08.アーティスト&HP紹介

2017年8月24日 (木)

EL 清水のりこ様と

真奈さまに続いて、ご紹介したい方は、

歌舞伎俳優 中村雀右衛門さんと、女優、観月ありささんと並ばれる、聡明で美しい女性。

唯一無二のエレクトーン奏者、清水のりこさんです!

9308_3


こちらは、2016年3月放映となった、BS ジャパン
【招待席〜五代目 中村雀右衛門〜女方の真髄〜】番組に出演されたのりこさん。
03b

この番組内で、雀右衛門さんが舞われた”切支丹道成寺”

こちらを、原曲からの大胆なアレンジをご指名頂いて、のりこさん演奏用に私が書きました。

出演を終えられた、雀右衛門さんとのりこさんとの記念の一枚も!

01


それ以外にも、のりこさんとは、フジテレビの軽部さんが司会をされる”めざましクラシックス”に、のりこさんが出演時に、ミュージカルナンバー、歌謡曲を、私が各楽器+のりこさんのエレクトーン用に。

昔々、エレクトーン少女だったので、プロの作編曲家になって、今度はエレクトーンのための曲を自分が書くようになって、感慨深いものがあります。

そして、来週”和の調べ”では、
前述、箏の真奈さまとのりこさんとの共演もあります。

たくさんの機会をお誘いいただく内に、のりこさんの熱く壮大な演奏による、コンチェルト形式の曲が書きたい!!!という気持ちが芽生えました💕


コンチェルト 雪月華。

その第一楽章は、箏とエレクトーンによる、”雪”裏清香です。

オルガンの音色から教会の重い扉が開いて、
そこに清く美しい二人(真奈さんとのりこさん)が佇んで演奏している、、

そんな風景が浮かびました。

昨日のリハで、二人の完成された世界を聴いて、
一番歓喜したのは私だと思います(笑)


書いてよかった、、😭

お二人に深く感謝!!!!!


、、17周年記念公演”和の調べ”まで、あと6日!

最後まで最大の準備をします!

0830wanoshirabe2

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

codeM 美宇宙、岡山&倉吉!

今月下旬、ようやく岡山へ、そして初の倉吉へ、

01misora2016_omote_kuraoka

codeM美宇宙のメンバーと向かうことができます。

02misora2016_flyer_ura_kuraoka


とても嬉しいです😊

先月訪れた母校の中学校公演は、山陽新聞に掲載頂いていました。


_

そして、明日は朝8:30より10分弱ほど、FMおかやまのフレモニ(パーソナリティー森田さん^^)登場します🎤
倉吉には20日、岡山には21日、あと2週間ちょっとでミソラサウンド、お届けできます🎵

明日のラジオでもお伝えしますが、
岡山公演は、お席がすでに少なくなってきているようです。。。

待って頂いてること、codeMは、私は、しあわせものです!
音楽とともに再会の機会があること、本当に喜び深く、感謝あるのみです。


Photo


| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

ワルキューレでの日比野幸さん!

少し前の話になりますが、盛りだくさんな先週、

初台にある、日本が誇るオペラパレス、新国立劇場で
ワーグナー作曲”ワルキューレ”を鑑賞してきました。


Img_6389


このオペラに興味がある方は、コチラもぜひ✨お読みください😊

このワルキューレに出演していた、日比野幸さんとのリサイタルも、気づけば来週と、本番まであとちょっと‼️‼️‼️

20161105


こちらは、私からみて、幸さんのとっても好きな表情。


Photo


今年になって、あれよあれよとご一緒してますが、、
こうして共演指名!頂かなかったら、私が着手?しなかった曲たちもたっくさん‼️
愛と挑戦に溢れた幸さんとは、二人して世界を広げてます^^

先日訪れたグローリアチャペルも、音の響きが素晴らしすぎて、自分の小さな世界観も、5割増しで伝わりそう(きっと。笑)そして、幸さん人気!であの荘厳なチャペルも、かなり席が埋まってきている模様
0925


