« ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ | トップページ | 生音のURANUS »

2008年5月28日 (水)

母校にて。

昨日まで二泊三日、岡山ライブ関連で、帰省していました。

遠い昔!私の通った高校は自転車で約10分と中学校よりも近かったんですが、卒業してから全く訪れることなく過ぎていたこの十数年(そんなものなんでしょうけど)。平成6年より活動の箏曲部(私の頃は存在せず。)を訪問すべく、久しぶりに母校の正門をくぐったものの、ちょっぴり浦島太郎のような気分、、。案内して下さった顧問の先生より、在校当時の先生がまだ教鞭をとられているとか、私の同窓生前後の方が教職につかれていると伺い、かろうじてつながっている縁を喜びつつ、箏の音が鳴り響く部室へ、、。
Photo_2偶然にも私が訪れた日は月に一度外部から指導に来て頂いている平野先生の来訪日。きっといつも以上に真剣な場面に、いきなり私がお邪魔し、余計なプレッシャーをかけてしまったかも?と反省(部員の皆さん、ごめんなさい。)、そして想像していた以上に難しい譜面(いわゆる現代音楽的な変拍子の多い。)を暗譜でひたむきに合わせる姿に感動。Sn380087_2Sn380086_2

この夏の県大会を控え、それに選ばれると全国大会へもつながるそうで、まだ歴史の浅い部活動ながら、全国大会の常連でもある母校の箏曲部は本当に時間を惜しんで練習していました。そんな彼女たちの真摯な練習風景に、今年も是非がんばってほしいと一先輩として願わずにはいられません。(といっても、私自身はお箏を弾けませんが。笑。)

岡山ライブの準備も、地元の皆さんに心強いアドヴァイス&応援を頂いて、一歩ずつ進んでいます。
今回の地元初開催に辺り、いろんな方と出会い、いろんな話をし、時間を共有していただいて広がりをみせる縁に感謝しながら、眩しく暑い夏を迎えそうです。

|

« ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ | トップページ | 生音のURANUS »

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。