩田さんはまだ大学生!

そう、尺八三重奏、般若帝國のメンバーとして、
同じく尺八奏者、こみちゃんこと
小湊昭尚さんから紹介されました!

当時は、みなさん、若さ溢れる感じで、
あるライブの時には、
こみちゃん、もっとん、たくちゃん3人、
こんな尖ったヘアスタイルも(笑)


013


そしてその三人のファーストアルバム、『完全犯罪』には、

・『夢乃中 第1章&第2章』
・『lavi lavi アンダルシアの風』
・『十戒〜D.T.V.〜』
・『青の階段』

この4曲の楽曲提供とピアノ演奏で参加を。

02_2


この時の『夢乃中 第1章&第2章』は、岩田さんとのDuoで、今もよく演奏してます。


また多くの尺八愛好者の方から、問い合わせをいただき、楽譜も刊行に。

※取り扱い:Amazon

Music_sheet


そして、もう一度遡ると、般若帝國のCDが出来た翌年2007年、
岩田さんが地元愛知でリサイタルを。


その時にも、呼んでいただいたんですが、こちらがその時の懐かしいファイル!


03_2


ここから岩田さんとは、本当に無数のライブを一緒にやってきて、2014年には、二人のオリジナルアルバム『Untouchable Tune』も、泉州尺八工房の三塚さんのお力を借りて制作。

04_2


学校公演に出向いた地では、

052_3

このように子供たちから、純粋で温かい感想文をもらい、、


06_3


クライアントの方々からも、数々の現場にお声がけいただき、、

07_2


051


本当に、これだけ続く、これだけ皆さんに望まれるDuoとしてやってこれたことを嬉しく、また励みにして、ますますお互い切磋琢磨しなければ、と思っています。


3月に続き、7月に外苑前のZ.Imagineでのライブが決定しました!

今回のゲストは、パーカッションの相川瞳さん💕
3人だけで音出すの、久しぶりなので、非常に楽しみです。

0712


そこから先、秋になると、岩田さんとのライブが毎月のごとく決まり始めてます。
これまたありがたいことです✨


あっ、その前に、真奈さんのコンサートでも6/19ご一緒するんだった!
ほんとうに、たくさん(笑)


ということで、今日の最後は、私が岩田さんに書き下ろした、この花の曲を。


09_3

お互い、気持ちがどん底?にあった時に、希望を求めて書いた、

『Manjyushaka〜天上の花〜』

ですが、

津軽三味線、KIJIニイの手にかかると、パロディー動画になり、、(笑)

これはこれで?!、気持ちが救われて、とても見ていて幸せになる、作曲者MAKIです。
(そして、最大の功労者?は、こんな映像になるとも知らず、また映像になった後も、快く動画アップOKをだしてくれた良子さんにつきます💕)


ではでは、リアルタイムに追いつくべく、もう少しブログ頑張ります!


| コメント (0)

ステージレポ(初・国技館!)

2月下旬、集大成コンサート小美玉市みの〜れで終えて、そこからは春の3大公演(←あくまで自分の視点です。笑)に備えていた私ですが、そんな時に、真奈さまから1本の電話。

3月3日、ひな祭りの日に行われた”Songful Days”

こちらのコンサート趣旨は、アニメ主題歌などで人気を博すKalafinaさん、茅原実里さん、May'nさんがアコースティックサウンドで開催するもの。
その公演に、吉永真奈さんがゲストで呼ばれ、そのサポートとして、私もピアニストで参加。
感激でした!

Songful_days2


みなさま、この写真でつたわるでしょうか??

そうです。

相撲の聖地。東京・両国にある国技館!!!