こちらが、予約問い合わせ先となります!
みなさまに、ぜひ聴いてほしい公演です🎵

11/5(土)14時開演 日比野幸  ソプラノリサイタル
《ご予約&お問い合わせ》
品川キリスト教会🔔 03-3443-1721
予約mail📧: & チケットぴあ


以下は、先日1回目のリハを終え、幸さんがSNSで想いを綴ってくれた言葉です。

〜〜〜〜
昨日は11月5日のリサイタルの初合わせでした🎵

まずはお互いの近況報告や心の通信をしてからの長時間の合わせ。MAKIさんからの提案、私の希望に快く応えてくださる。

今回もサロンコンサートに引き続きMAKIワールドの波に身を任せる幸福✨後は私がそれに乗れるかだけです🎵でもクラシックの世界には私が誘ってしまいました。やってみたいの~と少し無理を言いましたが、真摯に交わってくれるMAKIさんに感謝💕パワフルなのに繊細で柔らかい優しくて強いMAKIさんの音が好き❤

今回は響きの良い広い会場で私たちの音たちを感じにいらしてください🎵✨

プログラムもだいたい決まってきました❗

モーツァルトは欠かせないです「アレルヤ」
秋にちなんだ日本歌曲「落葉松」
リクエストにお答えして「初恋」
MAKIさんオリジナルソング「十六夜」
もう一度聴きたいとのリクエスト「糸」
オペラからは「ムゼッタのワルツ」
ちょっと早いですが教会堂での「クリスマスキャロル」(arr.MAKI code“M”)
等々等々・・・盛り沢山でお送りいたします🎶

今回もサプライズを考え中💓

キリスト品川教会グローリアチャペルにてお待ちしております

〜〜〜〜


あ〜、こんな風に共演の私を、私の音を大事に思ってくれてる方とご一緒できるんだ!!と、

喜び倍増💕💕💕

使命2倍💪💪💪

に感じます。


来週土曜、真摯な音楽を二人で追求しますので、ぜひぜひ皆様に聴いていただきたいです!
心よりお待ちしております。

Maki

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

河童のおかあさん。

更新久しぶりです!

ブログ上では梨の礫でしたが、元気に音楽とともに暮らしてます♫

5月から、夏日と感じるような日も多かったですが、まだ関東は梅雨入りしませんね〜。

ちょっと更新空いてたこの時期にも、嬉しいこと、話したいこと、たくさんありました。
綴っていきますね!

1

こちら、我が家のマスコット?!

かぱちょ。

です^^

3年前の春、我が家にやってきました。

22


作品は、作者さんのお人柄をあらわすな〜と思うことありますが、かぱちょのお母さん!(創り手)の舌ヒデ子さんは、温かい人。愛があって、まっすぐなひと。

そんなヒデ子さんの個展が、隅田川沿いの素敵な場所で開催されてました。


3dm


最終日に駆け込み!


そうしたら、なんと、デザイナー&制作女史のM子さんも鑑賞に!(ご縁です☆)

4

ということで、舌ご夫妻との4人ショット。

、、冒頭、元気です、と書いたのは、偽りない言葉ですが
長い人生、そうとはいえない時期もやはりありますよね。

振り返ると、思春期、東京に来てすぐの頃、音楽を職とできるか悩んだ頃、、、など、

何度か心沈む時期はあり、最近では3年前くらいに、生きて行くエネルギー値が低い、どんよりしてた頃も。


自分は結局何がしたいんだろう?、何をすれば人と理解でき、お互いに傷つかないのかな?
人との距離感の難しさ、さらには、人を、ましてや自分を信用、信頼することすら苦手になったり。。

そんな頃、ヒデ子さんの個展が東京であって、たくさんの河童さん、また”書”が出迎えてくれた銀座の画廊空間で、なんか張り詰めてたものが、一気に外に出て、ポロポロ泣けて、心のデトックスできたような感覚で、河童のお母さんオススメの、この子=かぱちょをお家に連れて帰りました。

決定的に何が変わった訳ではないですが、上記のように思い詰めるより、おおらかに(呑気に?)物事を考えたり、捉えたりできる感覚が戻ってきました。かぱちょの、こののほほ〜んとした表情のおかげかしら?
人と自分を比べる、なんてことも少なくなったかな?

