« 岩田卓也×MAKI 出現!出没? | トップページ | メモリアル美宇宙の響宴 第九章 »

2010年4月 6日 (火)

特別な新年度

2010年も4月に突入。

新年度!の幕開けです。

2000年4月code"M"発足から10年となる特別な春cherryblossom

新年(1/1)、カウントダウンライブ→打上げ(焼肉)→初日の出と、完徹な幕明けに続き、、

新年度(4/1)も足並み揃え?一睡もできないまま、迎えてしまいました。
(いい意味では、深い春眠から脱出できた?!)

そう翌日にレコーディングがあって、最終MIXとスコアに追われ追われてweep結局寝れなかった計画性に乏しいMAKIさんです。

その激務な?!翌日も、朝から強風をかいくぐって岡山に飛びましたairplane
(写真は岡山の桜)
Photo

そして、存在感たっぷりの紳士な皆様の前で、語るわ、語るわ、MAKI、『想いの丈』

舞台より緊張?!しました。
普段の客席ではにこやかな表情でこちらを向いて下さってるお客さんがいるのに、こういうケースは通常:表情が読み取れません。皆さん笑っていらっしゃいませんcoldsweats01だから、どういう話をしたら表情を崩して聞いて下さるか、なんて方向に頭がよぎったりwinkあとここで演奏させてもらえたらもっとストレートに伝わるのにな〜とも、ちらっと思いました(笑)
でも私らしさはしっかり発揮してきたと思います。


皆様、code"M"の明るい展望?!を祈ってやってくださいませhappy01


そして、東京に戻っても、最近珍しく海外の方とやりとりが続いたり、申請書類&企画書で公共団体&制作会社の方とやりとりしたり、、ライブ準備も含め、多くの時間がプロデューサー的業務に追われてます。。。


そんな中、中井さんから余裕のハイペースで

『新曲を書き上げたよぉ〜』

と、快調メール頂いてしまいましたっ。
詳しくは、中井ブログで

エライ!王子〜とも思ったし、うっ焦る、、とも思いました(苦笑)

といっても、本当にここ数日くたくた〜となってたので、新曲書き上げる(終止線を引く)エネルギーはなく、なので方向転換!
先月浜離宮朝日ホールで聴いた宮谷さんのショパンが忘れられず、何となく数十年ぶりにScherzoの楽譜を引っ張り出して、深夜、ヘッドフォンしながら練習に没頭してみました。

そうそう、美宇宙ブギウギの途中ピアノフレーズに、ショパンの革命エチュードネタ?が入ってるの、皆さんお気づきになってますか?!レベルはどうにせよ(笑)、かなり私にとっての10代はショパン曲集とともに過ごしていたのです。

で、新年度の話に戻ると、明日(今日?)、私が2年間みっちり(ちょっと怖い?笑)ソルフェージュレッスンをした若き女子!が、大学入学式を迎えます。

MAKIさんが二度と手に出来ない?!、


女子大生shineという響き(笑)

志ある仲間が近くにいて、切磋琢磨する時間、その中でいろんなことを考え、経験し、音楽家としての自分の将来を考える場所。

そんな4年間が彼女に待ってます。ほんと益々素敵な大人になっていくことを期待して!
(女子大生の隣は弥生生まれbirthdayな、言わずとしれたcode"M"スーパー制作女史。)

P3220587

Photo_2


次の写真は、今年の1月、大学卒業後もずっと交流が続いている芸大作曲科同級生の三宅大輔さん、村上博美さん、関美奈子さん、またその友人たちの紹介で交友を持たせてもらってるバークリー卒の久保直人さんたちとおこなった新年会。
皆さん、本当に優秀で個性際立つ人たち!なかなか忙しくて会えない数年でしたが、会うと話が止まらない、笑いも止まらない。お互いにこういう場だからこそ吐ける?!毒もしっかり吐いて、デトックス完了で解散した夜でした(笑)

Photo_3

、、、こういう仲間がいたことで、私はその時々に訪れる困難な場面に立ち向かう勇気をもらってました。スタンスはそれぞれですが、恵まれきった人はいないと思います。皆それぞれ常に起こる目の前の問題を直視してます。その姿勢から、私は多くのものを学ばせてもらった気がします。

だからこそ、code"M"を立ち上げようと思ったのかもしれません。


いろんなことに追われながらも、かなり皆さんにウケるかもしれない?(笑)下準備をしながら、日々過ごしてます。
あっという間に、メモリアルDAYまで10日を切りました。


4/15のステージでは何かが起こります。
いや、必然的に起こすかも?(笑)


会場の皆さんと作れるその熱い瞬間を、首謀者のMAKI、心より楽しみにしております。

|

« 岩田卓也×MAKI 出現!出没? | トップページ | メモリアル美宇宙の響宴 第九章 »

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。