10.private

2017年8月25日 (金)

朝活はピアノ&水やり

今週は、個人的には腹を据えてる一週間です。

で、ですね。

6月くらいからこの3ヶ月、
それまでのウン十年のMAKI人生の中では、
画期的な時間の繰上げ?が起こってまして(笑)、
少しだけ早起き生活なんです。


そして、今週はさらにいろんな事情も絡み、
この私が、なんと!
4時とか5時に目が覚めてます
(まぁ、二度寝する日もありますが😎)


みなさんがよく仰るように、
朝が早いと処理速度が上がりますね^^


6月の信州滞在時には、朝早く起きて、
ホールのピアノや、野外に設置されたピアノを練習できるという贅沢も💕


こういう朝活なら、毎日できそうです(笑)

2


Photo


今日は、私にとって作品締め切りの日でも。


この信州の美味しい空気のもとで、ピアノメロディーの原形が幾つか浮かんだので、それを作品にしてきます。


その音楽が流れるのは、来月の人づくりプロジェクト 企画展です。

Photo_2


このレコーディングの前には、のりこさんと、和の調べ個人リハーサルも。


ということで、今日も濃い一日です���👍


そうそう、
今週の早起きもう一つの理由に、水やり当番なるものが💦

下記の、皆様見慣れないであろう古典園芸植物の(下記はごくごく一部。。)
お世話係に。

Img_9031


サボテンも枯らしてしまう私なので😥
植物の世話は緊張するんですが(笑)がんばってます💪


そうそう、早起きのご褒美?は、深夜〜早朝にしか咲かない、熱帯性の睡蓮(レッドフレア)
を鑑賞できてます。


美しく、癒されます〜


Photo_3


今日も良い一日を!

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

箏曲家 吉永真奈様と

1


2


3

こちら、6月のとある1日。
男性ファンのみなさまは、羨ましがられちゃうかな?!(笑)

普段なかなか予定をあらかじめ合わせずらい職業なんですが、
この日はどんぴしゃ合いまして、美人箏曲家の真奈さまと都内デート。

おいしいものをいっぱい食べました💖

真奈さまは、私の心の友でもあり、
音楽的にも感性や考え方に頷くことが多い、尊敬すべき仲間です。

そんな真奈さまのCDリリースに委嘱作品の依頼を向けて、去年の夏は一心不乱に曲を書いてたな〜と思い出したり、、
4
(こちらはレコーディング風景)


その曲も、来週”和の調べ”で、ゴージャス版(→withエレクトーン)でお届けします!!


もちろん、この曲には、二胡の沈琳ちゃんも参加!

Photo
(こちらは真奈さまに誘っていただいた、企業パーティーの本番後写真)

今月初めには、学校公演でお世話になる茨城県小美玉市みの〜れを訪問したのですが、

その際、箏Duo『琴佳』
(箏曲家 池上亜佐佳さんと谷井琴子さんのDuo)を鑑賞。


Photo_2
(箏に興味があって、記念撮影のつもりが、つい本気で箏の弦を見てました。笑)


今年度は、学校公演に出演するアーティストが一斉に揃ったコンサートも来年2月に予定され、『琴佳』さんにも、MAKIアレンジを演奏いただきます。
今から、楽しみです!!

そして、遡って12月には、和の調べ3人編成のスピンオフで小美玉みの〜れに伺うことも決定。

1216codem0801

昨年度に続き、東京⇄茨城、行ったり来たりの冬に^^


そして、この12月公演に遡っては、来週、銀座で和の調べ公演が!!


0830wanoshirabe1


そうなのです。

codeM17周年公演が、刻一刻と迫る夏の終わりです!

気合を入れて、臨みます。

この公演は、チケットぴあ✨でも取り扱っています。
(残席少なくなっているようです)


今週は、もうひとつ、ピアノソロの新曲、書き上げます!

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

レッドフレアの7月

梅雨明け宣言は出ていないものの、もう完全なる猛暑ですよね。。。


昨日は、名古屋で、吉永真奈トリオとして、海外のお客様に和洋中音楽を。


ホテル室内といえど、30分のステージで2時間全力疾走くらいな汗でございました。

そして、我が心の友でもある、真奈さまの英語MC!!

流暢でチャーミングで外国のお客様の心を、音楽と言葉で鷲掴みにしてました(笑)

20067760_2007170649513620_111096743


深夜戻ってですね、お楽しみは、こちら!