10人いれば、10人それぞれの生き方、考えかたがあって、当然ですものねっ!


そして、隅田川沿いの会場には、ヒデ子さんにとってのお嫁さん、聖ちゃんもちょうど来訪中。


42

で、この個展を訪れることよりも、はるかに前に決定してた(今年の1月からの満願成就。笑)、舌ガタロウ夫妻との会食を、今夜。(思い起こせば、前回は5年以上前に我が家で♫)

5


これまた、私の”寝言話”や、聖ちゃんの”運転話”で、笑うというか、吹き出してました。


朗らかって、こういう感覚だよな〜と。


温かい毎日を過ごさせてもらってます!


お友達のみなさんに感謝。


そして、今週は私の音楽人生にとって、けじめがついた時期ともなりました。


静かにじわじわと嬉しいことがいっぱいです♫


| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

GWは、天王星と河童と戦隊もの、&テルミン。

私のGW備忘録ブログ

Marikoとのセッション後の週末、URANUS10周年のコンサート、聞いてきました〜。


私の音楽活動に詳しい方々は言わずもがな、ですが、URANUSとは惑星の天王星をさしますが、こちらでいう”URANUS=ウラナス”は、25絃箏の中井智弥さんと、尺八の岩田卓也さんのユニット名。

01
(写真もう一方は、以前からお話したかった薩摩琵琶の櫻井さん)

結成、10周年。
スポンサー公演でなく、自分たちの力だけで、銀座王子ホールを満席に。
本当に素晴らしいことです。

終演後、打ち上げも参加させてもらいました。
彼らのゲストは、邦楽囃子、聖ちゃんこと、島村聖香さん。この日も素敵でした!


02


音楽仲間とは、みんな多くを語らなくても、”続けてきた時間がある”この事実だけで、苦難や矛盾に立ち向かいながら、己磨きに時間をかけ、答えを求めて”今”があること、プロの誇りがビシバシ伝わります。栄養ドリンク30本分のパワーチャージになります。

あらためて、おめでとうございました!


そして、4月後半は、どこまでも広がる青い空を求めて、標高900メートル近くに登ってきました。(あっ、ケーブルカーなど含め。笑)

03

見晴らしいいですよね!
奥多摩エリア、御嶽神社、初詣の方も多い場所と噂に聞いて、初参拝したんですが、、、こちら足腰丈夫じゃないと、ほんとダメですね。。みなさん、健脚!


04


05


途中、河童さんにも会えて、癒されました☆


06

自然の癒しは絶大でした。


で、たまには人の多いところにも出没。

おそらく、人生初となる、戦隊もののショーに妹&甥っ子と。

その名も、手裏剣戦隊、ニンニンジャー@Gロッソ(東京ドーム隣)。


07

いやーー、音楽の使い方や、ショー構成、勉強になりましたっhappy01
あれを1日3〜4公演パフォーマンスする出演者のみなさま、お疲れ様です!!とも。^^
ああいうところで、子供達は釘つけになったり、一緒に歌ったりするんだな〜とか。

エンディングテーマは、津軽三味線のKIJIニイが弾いてると、あらかじめ知ってたので、そこは三味線の音につい耳がいっちゃいましたけど。


そして、もうひとつ!
Marikoのジャムセッションで初めてお会いしたドラムの欽也さんから、写真と音楽の完全即興一夜に誘ってもらい、そちらにも参戦してきました(@荻窪)


08
(写真は、ドラムの欽也さんとベースのアッキーさん。)