Songful_days4
 

私は、初めて入りました✨


上記が、本番のステージフォト。


おまなさまに誘ってもらったのは、私と二胡の琳ちゃん😊


楽屋でも花飾りを貸してもらって、ニコニコしながら準備を。

Songful_days3


伝統の空間は、天井垂れ幕の歴代力士たちに見守られている感覚もあり、厳かな気持ちになりました。


また数千人に及ぶお客様が、和洋中サウンドを耳を澄まして聴いて下さってることが伝わり、幸せでした。

ここで、演奏したのは琴線幻夜や、渡月橋(石田まりちゃんの曲)、そして、私作曲の樹海幻夢など、数曲でしたが、本当に得難い経験となりました。

Songful_days1


そして、なんと‼️‼️‼️

私たちの控え室は、あの優勝力士が招かれるインタビュールームだったのです(感激!)

真奈さま、素敵な機会にお誘いいただき、ありがとうございましたっ✨


そんな真奈さまは、昨年11月、邦楽ジャーナルの表紙を飾り、見開き2〜3ページでこれまでの音楽人生を特集されてもいます😊(私が手にもっているのが邦楽ジャーナル👍)


Img_0444


そしてここからも、下記公演でご一緒できることに。


東京と茨城で開催される吉永真奈コンサートに呼んでいただきました!!!


末尾に詳細と予約情報を書いてますので、ご興味お持ちいただいたみなさまは、ぜひ会場でお待ちしております😊

真奈さんの箏とのアンサンブルを楽しんでいただけますよう、この春、心を込めて準備します!

061901


061902


070101


070102


=========
吉永真奈コンサート
🎵🎵🎵
6月19日(火) 19時半開演(19時開場)
会場 ヤマハ銀座スタジオ(東京)
料金 5000円(当日5500円) 全席自由
出演:吉永真奈(箏) 
ゲスト:岩田卓也(尺八)MAKI(Pf)
🎵🎵🎵
7月1日(日) 16時開演(15時半開場)
会場:エスカードホール(茨城)
料金:3500円(全席自由)1500円(中学生以下)
出演:吉永真奈(箏) 
ゲスト:沈琳(二胡)MAKI(Pf)
=========
【各公演のお申込み方法】 
・ メール:staff@yoshinagamana.com 
  ※件名を「6月19日公演」「7月1日公演」とし、【ご予約者名】【人数】【電話番号】を送信。
  →事務局より、代金のお支払い方法のご案内→ご入金確認後、確認番号を発行します。
  →公演当日は受付にて、【確認番号】をご提示ください。

| コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

ステージレポ(みの〜れ集大成)

平成29年度、小美玉市
学校アクティビティ事業、 集大成コンサート。


なかなかに固いタイトルですが、子供達に、日本の伝統、和楽器の魅力を伝え、また和楽器が入った合奏を楽しんでもらいたいという気持ちで、作り上げたコンサートでした。

01


このコンサートに向けて、私個人は、小美玉の生活文化課の職員さんたちと8ヶ月に渡って取り組んだプロジェクト。


小美玉市内で学校公演を行う中、子供達に、どんな曲を和楽器で聞きたいか、リクエスト!

そこで選ばれた曲を、10曲以上、アレンジしたのが1〜2月。


そして、まずは東京で、小美玉でのアクティビティ参加アーティストが一斉に集まってリハーサル🎵


02a


この日は、折しもバレンタインデーということで、小美玉を代表して、みの〜れの山口館長に女性奏者たちから、チョコ贈呈💕


02b2

乾杯は、小美玉名物のヨーグルトジュースで💮


そして、リハーサルだけでなく、制作協力をしていたcodeMとしては、ミーティングもなんども重ねました😊

03a

こうして、このコンサートに皆で気持ちを寄せて向かっていったのでした!


03b


本番前日には、小美玉入り。


素敵な会場で最終リハーサル!!


こちらは、和の調べチームメンバーであり、私の心の友!、箏奏者の吉永真奈さん。

04


同じく、和の調べチームの邦楽囃子、小川実加子さんと、codeMでも数々ご一緒する岩田さん。(今回、岩田さんは津軽三味線の伊藤ケイスケさんとのDuoで参加)

05


またお琴Duo”琴佳”の、池上亜佐佳さんと谷井琴子さん。

06_2


ゲストとして、出演いただいた元”鼓童” 前田剛史さん!