今、我が家では夜行性の睡蓮、

レッドフレアが咲いているのです。


Photo


そして、今日はこれから、口笛世界チャンプな呂武くんと、岩田さんとトリオライブ。

汐留のタイ料理レストラン、ASIAN TAWANにて、

W

ありがたいことに、満席いただきました😭

続けているうちに、早、芸歴何年でいえば、相当の年数になっているのかもしれませんが、


いつまでも初心忘れず、もっともっと音に磨きがかかるよう、音楽に魂が宿るよう、
がんばります!

Photo_2


| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

Green! Green!

なかなかに突っ走った今年前半。

最後の一週間は、自然の美味しい空気をゆっくり味わえる速度に落としました👍


Img_8022


Img_8021_3


Img_8023_2


は〜〜〜、心が洗われました!


そして、脳内にある音符の雫も、指元にポトリポトリと落ちてきたような。。。


さっ、今年後半も、モリモリ頑張ります!

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

桜が散り、タカくんは空へ。

季節は梅雨、
そして、それを過ぎれば一気に、今年は猛暑と言われる夏に向かいますね。

49日が過ぎた今、
桜が散った頃のお別れを。

Kumitaka01

2004年に、codeMのArial Roseという、空中パフォーマンスをともなったコラボコンサートで、ご一緒したKumiさん。

そのKumiさんが声をかけてくれて、その時ロックダンスを披露してくれた、タカくんこと、吉野和剛さんとも知り合いました。


その後も、岩田さん、小湊さん、元永さんが組んだ尺八トリオ、「般若帝國」のアルバムリリースライブでも、Kumiさんとタカくんには、”バランスDuo”(筋肉の美学のようなダンス)を披露いただき、

その先にも、codeMがホームグラウンドのように演奏していた、汐留のパークホテル東京のアトリウムにて、

さらには私の披露宴でも、美しいパフォーマンスで、集まってくれた友人たちに、そして私たち夫婦に最高のお祝いをくださいました(最初の写真がその時のものです)

その時の写真を、タカくんが、ご自身のカンパニーページでも使用してくれており、感激でした。


その後も、
彼の躍進はとどまるところをしらず、
シルクドソレイユのオーディションに合格、
海を渡り、ラスベガスで活躍。

帰国後も、カンパニーを若くして立ち上げ、
様々な会社やプロダクションに信頼され、引く手数多の存在に。

ご結婚もされ、お子さんも誕生されたと伺いました。


ほんとうに、突然のことでした。

いろんなニュースで、この悲しい事故が報告されました。
http://www.oricon.co.jp/news/2089136/full/


Kumiさんの悲しみ、仲間の方の苦しみ、悔しさ、、
Kumiさんを通じて知り合い、学校公演などもご一緒した同じく空中パフォーマーHiROKOちゃんも、その想いをブログで綴られています。
残された者の使命


お通夜も、お通夜とは思えない、シルクドソレイユの荘厳で劇的な音楽が大きな音で流れ、
芸能人、業界の方々からの数々の献花、、、、
個性あり、生き様豊かに見えるみなさまが、一同に介し、
なぜ、ここにタカくんがいないのだろう、、と、皆さん一様に思われた筈です😣

ほんとうに、ほんとうに、
骨のある、未来を描き突き進むことのできる、素晴らしいパフォーマーのたかくん。

これから彼を目標とする方々に道を作った功績は計り知れません。。


そして今週、、
私の音楽を面白い!と食いついてくださり、
数々のライブにご来訪頂いたうえに、
この夏〜秋、ピアノソロの機会まで与えてくださった方の、
突然の訃報をうけ、明日お別れの挨拶にいってきます。