完全即興は昔々、ダンサーの方などとよくやってましたが、すごく久しぶり。

カメラマンの方のストーリー性を感じるスライドショーにその場で、セッションしながら音付けしていくんですが、私は二つの作品で。

一つは、これまた素晴らしいミュージシャンの皆様と初共演!(先日仲良くなったアッキーもいて心強し)

そして、もう一つは、女性カメラマンが撮りためた、女性の身体を扱った一連の作品を、ぜひ女性ミュージシャンのみでお願いしたいと、その場で言われ、、


09

共演したのが、ボーカル兼テルミン奏者のAnanda Jacobs.
見目麗しく、音の選び方もとてもセンス良いアナンダでした(確かCMにも出てるモデルさん。)

そしてテルミンの世界観、ハマりました。。。
終わったあと、試奏させていただき、大満足。


あ〜、この4月は周年公演に相当気合入ってましたが、それ以上に、新たな出会い、経験がいっぱいで、おそらく、NEW MAKIになったところもあるんじゃ、と(笑)


で、めでたく誕生月に突入してます。
今月も、当初思ったより、地味に濃厚。です!

気候がよい=気分が良いに繋がる、単純な自分の特性を活かして、今月も進みます。


|

2015年3月 6日 (金)

近況&未来☆codeM”和の調べ”

では、書く、と決めた時にどんどん続けます。

普通1ヶ月半も前の記事を近況とは言わないでしょうが、、

私が放置している写真やネタを考えると、かなり新鮮なので(笑)“近況”でお許しを〜

1月初めライブ情報として掲載した通り、


新春、和の調べと題した公演は、
今年15周年を迎えるcodeMの第一弾として、
二胡の琳ちゃん、鼓の聖香ちゃん、そして前記事にも登場の真奈さんという
初の組合せでフレッシュ!に行いました。


00

当夜、訪れてくださった沢山のみなさま、ありがとうございました!

この日は、私も作り込んだ出口が、なかなか想い深いプログラムになったな〜と。
CodeM史上初?となる、身振り手振りをそえた、参加型のわらべ歌も、披露したり、、。
そして、本人一か八か?的なノリも実はあったのですが、観客のみなさまには想像以上に
好感触、楽しかったという意見をいただき、“あっ、こういうのもありなのか〜”なんて
思ったり。

すごくストイックだったり、劇的な曲をやってる途中で、こういうコーナーがあっても、演者だけでなく、お客様もしっかり呼応くださって、舞台ってやはり奥が深いですね。

そして、このメンバーと音を作る時間、とても楽しく、魅力深いと感じました。

011


022


そして、近況&未来、としてあるのは、、

夏頃、第二弾企画する予定なのですhappy01

乞うご期待ください☆


※オマケ

03
(これ、私と琳ちゃんの真剣なリハ中に、こんな楽しい歌唱映像を撮ってた真奈ちゃんと聖ちゃんでした^^)

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

女子会とワンダーランドの再会!

2015のMAKIブログ。

自分で次回予告をして、書き癖つけてます^^

暮れはcodeM忘年会とともに、去年、最大の時間と想いを注いだ日生劇場アリスゆかりの女性陣(&ちょっと男性も。笑)と会食を。

ただこの日、私自身が慌ただしい参加で、写真撮り忘れちゃったので>_<、夏の打ち上げ時を。

00


アリス2014公演に私を推薦、指名してくれた彌勒さん、財団のみなさまには、ただただ感謝を!!

オーケストラ60人の方が物語の大切なシーンで用いられる自分の曲を豊かに鳴らしてくれ、オペラ歌手の皆さんが白熱する演技とともに歌ってくれ、いつも見ながら、心で号泣でございました。。。はい。

なんだろう、おとうさんが念願の車を買った?あるいはマイホームを建てた時の感慨に近いのかな?

去年の経験は、私を豊かに、おおらかに、一歩前に進めてくれました。

で、そのアリスは宮城、多賀城公演もあり、東京での神奈フィルさんに続き、仙台フィルの皆さんにお世話になりました!

