« 手作りメダル | トップページ | 愛情一本 »

2010年12月 1日 (水)

師走、そして深町純さんのこと。

本日から師走。

例年に比べ今年は本番数は少なく(去年は2〜3日おきに、全く違う編成のライブオンパレードで悲鳴あげてた記憶がwobbly)、で、こんな時こそ、家に篭り、今まで溜まった書類の整理、更新、クリスマスカードや、いろんな方との会合セッティング(俗にいう忘年会)に、精を出そう〜と思いながら、学校公演後、考えをめぐらしてたんですが、、、

そんな私の目論みは崩壊。とあいなりました。

先月20日前後です。


仕事関係の方から、いきなり着信とメールが何本も続く不思議な事態。
ほんと静寂から一転、仕事三昧で2010を終えそうです。

でもこれは愚痴ではなく、本当に感謝すべき、幸せなこと、、。
音楽というキーワードで、MAKIの引き出しに関心を持って下さる方がいることが、私のパワーの源?(あとは、睡眠時間の確保ができたら、最高w)

そして、私に音楽を続けるパワーを与えてくれた一人が深町純さんでした。

本当に沢山の方が、深町さんと最後のお別れをするために参列しており、弔事を読まれた方は、「彼は激しく音楽を愛した」と語り、それは知り合って僅かの私にも心から頷けることでした。

このYou Tubeでの深町さん、人柄と音楽がわかる1つの入り口だと思います。


厚かましい私は、まだお会いして2〜3回の深町さんに、ライブを最後まで面倒みていただいたことに調子づいて、


「深町さんにとって音楽はどういう存在ですか?」


と勢いで聞いてしまいました。その時、そのちょっと返答しにくい?質問に、丁寧にストレートに答えてくれた内容、それは、多分これからの自分の音楽人生の指針?になるメッセージでした。


深町純という音楽家に出会え、いろんなことを感じられた事、心から感謝します。

|

« 手作りメダル | トップページ | 愛情一本 »

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。