数ヶ月前、足を負傷した際には心配いただき、
打ち合わせの時、そっとお守りまでくださった優しい優しい方です。

ずっと鞄に入れ、持ち歩いていたおかげで、私の足は治りました。

このお守りが、形見になるなんて、もうお会いできないなんて、、
どうして、、という思いです。

Img_7973


そして、主人が親しくさせていただいた会社の方にも、先日同じようなことがありました。。


辛く、信じられず、もっと親しい方の気持ちを思うと、突然の死がショックでなりません。


ちゃんと霊前で、ありがとうございました!を
伝えてきます。

最後に今年見た近所の桜を。

Cherry_blossom1_5

Cherry_blossom3

桜は美しいです。

毎年まだかまだかと願い、咲けばその美しい景色に癒されますが、

同時に、もう会えない方を思い出す風景でもあり、

年々喜びがある一方で、もう会えない方を思い出しては寂しさも入り混じります。


健やかにお過ごしください、と、

常日頃、結ぶ言葉は、

常套句ではなく、心からの気持ちです。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

ブログのプロフ

ブログのプロフ、


変えました。

Damon3


先週、私が敬愛するベリーダンサーYasmeenさんのご主人であり、翻訳家でありプロカメラマンである、Damonさんに、撮影してもらいました。


今年に入って、ほんとうに沢山の機会、嬉しい出会いに恵まれています。


でも一方でこの春数ヶ月は、ジャンルを越えて尊敬する方々の、突然の訃報が続きました。

悲しい、悔しい、どうして、、の日々でもありました。

第一線で活躍し、仲間に慕われ、ご本人もその職業にきっと天職を感じていたであろう方々。
30代、40代、50代、60代、、、
その方々の人生が、もっともっと続いたら、どんな素晴らしいことがさらに生み出されていたのだろうか、、
その方々の大切な家族、ご友人の悲しみはいかほどか、、


だからこそ、
生かされてる自分は、
幸運にも好きな音楽を仕事にできてる自分は、
情けない発想や姿勢にならないよう、
朗らかに、胸張って生きなきゃ、音楽の道を邁進しよう、と。

数年前、
ちょっと元気がなかった頃の自分を経て、
今は等身大で、背伸びせず暮らしている毎日。
周囲の見方、物事の捉え方も変わりました。


プロフを変えた理由にも、
気づけば沢山の方に応援してもらい、
機会を与えてもらうからこそ、
私は音楽を続けるスタミナができ、元気でいられるので、


”とても元気です😊”

”ガッツあります💪”

が全面に出るフォトを選ぼうと。

私に元気を与えてくれるみなさんに、深く感謝を。

そして、天に召されてしまった方々が、私にくれた、見せてくれた最高のパフォーマンスと、
最高の心意気に、深く御礼申し上げます。

R.I.P.

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

命の重み。


命の重み。


悲しい出来事、理不尽な結末が起こるたびに、、

また一方で、幸せな場面に立ち会えた時、慈しみの関係を目の前で感じられた時、


そういう場面で強く感じます。


命の尊厳。


俳優、カークダグラスさん 100歳の言葉。

記事はこちら。

ー民主主義では、自由であり続けることへの決定は、私たちが下すー

子供の頃、試験の回答として最初は覚えた、民主主義。

大人になって、この意味を深く考えるように。


人が民族や、宗教や、貧富で、差別されることがない世の中へ。

人が人を想う、


これほど、人生を美しく、豊かにさせるものは、ないと思います。


| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

【2017年お正月】メリハリ!

MAKI お正月の過ごし方。2017年編

1月1日
早朝出発で、空港から初日の出を拝んで、郷里へ。
甥っ子と近所の山羊に会いにいき、
母の家庭菜園でのびのびと育つ野菜を採り、
総勢10人で鍋とおせちを囲んで、牧歌的な元旦。

Img_7058_2

1月2日
新幹線で快晴の下、富士山を眺めつつ、
東京ど真ん中、六本木へ。
サントリーホールでニューイヤー・コンサートを
旦那さんと鑑賞。


Img_7096

なかなかコントラスト効いた初日と二日目!


お正月からこんな華やかな場所にお出かけ出来たのは、
サントリー財団さんと吉永真奈さんのおかげです。
昨年に引き続き、ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団の
Fl奏者Birgitさんと箏曲家真奈さんのクラシックコラボ1曲、
開場中のブルーローズステージ用にアレンジ致しました。
今年のお題?は
Fi&17絃箏による”ヴェニスの謝肉祭”
超美人ユニット💕の素晴らしい演奏に、お客様も拍手喝采。

15894394_1294815023913402_784638235


フルートの超絶技巧を支えるのが、オケでもピアノでもなく、
17本の絃しかないお箏!!!
この大変さは奏者の方でないと分からない玄人の苦しみですが、
そこを伝統楽器の制約を感じさせない、軽やかで、艶やかな演奏で
フルートを支えきった真奈さんは、やはりプロフェッショナル!!

ウィーンフォルクスオーパー交響楽団の公演は、お正月3日間、サントリーホールを経て、
大阪、愛知など各地現在巡っています。もちろん、真奈さんはこちらでもオープニングアクトを飾られてます😊


15895098_1294814997246738_281392875


手がけた作品の初音出しが、サントリーだなんて、さらに、
初日の出も見れて、富士山も見れて、
2017の私はラッキーガール(笑)なスタートを切れました。

さらには、年末には、岡山公演に何度も来てくださる方から、美宇宙メンバーの名前まで入った!特注ラベルの日本酒が届き、皆でビックリ!!!!😵😵😵


Img_7093

久しぶりの岡山ステージでメンバーがお酒が好き!と盛り上がったことで、、、と思われますが、お心遣い、本当にありがとうございました!