07


リハーサル終了後には、全員で前打ち上げ(本番決起大会!)
尺八&琵琶の長須与佳さんや、津軽三味線の伊藤ケイスケくん、またみの〜れスタッフの皆さんとも、ゆっくり話す機会がなかったので、本番を前に熱く語れて、美味しく食べて飲めて、士気があがりました!!

11

こちらは、本番日、自分たちの舞台を終えた、和の調べ3人!

08

また、真奈さんと与佳ちゃんは、Rin'としてavexからデビューしてずっと共に頑張ってこられた関係。

このコンサートで久しぶりの共演があり、ファンの方も灌漑深かったのでは、と😊

09_2

、、、私にとっても、想い深い公演でした。


和洋9人編成のアレンジは、久しぶり!!

子供達に、

また来てくださるお客様に、

和楽器の魅力を、またこういったアンサンブルの醍醐味を味わってもらいたいという気持ちを譜面に書き落とし、それを素晴らしい演奏者の皆さんが具現化してくれ、また心強いスタッフの皆さんが全力で支えてくれました。

最高の時間でした。

だから、音楽構成、アレンジ、演奏だけでなく、衣装も張り切って、ミッキーに扮して、舞台で踊って!指揮して!!、以前”女王?”なんて言われた自分からしたら、考えられないくらいの豹変ぶりも(笑)

10codem_makiphoto2


壮大なプロジェクトは頻繁に出来るものではないですが、2018年、私の気持ちは少しずつ大きいプロジェクトのために、時間をもっと割いていきたいという想いもあります。


みなさんが、コンサートを終えて、心が満足したり、なんだか笑顔になって気持ちで帰路についてほしいな〜と。


そのために、自分のエンタメ精神をさらに磨く1年を、と。

ということで、潜伏している日々も、こんなこと考えて過ごしているMAKIでした。


最後はメンバー集合写真で。

12


またいつか集まれますように!

| コメント (0)

ステージレポ(Wolf2018初)

パンリーちゃんのリサイタル翌日、このバンドの2018初ライブもスタートしました!

00

2015秋に結成した、”WolfTone”です😊

01wolf2018

バイオリンのYuiは、脚本なるものを手がけ、その設定では私たちは、生まれも種別も違うオオカミ女であり、パーカッションのさおりちゃんに至っては、本業の演奏(!)に加え、声優さながらの朗読に、さらにバルーンアートやタップ、またイラストまで得意という芸達者な2人とやってる、ストーリー性の強い舞台のWolfTone。

今年の幕開けライブは、こんなプログラムでした。

02

、、そして、長崎〜茨城〜東京(成城&中目黒)と公演が続いた結果、我が家は美しいお花で彩られました(I'm HAPPY💖)

03flower1


03flower2


03flower3


そして、もう一つのHAPPYは、、、、


オユイサマ💖

05yui

先日、ご自身のブログでも発表されてましたが、4月下旬、可愛らしい女の子を出産✨✨✨✨✨


Yuiてぃん、本当におめでとう🎉🎉🎉


早く、会いたいな〜💕


本来が超アクティブなオユイサンなので、育児をしながらも、現場復帰もなかなかに早いかも、とのMAKI予想◎


ということで、また、次回WolfToneライブも、あまりお待たせせずに発表できそうです👍
もう少しだけ、お待ちくださいね。


そうそう、前日にリサイタルで共演したリーちゃんも、翌日のWolfToneライブ、聴きにきてくれたんです!!

06

音楽仲間に恵まれて、2018冬は走りきった気がします。

新緑の春は内なる自分と向き合って、気力体力温存してるので、まだまだブログ書きますね!


最後は、中目黒、楽屋さんでの演奏フォトで。
本当に楽屋さんでのライブが、とても多い私です😊
07wolftone

| コメント (0)

より以前の記事一覧