« 終演後フォト | トップページ | 銀座十字屋 »

2007年8月17日 (金)

受容体の8月

ライブ後は気持ちがヘトヘトだったと昨日申告しましたが、既に友人達には見破られている様に(笑)発信はできなくとも、感度のよい受容体になるべく、この2〜3週間は、川のせせらぎを聞きに山へ出掛けたり、出産を終えた友人とその赤ちゃんに対面したり、熱い夏を共に過ごしたスタッフと打上げをしたり、あの尺八の大家!岩田卓也君の結婚パーティーにもお招き頂き参加しました。(本人達の許諾を得たので、写真公開します。パーティーでは強運チェリスト:泰世ちゃんがビンゴゲーム1位=NintendoDSをGET.ブラボ〜)

また日本舞踊を鑑賞に出掛けたり、音楽鑑賞でも心の引き出しを増やしていましたが、中でもチョン・ミョンフンが音楽監督を務めるアジアフィルハーモニー管弦楽団のコンサートはとても心温まる、また音楽への情熱を持ち続ける事の素晴らしさを教えてくれる時間でした。生演奏というのは、その音楽の神髄を伝えるべく、技術や感性を磨き奏でるわけですが、そこにやはりその音楽家の人格というものがスパイスになっていると思います。そういう意味で、マエストロの誠実で音楽を愛する優しい心まで音を通して伝わって来た感がありました。そういう心を癒す時間を経て、今月後半は元気な夏が戻ってきそうです♪Photo_4

|

« 終演後フォト | トップページ | 銀座十字屋 »

09.芸術一夜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。