01

上記、多賀城のコンサートホールに飾られた出演者のみなさんのパネル


02b


03

舞台は、照明、装置、衣装全て、日生劇場で用いられたものがそのまま持ち込まれ、精鋭のスタッフさんたちも、仙台入りした本格移動公演。


、、この多賀城公演が終わった時、個人的に感動の風景にも出会いました。

3年前、すでに宮城での公演が決まっていたアリス、それがあの大震災により、、、
でも、その翌年、や翌々年に仙台フィルの何名かとアリスの小編成で被災地(学校の体育館)をまわって、公演をされていたとのこと。その上での去年。

その公演に関わっていたアリスの鵜木さん、仙台フィルさんが、今回のホール公演を終え、日生財団制作スタッフさんを囲み、拍手&握手。その女性スタッフさんも涙を浮かべていらっしゃいました。

各地で子供達に元気を届けてきた公演の先にあったのが、あの昨夏の多賀城だったのだな〜と。
関われたこと、本当に幸せに思います。

そして、私に取ってもこの仙台公演は、再会の連続。

先日、ホテル日航東京、Luce映像で紹介の音楽

このバイオリンは、西本さん。

録音当時、仙台フィルに入るのが決まったと教えていただいたけど、仙台でお会いしたら、なんとコンサートマスター、びっくり&すばらしいーのWショック(笑)

04

あらためて、素敵な音色に感謝するとともに、今思っても仙台フィルの演奏はダイナミっクかつ、オケ全体でこういう音にしようというまとまりが深くて、ほんとうに譜面上の曲を豊かにしてくれました。

感謝しかありません。


また東京を離れた公演はプライベートタイムもそれなりにあるんですが、今回の公演、BlueZoneはじめ、プライベートでも仲良くするハーピストの堀米綾さんが、出演されてて、プライベートは二人でベタベタしてました(笑)


05

折しも仙台は七夕祭りの季節。

09_3

願い事、心を込めて書きました!

そして二人でアーケードを練り歩きながら、いろんな話をしたり、おいしいものをご一緒したり、約20年ぶりとなる仙台を満喫。


で、さらに今回の滞在が充実するものになったのは、芸大時代の友人、ピアニストの木下順子さんとの再会!!

06


この私の宮城入りが決まってすぐに連絡をとったのですが、いざ会えたら、時空を超えて、二人でしゃべるしゃべる。。。(笑)

私の記憶が間違いないなら、4時間くらい、牛タン食べながら、語りつくしました。
そして、とにかく笑いました。

学生時代を知ってる、そして芸大という大学を選び、その後の音楽人生をそれぞれ模索しながら歩んできた数十年を同級生二人で語り始めると、苦しいことすら笑いに変わります。


ちなみに、順ちゃんと再会できた接点となった一つが、ご主人が仙台フィルのバイオリニストであるという事実!

07

こういう再会って最高です!

ちなみに、順ちゃんとご主人のヘンリさんは、ArtwayDuoとしてもお二人で活動されていて、今年はヘンリさんの故郷、スロバキアでも公演があるようです!

お二人のHPもぜひご覧くださいね。
→ArtwayDUOは、コチラ


で、ですね。暮れの暮れに、もうひとつの静かな女子会をこの方と。


Img_2202


そう、チェロの樋口泰世さん。
こちらも食べ尽くして、語り尽くして、で、写真は撮ってません(苦笑)


上記のフォトを撮影した公演はまた今度ご報告!


という感じで、続ける意志があるのを自分に確認しながら、1月はブログも!ガンバリマス。
もちろん、今週は、本番&締切り並走生活なので、そちらの気合いも!

| | コメント (0)

2015年1月11日 (日)

忘年の会

昨日のブログ末尾の言葉を遵守し、今日は昨年暮れの忘年会のおはなし。

一年間codeMでお世話になった皆様にお声かけし、集まれたのがこの方達!!(みなさん、ありがとう!)

