« 手紙 | トップページ | 誓いのベル »

2012年3月11日 (日)

1年で授かったもの

昨夜の大塚シスイドゥでの初ライブ、宣言通り、大切な皆と爽快ライブ敢行!大塚のみなさんにとっても温かく迎えていただきました。ありがとうございました!

今日の午後は、こちらへ。
20120311

版画家の舌くん、邦楽囃子の聖香ちゃん、そのご夫婦を誘い、10年前から音と絵のコラボレーションに挑む箏奏者の中井さんがつくったジャパトラというグループのコンサート鑑賞へ。

そして、14:46、
未来に希望や夢を持った多くの方々の尊い命が奪われてしまったこの時間、この会場で黙祷を捧げました。


昨年の今日、上記メンバーとこの会場で、私自身も一緒にコンサートをしていました。
0311duo


比較的早い入り時間だったため、メンバーは到着でき、リハも終え、、その時には全く外の情報が入らず、状況が読めない中、とにかくコンサート中止とアナウンスも流せないままだったので、開催をしようと皆で判断を。

そして本番、公共手段が途絶えた中、5人のお客さんがいらして下さって、演奏しました。終演後、ニュースで自分たちが想像もしていなかった大惨事になっていることをようやく知り、身体が震えました。


そこからの1年。
“活かされてる命”という重みを感じ、1つ1つの出会いや縁への感慨も深くなり、与えられたステージへの気持ちの入り方も一層深くなりました。

大事にしなければいけない心を、どんなに時間が経っても、対外的に関係が変わっても、ずっと心に留めておかなければ、と思う今夜です。

|

« 手紙 | トップページ | 誓いのベル »

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。