« 美宇宙の響宴ライブより、“ 深海のくろのぐらふ” | トップページ | イブニングDONDON »

2009年8月25日 (火)

ハービーハンコックの佇んだ、ロイヤルスイート

01

先日、私の弾いていたピアノは、ホテル日航東京15階、お台場からレインボーブリッジが一望できる(この夏はガンダムも?笑)ロイヤルスイートルームに在りました。

いつも、ずっと、そこに。

そして、その部屋に宿泊していたハービー・ハンコックも、きっと気持ちよくこのピアノを弾いていたはずです。そしてそんな幸せなピアノを、私もホテルのとあるプレスリリースのため開かれたレセプションで昼と夜、そこで出されるお料理とのコラボレーションという形で弾いていました。


02

そう、こんないい感じのお部屋、またハービーハンコックと縁のあるピアノを前にすると、ついついこういうポージングもとりたくなるものです(笑)

03

あっ、でも本番中は、かなり集中して、また一品ずつ作られていく素晴らしい料理に触発されて弾いてました。しかもこの日は、世界的な賞を受賞し、数々のレストラン、ホテル(パンパシフィック横浜など)で総料理長をされていた、河合シェフとのコラボレーションということで、感性の探り合い?!がとても楽しく、勉強になる一夜でもありました。

04
、、、ロケーション、また本番に至るプロセスは最高な現場ではありましたが、、
ただ、、、やはり、、、香ばしくお肉の焼ける匂い、、、見るからに食欲をそそる飾り付け、芳醇なソースがかけられたお皿、、、が、私の目の前に現われては、次々と皆様のお口に運ばれる風景が繰り広げられ続けると、、食べたい!という欲求を振り払いピアノに集中することに、ある意味、修行、試練、という言葉が頭の中で浮かんでいました。(笑)

05

最後は、このレセプションが無事終った事を河合シェフ、ホテル日航東京の皆様、制作会社の方々とアップルタイザーで乾杯!

ホテルでくつろぐ、宿泊する、というよりは、ホテルでお仕事というのが、私のスタンダードになりつつある昨今です。。。

|

« 美宇宙の響宴ライブより、“ 深海のくろのぐらふ” | トップページ | イブニングDONDON »

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。