« 瀬戸内国際芸術祭、開催中。 | トップページ | Healing Garden Vol.30終演 »

2010年7月23日 (金)

ビブラフォン奏者:相川瞳

そうです、本日のHealing Gardenの主役は、

伝統芸能を、今の形で伝える継承者:小湊昭尚(尺八)であり、


中国の歌姫である、大陸を優しく包む歌声のユウ燕(soprano)であることは間違いないのですが、、


それに加え、是非皆様に聴いて頂きたいものがあります。


それは、
相川瞳(ヴィブラフォン)× MAKI (piano) のDUO

えぇ、今回、相川さんのVib演奏、もの凄く多いのです。

Photo_2

最近、DUOとか、Trioスタイルで出来るものに以前より興味が増して、拘り深くなりました。


塩谷哲さんがとあるインタビューで仰ってて、なるほど!って思った事!


「トリオって全員と手が繋げる所が面白い。」

たしかにpaper


4人以上のアンサンブルだと、個性を出すといっても、ある程度調和!も優先されますが、
3人だと、お互いのキャッチボールをいじりあって?表現できたりするんですよね、、。


その楽しさが、今私のツボだったりします。


前置き長くなりました。


かの若手女性パーカスで先を走る!相川さんに、あまり大々的に宣伝されると、緊張する〜と言われましたが、

Photo_5

MAKI的お薦めの Vib×Pfを、本日尺八、歌との共鳴と合わせ、聴いてやってください。


ちなみに、Te Ma Ri という曲もDUOで演奏しますが、これはcode"M"のファーストライブの1曲めで、
瞳ちゃんのお師匠さんである、萱谷有里ちゃん(旧姓:明神有里ちゃん)と演奏した想い出深い、コアなcodeM曲。


これを、今回、瞳ちゃんに引き継いでもらいます。

なんせ、10周年のcode"M"は、彼女も私と一緒に最前線で走ってますからheart04


それじゃ、よろしく瞳ちゃんheart04


Photo_6


« 瀬戸内国際芸術祭、開催中。 | トップページ | Healing Garden Vol.30終演 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。