011

あっ、良子さんが、泰世ちゃんが、あやちゃんが、KIJIニイ(後から合流☆)や王子(中井さん)が写ってない!と思われた皆さん、
なかなかなcodeMフリークですね(笑)

今月お世話になる、リンちゃん、真奈ちゃん、聖ちゃんなどにもお声かけしたんですが、なにせ、アーティストの暮れはなかなか忙しく、こちらの写真のみんなが集まってくれただけでも、感謝感謝でございました。

すこし個別にも、何枚かご紹介。
今回は、ダンスYearだった2014を象徴すべく、ベリーダンサーYasmeenさん、エアリアルパフォーマーHiROKOちゃんが家族同伴!で来てくださいました☆

02


02b

ここからはミュージシャンなみなさま。


03b


03c


04

で、ですね、この夜は全く予定になかった(笑)岩田卓也 VS HiROKO's Childのダンスバトルも繰り広げられたのでした。

HiROKO's Child=Mくんは、某有名ダンススクールにも通うキレッキレのちびっこダンサー。
一方岩田さんも、最近腹筋鍛えるマシーンを購入された?とかで、体力増強図られる30代いぶし銀?

で、音楽家には事欠かないcodeM(笑)
瞳さんが”その場にあるもの!”を利用したビートを作り出してくれ、そのグルーブを感じながら、お互いの技を競いはじめた二人。。。段々とヒートアップする中、岩田さんの自称:お腹ダンスの独創性?が凄まじく、全員お腹抱えて転げて苦しすぎる、、みたいな結末で、、

結果は拍手で決めましたが、全員一致で、7歳の勝利とあいなりました。

岩田さん&Mくん、楽しい夜をありがとう❤️

さて、この夜は、Shakuhachi Projectでお世話になる松下くんも参戦してくれました。

04c

昨年このプロジェクトが、独立&単独で歩み始めたこと、CDができたこと、岩田さんといろんな話が、音楽ができたこと、三塚さんをはじめ、尺八に、音楽に熱いみなさんとチームをつくれたこと、いずれも感慨深い出来事でした。
春ツアーに向かって、準備!の冬でもあります。

ということで、スタッフが作ってくれた年賀イラストは、こちら!


04e

と、ここまできたら、忘年会お開き時の、”美女たち(めぐちゃん&しとみさん&やぎたにさん)とイワタさん”フォトも、ご報告までに掲載しておきますね(笑)


05


今夜、有言実行を果たせ、次は年末の宴やら、仙台での再会、また撮りためてたグルメフォトも、と鋭意準備中です☆
で、昨夏、codeM制作お疲れ会と題して、女子二人で訪れた、目黒八雲のチャイニーズレストラン”わさ”のフォトは、こちらにアップしちゃいますね。


07


08


09

どうです?私の携帯写真の腕前は置いといて、
こちらの料理、手間がかけられ、独創性があり、でも一口入れると、体に馴染む美味しさが、伝わるでしょうか?

