« ミドリムシ? | トップページ | 泰世画伯とナポリ »

2010年9月 7日 (火)

ホテル日航東京のチャペル・挙式

そうなんです。

ホテル日航東京、お台場レインボーブリッジが目の前という素晴らしいロケーションに位置する素敵なホテルです。

こちらのチャペルに、かなりご縁のある私。


7月は、雅鳥ニイサン仕切りの、西方雅鳥×相川瞳×MAKIによるチャペルコンサートを開いておりました。820trio

で、なんと前月、6月のチャペルコンサートはこの方たち。
61

2枚目はなんとも如何しがたい、解像度低い携帯cameraなので、わかりにくいかもしれませんが、こちらに写ってるのは、
岩田卓也 × ビルマン聡平 × 渡邊香澄(25絃箏)

で、ですね、そのビルマン君に寄り添っているのが、金澤翔子さん。

6月は、音楽家と書家のコラボだったのです。


で、その際、翔子さんのお母様、泰子さんから頂いた本が、こちら
Photo


で、その際頂いたお名刺でびっくり、、、。4年前まで私が住んでいた(大田区)家から、徒歩数分の距離にお住まいのようなのです!!!その町にはなんと10年も住んでたので、きっとどこかで(スーパーとか、駅構内とか。笑)、お会いしていたはず!!!


さらに遡ること、一年前のチャペルコンサートで翔子さんが出演した際は、コーディネートする制作会社からどうしても!とオファーがあり、code"M"微笑み撫子を、初めて外部に提供?
そして、その様子が知らないところでYou Tubeにアップされていて、、、(3分過ぎから〜)

で、です。縁はまだまだ続きます。さらにわかったこと。
なんと、日曜日のcodeMライブ・サバンナを行なう会場は、2階がギャラリースペースであり、なんとそこで翔子さんは個展を開催されているようで、、、さらにはさらには、今月9/14-9/19にも行なわれる様です。


本当に、何の意図もないところで、こうも接点があることを皆様にもちょっとお伝えしたくなりました。


さて、チャペルの話に戻ると、上記チャペルコンサートが行なわれてるデルフィオーレという教会とともに、ホテル日航東京には、もうひとつ素晴らしい教会があります。


それが、Luce Mare


このウェディングサウンドも手掛けておりまして、この夏リニューアル!でプレス発表も控えてます。


自分の中のいろんな葛藤や感情の吐き出し?から生まれる曲もありますが、一方で静寂の中で純粋な気持ちになって誕生した曲もあります。

もちろん、Luce Mareなどに提供しているのは、後者の曲たちです。

これから新しい門出を迎えるお二人の前途に、愛がたっぷり注がれていますよう、、。

自分を生み、育ててくれた両親に感謝して、そしてそこから巣立って行く決意を、音楽も後押しできるように。


このプロジェクトを任せてくれた、私の音楽を必要としてくれた方々の愛情に応えるためにも!


、、、何かと世知辛い日常でも、愛が包んでくれてると平気だと、強がれます。

あと2ヶ月くらい?弱音は吐けませんが(いや、吐きませんが、笑)、私らしく女王キャラ!で頑張ります。happy01

|

« ミドリムシ? | トップページ | 泰世画伯とナポリ »

00.All live info 」カテゴリの記事

05.live report」カテゴリの記事

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。