« 祝!40周年 | トップページ | 温かくして、お越し下さい。 »

2010年4月 9日 (金)

中井智弥 という恩人

江川良子×MAKI 辺りから、のんびり続けていたDUOに関する記事は今日で1度終えます。

最後は、この方、私にとってもはや恩人の領域。


二十五絃箏:中井智弥。

Ver501


作曲家、演奏家としても信頼を寄せ、尊敬できる人。
惚れたMAKIさん、code"M"ライブの大半を彼にオファー、現在この仲の良さ?に至ります。

1

初めて会ったのは、4年前の春(やはり4月)
当時、中井さんは爽やか!ちゃんでした(今も?笑)
Photo


あの時、たくちゃんからの誘いで出会った時、

A.刺激的な音楽人生とすべく攻めていくか、
B.多少守りに入った?スタンスの活動か、、

そんな、私の人生の岐路だった気がします。


人生は常に選択を迫られる、と言いますものね! 
勿論、中井さんと出会ってしまった私はAを取りました(笑)


広がる出会いの中から、誰にどういうトキメキを感じ、行動に移すか?がその後を左右する、と私は思ってます。(これはプロデューサー的MAKIの目線だからでしょうか?笑)

そして、中井さんにそれを感じてしまいました。


そして、ありがたいことに中井さんもそれを私に感じてくれた?!(だよね?王子wink

Photo_4


乱/舞が完成したのが2007年3月。
この3年でこの曲だけでも50回は演奏させて頂けている幸運、
この曲の存在で、自分が今まで辿り着けていなかった場所が見えて来た喜び。


美宇宙シリーズのリピーターの方から、頂いた嬉しい言葉。

『このライブは和洋のコラボというだけでなくて、各プレーヤーがそれぞれにソリストとしてスゴイし面白い。で、その強烈な個性が舞台に一同に介しても、ぶつかって殺されてしまうのでなく、むしろお互いの魅力を引出し合う形になってるとこが楽しい。』


、、、本当に、こういう感覚を会場の多くの方々が感じてくださるようになった時に、私の思い描いていた理想が近づく気がします。

中井さんの素晴らしいソリストとしての活動や、尺八:岩田さんとのURANUSでの音楽については、
素敵なウェブサイトがあるので、是非こちらを見て下さい。

中井智弥サイト
URANUS サイト


もう4ヶ月経ってしまって、どうするの?って所ですが(反省)、


昨年暮れ、津市(@ソプラノ)で、刺激的なコンサートに出演しました。
それは中井さんと真っ向から対峙できるチャンス、The DUO。
しかも、そこのロケーションは抜群!!!

これは燃えない訳がないのです。

Photo_6
Ver


本当に、時に寄り添い、時に火花を散らしてきました。

乱/舞
いんすぱいぁ〜、なう。
チャルダッシュ

などは勿論、

二人楊貴妃、チェロの為に書いた輪廻(紫炎)、未来予想図なんてのも。。。


一対一だから見えてくるもの、
相手の旋律が向かう先、強弱、テンポ、どちらがリードするか、
投げかけたものをどう返すのか、

本番中おこるリアルタイムな掛け合いが楽しくて仕方ない時間でした。
いろんな課題も見えたし、また次回本番を踏むまでに磨くべきとこ満載です!


さらには彼が地元:三重を大事にし、公演を積み重ねる姿勢は、私の重い腰をあげる?!原動力ともなりました!
そのおかげで、1昨年企画が採択され、おかやま国際音楽祭にてcode"M"は、地元岡山でデビューを飾ることができたのです。中井さんの地元公演に呼んでもらい、地元の方の大きな拍手!という感動を味わってなかったら、地方開催の難しさに心が折れて、頓挫してしまったのでは?とすら思います。

ほんと、いい影響をいっぱい受けてます。happy01


この場を借りて、王子だけでなく、あらためて、

いつも!いつも!いつも!温かくサポートくださる三重の皆様、お客様に
心よりお礼申し上げます。
(アクセスランキングも常に上位★゜・。。。・゜☆゜・゜・。。)


写真はハメをはずした中井さん含む?、集合写真。

Photo_7


そして、本当に見習うべき点多し!!
母親思いな中井さん。
Photo_8


最後はオマケ?
お料理得意な中井さんが、寒い日、リハ前に作ってくれた“幸せつみれ汁”(もちろん、生の鰯からスタート!)

Photo_9

では、大変遅くなりましたが、中井さん大特集を持って、DUOブログは一旦幕引き。
ご一読、ありがとうございました。

|

« 祝!40周年 | トップページ | 温かくして、お越し下さい。 »

05.live report」カテゴリの記事

08.アーティスト&HP紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。