あー、これを音楽にしてみたいなってお味でした。

昨年の味を今でも覚えているので、今年もきっと伺うとおもいますhappy01

そして、ブログタイトル、忘年の会、としてみましたが、

忘年で、調べると、
1 年末に、その1年にあった苦労を忘れること。年忘れ。
2 相手との年齢の違いを忘れること。

その二つが出てくるんですよね。

ちなみに、【忘年の友】は、
相手の才能や学問を敬愛し、年齢の差を忘れて親しく交わる友人、とのこと。

まさに、そんな忘年の友!たちに集まっていただけた忘年会でございました。

そして、岩田卓也 & MAKIの年賀ご挨拶同様、codeMの2015デザインも元旦、ネットに登場。


10_business1


15周年を迎えられる今年、自分だけでは、決してcodeMを継続&発展させられなかった、としみじみ。

同時に、ここまでcodeMに拘わる暑苦しいほどの私に、個々として逞しく!素晴らしい!才能と人情のアーティストやクリエイターが集まってくれることに感謝です。


あと355日ほど、 今年は笑顔で駆け抜けます☆

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

10月のSEEDS Conference

岩田さんが、早々に綴っていたSEEDS Conference


2014.10.11東京 江東区の寒光寺で行われた完全招待制のカンファレンスです。

私もレポレポと思いながらも、時は無常に過ぎておりまして、、今夜あまりにDLに時間がかかっているので、その間を利用してようやくのアップ。

日本で最初のTED(1994年のTED×KOBE)運営メンバーによるこのSEEDS Conference、2009年に発足し、現在まで毎年開催されていて、以前は螺鈿隊(&AUN Jクラシックオーケストラ)の市川慎君なども登壇されてたようです。また去年から寒光寺さんが舞台になったとのこと。


用意頂いたプログラムから、備品、会場でのイベントまで、手の込んだ、また真心あるおもてなし、でした。


01

02


03

こちらでの2014スピーチ及び演奏者として白羽の矢が立ったのが尺八奏者:岩田卓也。
私は、お供のピアニスト、MAKIでございます^^

お客様は限定100名さまほどでしたが、その皆様の一人一人が熱いことなんの。。。町を村を日本を面白くすること、未来を描き、実現させることができる人が一挙に集まっていた、エネルギー値、MAXな会場。
ここで頂いた拍手は、格別です。

03b


そして、忘れがたい出会いがありました。
日本舞踊家、花柳幸舞音さん。

04

SEEDSスタッフを勤める方から、ご紹介いただいてのコラボレーションでしたが、演奏しながら、その舞に取り込まれてしまいそうな、舞うことが人生そのもののような気迫と信念溢れる方でした。。

踊っていただいたのは、
Peace for JAPAN / パトリックレナード
凛 / MAKI
紫炎〜艶〜 / MAKI


05


06


簡潔に、惚れました(笑)

07_2

また、ぜひ共演したいお一人です!


そして、この素晴らしいイベントのキュレーターは、佐藤恵子さん。
何事も推進させる人の持ってるパワー、存在感は、圧倒されます。


09


この日の登壇者の方も然り。
知能ロボット学者の石黒先生。

08


そして岡山出身というご縁が嬉しい、東京大学TLO代表の山本先生、

10

等々、このSEEDSが終わったあとも、出席されたみなさんがコンサートに来てくださったり、メールで感想を頂いたりと、交流は続いてます。


13

このイベントで音楽的な出口が成功したのは、三塚さん率いるShakuhachi Projectチームあって、でもありました。


12

この日、もう一人知り合いになれたアルパ奏者の池山由香さん、こんなに明るく面白い歌って奏でる奏者さん、久しぶりでしたが、彼女の活動の一つには、坂本弁護士ご一家の慰霊地を巡るコンサート活動なども。

池山さんのご活動はコチラ。
そんな素晴らしい心を持つ方とも、このコンサートを通じて、知り合いになれました。

さらにこのイベントで私たち担当を切り盛りしてくれた若手スタッフさんは、なんと歌舞伎座の脚本デビューとなった今月デス。

スゴイ!&素晴らしいですheart04


こうして思い出しながら書いてるだけでも、それぞれまったく違うけれど、共通して濃く充実の毎日を送る方にたくさんであった日でした。

ちなみに、私が書いた“すごい”は、肩書きとか経歴の部分ではなく、

もちろんそれはみなさん凄いわけですが、、、

それを切り離しても、生きる能力、自分を活かして、人の面白いところに刺激を受けて生きる、そのスタンスと情熱が凄い方々なのですup

もちろん、その一人が岩田さんであったから、私もそのお裾分けをいただいて、この日を共有でき、エネルギーをたっぷり吸収できたわけでした。

出会いは豊かです。


そして、無理せずそれがお互いに続くとき、そこにさらに豊かなものが芽生える気がします^^


今夜も、最後にお知らせnote

0308


素晴らしき同級生!カウンターテナー彌勒さんの里帰りコンサート、codeMらしく、音で盛り上げに四街道市に、3/8乗り込み?ます。

12/10チケット発売となりました。

みなさま、こちらも、大勢(5名以上?)で予約されると割引もあるようなので、心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

現場は体育館♡@芸大連携事業

この1年も、やりがい多き小・中学生対象の学校公演を幾つか依頼いただき、我らが現場、体育館に登場!

