« 晴れらんまん岡山より | トップページ | 連休向きなお仕事と2info »

2009年7月18日 (土)

ご紹介。Vn:ビルマン聡平君

写真でご紹介。ビルマン君(Violin)です。

1


code"M"×VEE“TOKYO GRANDE”でミソラメンバー、そして津軽三味線:西はじめさんに続き、8人目の奏者として録音参加頂いたのが、


うら若き、才能豊かなバイオリニスト:ビルマン聡平さん。

、、、むむ?MAKIさんったら、ま〜たビジュアル系を集めて来たな〜なんて、人生の諸先輩!なオネエサマたちに思われてしまったでしょうか?(笑)

そんなことはないのです(多分。笑)
もちろん、フランス系ハーフでらっしゃるので、魅惑的なビジュアル!ですが、ビルマン君は何と言っても音色が、演奏表現がとっても豊か!

私のウェディング楽曲提供、Aqua Santaや、Ancient Cityなど、お台場の美しきガラス張りのチャペルLuce Mareで彼は演奏してくれており、、今回のアルバム制作でcodeMとして初タッグを組んでもらいました。

スティングの名曲!ラップアレンジでは、箏と絡んだバイオリンの高音が、まさにもつれる心をさらに深い闇へとえぐっており、またEight Melodiesでは、男性3人が揃いも揃ってロマンティストでいらっしゃったので(笑)、和三盆的、甘さになってます。


ということで、ビルマン君含め、8人の奏者により、8つの楽曲が全て違う楽器編成で組め、晴れてTOKYO GRANDE発売日を迎えたというわけです。

尚、この秋、また2010年もビルマン聡平さんに参加してもらうコンサートを予定しています
こちらも、ぜひ!codeM ライブインフォでチェックしてみてください!

皆さんのご自宅で、いろんな方向にアンテナを張り巡らしているCDをじっくり聴いて頂ける機会を心より願っています♪

« 晴れらんまん岡山より | トップページ | 連休向きなお仕事と2info »

08.アーティスト&HP紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。