そして、年末は主人関係でおつきあい頂く皆さまからも、たっくさんの優しい贈り物を頂戴してしまいました。全部を紹介しきれなくて、申し訳ないのですが、本当に皆さんの御心に深謝です!!


皆様にとって、健やかでご多幸の一年となりますようにっ✨✨✨

|

2017年1月 1日 (日)

大切な時間。

6年前の震災時、
主人の趣味仲間のご家族が被災され、心配な日々が続きました。

その後連絡がとれてから、電話やメール、また時に趣味を通じて集合できる場所などでお会いしてましたが、なかなか現在お住まいの場所に伺うことができないまま、時が経ち、、

それが、ようやく昨年夏に叶いました。

その方は、現在ご家族で須賀川に住んでいらっしゃいます。

ウルトラマンの作者が生まれた街として、有名な須賀川。
道沿いは、こんな感じです!
01


主人とは、今も趣味を通じて仲良くおつきあい頂く仲。

そればかりか、私の音楽、codeMを気に入ってくださって、ファンクラブにまで入ってくださってます。。


ご自宅では可愛いわんちゃんがお出迎えしてくれました!

02

結婚して別の場所に住んでる娘さんも合流、

またご近所の方も集まってくれて、

それはそれは楽しいホームパーティーに!!

そして、優しい奥様が、素晴らしい料理の数々を振舞ってくださいました(感涙)

03

ご近所の皆さんも、被災された後、親戚などもいないこの地に移り、新たに居を構えたそうです。


ほんとうに、ものすごーーく、みなさん明るくて、

お酒をご機嫌に飲んで、楽しい話をいっぱいしましたが、

それと同じくらい、当時のこともいろいろと教えてくださいました。

そしてそこから、今に至る気持ちについても。

そして今、思っていることも。

それは、その家族の子供さんにとっても、全く一緒で、

震災後に自分の職業を変えよう(看護師さんになろう!)と思ったご近所の娘さんもパーティーに参加を。


code"M"は、
震災直後の2011年4月に茨城県の北部、大子町でコンサートがありました。


その際に、そのご家族は、主人とやはり趣味仲間の方の誘いを受けてくださり、一緒に車で数時間かけて鑑賞に来てくださいました。

その当時のことを、娘さんと二人の会話になった時、

父は震災から1ヶ月、不安やストレス、膨大な雑務、将来のことで、今までとはちがう空気も纏い、話しかけにくかった部分も、、

それが、MAKIさんたちのコンサートで、アンコールで故郷を歌い、涙し、あの日からまた以前の父に戻った感覚があって、MAKIさんたちの音楽に感謝していると。

その話をパーティーが盛り上がり、男性たちが豪快にお酒を飲んでる横で聞いた私は、
気持ちが異次元に向かい、、
娘さんが思うお父さんへの愛情に深く感動しました。

と同時に、その当時、それぞれがストレスを抱える中で、家族を思い合い、音楽が緩和したかも、と話してくれた娘さんへ”そんなことはないんです、むしろ逆で、何も出来ていない上に、Mさんご家族に反対に良くしてもらってばかりで、無力な自分が情けなくて、、”と二人で号泣しながら語っていました。

そのうち、男性たちも異様?(泣きじゃくる)な私たちに気づき、????な顔をしてましたが(でもお酒飲んでるので、あまり気にされてないはず。笑)、半年経って話しますが、そういうことだったんです。。


音楽は、自然災害やテロを前にすると無力で、ましてやこうしてずっと訪れることも出来ていなかった自分を、娘さんが、そんな風に感じてくださってるなんて、申し訳なくて、
もっと早くにそちらに伺って、いろんな話を間をおかず、聞いておきたかった、と後悔も。


