« 女子パウロ会とアルバム制作 | トップページ | Healing Garden Vo1.19報告 »

2008年7月20日 (日)

出会い、郷愁、再会の加速。

先週から放置?!していた、3日間の出会い、郷愁、再会を。

もう一週間以上前ですが、7/12(土)に、レコーディングを共にしたひまわりキッズのみんな↓
Photo


写真観て頂いてもわかりますが、かなり若い方達と(笑)お仕事しました。
(於:キング関口台スタジオ)
が、もちろん姿勢はプロフェッショナル!!
前回2年前に共演した音羽ゆりかご会の児童にも感じましたが、本当に気持ちのよい挨拶が出来るんですね。そして本当に表情が素直なんですね。MAKIネエサンは感動です。notes
こういう子供達がどんどん羽ばたく世の中になってほしいです。
彼女達が私のアレンジを歌ってくれた時、ここまで余裕なくこの日に突入した疲労も、一気に吹き飛びました。レコーディング中も一緒になって歌を口ずさんだりして、朗らかなひと時でした。

可愛いみんな、ありがとです。

そしてその翌日7/13(日)は、泰世ちゃんつながりで、芸大美術学部(大学院)を修了し、アーティスト集団を立ち上げた、A+Aのオープニングイベントで演奏。
AaAa_2
ちょっと弱音吐きますと、最近の猛暑に弱いMAKIは、この日も会場に辿り着く前にアクシデントがあり(苦笑)、着いたらちょっとした脱水状態。。。ほんと体力つけないと、です。ライブは久しぶりに弾いた“セネガルの夕焼け雲”、お馴染み“Ancient City”など空間にふさわしい?!エスニックなものをセレクト。演奏後〜食事の時まで、話したり、観察したり?してるなかで、美校(美術学部の事を芸大ではそう呼ぶんですけど。)の人達とイベントに向けて、賑やかでなんか触発しあう日々を過ごしていた頃のことなど想い出し、ちょっと郷愁にふけったりして。。

美術も作曲も、モノを創り出す情熱が溢れていることに変わりないので、これからも積極的に関わっていけたらと思ってます。

そして7/14(月)は再会。

私が創る世界に自信を持たせてくれた人、またパフォーマーとしての私の可能性を信じてくれた人、“優さん”。
彼女とは10年以上前に出会ってますが、出会ってからしばらくして、国からの芸術支援で、パリに渡った彼女とは、その後なかなか会える機会は減り、、。今年になって、京都&パリの友好都市にも合わせ、春先は京都に住んでパフォーマンスをしていた優さんですが、私もバタバタでなんとなく会えずじまい。それが月曜に久しぶりの再会とともに話を聞くと、今度は映画に携わるとか。。
しかも私を通し、優さんをよく知る人たちからしたら、撮られる方だよね?と思うでしょうが、その反対です(笑)ほんと、みんな人生パワフルです。再会して、その勢いの加速に、私も元気と勇気をもらいました。どんな方か知りたい方は、コチラのフォトを観て下さいね。

|

« 女子パウロ会とアルバム制作 | トップページ | Healing Garden Vo1.19報告 »

05.live report」カテゴリの記事

07.創作&リハ日記」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。