母校芸大では、数年前から足立区との連携事業で、プロとして活動する卒業生の公演を提案。

01


昨年からは、アートリエゾンセンター助手も兼任する箏奏者の吉永真奈さんが、和楽器と洋楽器のコラボレーションしたコンサートを初プロデュース。
嬉しいことに私に相談いただき、ワクワクと携わってます。

今年は去年に比べて、和洋公演を希望した学校も倍増したそうです!!
そして、10月はこのメンバーで初の中学校公演にも。
(なんと楽屋が和室=茶道部などの部室?で、正座スタイルw)


02


中学生ともなると、終演後も楽器への質問がわんさか!!!

03

さらには、生徒会の男子生徒さんは、私たちの演奏中にリアルタイムで感想文を書いて、花束贈呈とともに読み上げてくれました。

一人一人の演奏への感想には、みな、感動。。。

思わず、承諾を得て、手書き文をパシャりと。

04

私が知るだけでも、相当多忙な真奈さんですが、彼女が“やってみよう”と思ったからこその、芸大発の和洋公演。この具現化に関わらせてもらって私もさらに音楽生活が豊かになりました。


吉永真奈さんブログでの連携事業レポは、コチラheart04


11月末が今年最後の学校公演でしたが、岩田さんは終演後いつもパタリと姿を消す(笑)ので、女子3人で撮影タイム。

05


で、欠席扱いのような岩田さんフォトですので、その存在と演奏が児童のみんなに、刺激と元気を送れたことを、校長先生の“校長室だより”からご紹介を。


Photo

また、11月初旬、岡山県玉野私立山田中学校でもcodeMとして公演に行ったくわけですが、、


06


その時のレポートを、やはり学校の公式サイトで綴ってくださってます。

山田中学校公演のレポートはコチラnote

ありがたいことです!!

そして、素晴らしい共演者のHiROKOちゃんもご自身のHiROKOブログheart01にて

もうひとつ、その3日後、同じく郷里玉野市で開かれた“みなと音楽祭”にも過去学校公演などで出会った子供達、学生のみんなが聞きにきてくれました。そして、同級生の子供達も!

アンケート裏には、当日私が付けた真珠の首飾りまで見事に再現し、スケッチしてくれた女の子も。

07

“なっちゃん、ありがとーlovely

出会いは豊かです。音楽のおかげです。


ミドル世代になって、子供とはどんどん年齢が離れていくし、そうかといって、その道の先をゆく先輩たちの経験や考えには追いつけないところもまだまだあります。

そういう全く違う世代の方と“もしかしたら存在するかもしれない心のボーダー”を超えて、一瞬で親しみを感じたり、本音で話せるようになるのは、私の場合、音を作り奏でることによって、叶えてもらってる部分が大きいです。

本気で生きるというのは、肩で風をきって生きる、に直結するガムシャラ感で、自分に圧をかけてたのも事実。

でも、あるがままの弱く情けない自分を認めた上で、人と共存することを理解し、周囲と協調&刺激しながら、己が決めた道で突進する(ここは変わらず?。笑)ように、考えも行動も少しずつ変わってきました。

さてさて珍しい昼ブログ、そんな決心したんだから、今日もアレンジ猛進して、今夜ひとつ仕上げます!


あっ、芸大連携事業で絆が深くなった真奈さまとのライブ、来月ございます。

Wano0118_omote

こちらも、もちろん張り切っちゃいます☆

| | コメント (0)

より以前の記事一覧