折しも、私たちが伺ったのは、

そのご家族の故郷、南相馬での伝統行事、野馬追が行われていた頃。


その方々は、震災後、南相馬の家に戻るという決断はしませんでした。


でも、ご自宅が小高い丘の上にあり、建物は残っていらっしゃいます。

そこにはピアノが、、

6年間、ほぼ誰も弾いていないピアノ。

06


かつては、調律もされ、おとうさんや娘さんが、気が向いた時は弾いていたピアノ。

MAKIさん、弾いてみてくれませんか?と持ちかけられ、ぜひ!と。

お嬢さんが結婚した話も、前夜のホームパーティーで伺ったので、

お祝いの曲をその場で即興でしました。

そのMさんが涙を流しながら(私も泣きながら)、
スマフォで後で娘さんが聞けるようにと、録音を。

そして南相馬に向かった一つの目的、
伝統行事の野馬追最終日、

小高神社に馬が奉納される日。

6年ぶりに復活したその行事も、目の前で見ることができました。

05

その後は、東京へ戻る途中、原発に近い道も通って、

広がる光景に現実がここにあることを、目に焼き付けました。

日々目の前のことで、私自身もいっぱいになりますが、人と人が共存して、そこに交流が生まれ、その相手が感じる痛み、悲しみは少しでも共有して、自分が出来ることはないか、は探っていかなければ!!


ほんとうに、貴重な夏、忘れられない夏の訪問でした。

Mご家族の優しさと生き様は、私の2016後半の日常に喝を入れてくださったので、ヘナチョコMAKIも、かなり攻めの姿勢で、且つ柔らかい気持ちで、各現場、各仕事に臨むことができました。

またお会いできる時を楽しみに!


素晴らしい時間をありがとうございました。

連れて行っていただいた、白河のラーメン つむら家さん!(トマトとセロリが入ったラーメンが絶品)も、最高でした!

| | コメント (0)

あけまして!

ぎりぎり新年を迎えられた感じです(ほっ)

あけまして、おめでとうございます!!!!

昨年、私の演奏を聴いてくださった皆様、私の曲をどこかで耳にしてくださった皆様、各現場でご一緒した共演者&スタッフのみなさま、いつも依頼いただくお仕事関係のみなさま、code"M"関係のみんな、そして最近なかなか会えないけど、長年のお友達たち、、

年齢を重ねれば重ねるほど、脳裏に浮かぶ方のお顔がたくさん。
出会いが続くことを、しんどいと思ってしまったことも、人生の途中にはありましたが、そこからまた復活して、今はただただご縁が嬉しいです!

みなさまが、健やかに、そして日々に小さな喜びがありますよう、お祈りいたします!!!

今週(12/26-1/1)は、真奈さまと2日に1回、お仕事でご一緒。

安定の密度(笑)で、晦日は二人の大好きなお肉締めしました。
Img_6840


振り返れば、2016年は素敵な女性から頂いた刺激や愛情が、例年以上!!

制作&デザインを委ねるM女史、長年ブライダルサウンドの現場で、MAKIオリジナル&アレンジの依頼を頂くMさん、Wolf Toneをはじめ様々な共演が広がったオユイさん、と挙げればキリがなく、、、

なかでも、ご自身が勝負するシーンで、私を信頼してくれ、チャンスを与えてくれた女性3人の気概には、惚れっぱなしでした!


Img_6839


エレクトーン奏者の清水のりこさんは、日経スペシャル招待席(雀右衛門さん襲名披露記念)で、私をアレンジャーに指名いただき、


ソプラノ歌手の日々野幸さんは、今年本格的なソロスタートのタイミングで、私を相棒に!と、口説いてくれ、


箏曲家の吉永真奈さんとはもう数年タッグを組んでますが、今年はソロCD制作はじめ、やり甲斐あるシーンで、たくさんご一緒させていただきました。

人生はいい時もあれば、反対もあるわけで、音楽だけでなく、深い話もお互いにしてきた関係のご三名が、大晦日〜お正月〜1月中に渡って、大活躍!!

自分のこと以上に嬉しいです💕

のりこさんは、帝国ホテルでジルベスター、15日はオペラシティ!
✨1/1帝国ホテル(非公開)✨


Photo

✨1/16初台オペラシティ(抽選、受付終了✨)

Newyeargalaconcert01


お真奈様は、サントリー大ホールで、昨年に続き3が日3000人の前で独奏が!!
✨1/1〜1/3ニューイヤーコンサート✨


Photo_2

15727358_1290917900969781_222045476
みゆきさんは、新国立劇場のオペラ“カルメン”に急遽出演!
✨1/19〜1/31オペラ”カルメン”✨

まさに女神たちに光が挿す✨1月です。


来年も、男性も女性も、小さな子どもも、たくさんの経験を積んだ人生の大先輩も活躍できる、そんな生き生きと過ごせる場を世の中全体で、作っていけますように。

そのためにも個性が認められる、また世界中の方が迫害や暴力を受けない、人権が認められる世の中を願います!

Photo_3


| | コメント (0)

より以前の記事一覧