« 最新H.G.リポ&山場越えRec | トップページ | 音楽家のテンション。 »

2009年5月21日 (木)

codeMにとっての美宇宙 この一ヶ月〜そして一年 其の一

明日というか今日、美宇宙(ミソラ)の響宴ライブを控えています。

code"M"といえば、源氏物語を題材に語りと音楽で綴る『紫炎』、また『地上の楽園』&パークホテルシリーズで展開しているHealing Soundがトップコンセプト、また代表作と皆様に思って頂いているかと。

そして、それらに匹敵するくらい、メンバー&スタッフ一同、大切に、また進化していきたいと考えているシリーズが、本日のミソラライブです。時にダンス等も伴ったアゲアゲ系なライブを、新宿のライブハウス“ミノトール”、また青山のダンススタジオなどで展開してきたわけですが、それらの先にあったのが、和洋折衷なアゲアゲライブ、“美宇宙の響宴note”でした。

私は普段から、いつも理論より感性?で動いてるので、ミソラというネーミングが自分の中に沸いた時、このライブが、私を、そしてcode"M"をさらに前進させるのでは?って勝手に思い込みました(笑)

おかげさまで、その信念は未だ続いていて、東京、名古屋、高知、岡山と今年は展開できそうですし、この春にわかに急浮上した企画アルバムも、美宇宙のメンバーだからこそ出来る趣きに仕上がり、これを引っさげて、よりパワフルに歩めそうです。

こうして5月は、ミソラ準備とともに燃えているレコーディングも、私の役割はひとまず大事な行程を終えました。この話をふってくれたディレクターの奥濱さん、またコラボしているトラックメーカーのkobaさんとトウキョウタワーを背景に達成感ある歓喜?のポーズです。


ほんと皆さん私の性格ご存知でしょうが、ご想像通り、凄く燃えてます(笑)
Photo

|

« 最新H.G.リポ&山場越えRec | トップページ | 音楽家のテンション。 »

07.創作&リハ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。