« codeM showフォトと感想 | トップページ | codeM Live Info(8-9月) »

2012年6月26日 (火)

西洋古楽とゴスペル、美しいお花。

一昨日、日曜は守備範囲広い一日でした。

衝撃は仕事現場で、バニムのKeikoちゃんとまさかのご一緒。

お互い、その仕事に絡んでることを、その日、その瞬間まで知らなかったので、待ち合わせ場所でびっくり!(ピアニスト2人が同じ現場にいること自体、あまりないわけで、、)


でも、今日はここのところ和楽器話が続いたので、私の周囲の西洋音楽家、しかも、遥か彼方の古楽やゴスペルのみなさんの現在、過去、未来のライブをご紹介!

こちら、codeMライブで最近お世話になる笹塚Blue-Tのアップライトピアノ。

01

Blue-Tにはピアノがグランド&アップライト4台もあって、試し弾きして選べる贅沢な状況!
こちらで、5/25に共演頂いたのが、リュート奏者:高本一郎さん。

03

この日、演奏しながら一音一音の響きへいつもより深く集中している自分に気付くことができました。それはリュートという繊細な楽器とだからこそ、もありますが、一郎さんが大切にされてることが、音を通して伝わってきて、その波動で自分の表現やレスポンスも変わった感じです。

その一郎さん、来月アルバムが出るタイミングで、都内で素晴らしい共演者の方々とコンサートを予定しています。私もどれかに伺いたい、と思っているんですが、癒される時間になること間違いなし!ですので、皆様も宜しければ是非。

04


そして、一郎さんを紹介してくれた康代社長とは別に、この方がよく共演されていたことも、私にとってはリュート&一郎さんへの興味を掻き立てたのです(笑)

誇れる同級生なオペラ演出家&カウンターテナーの彌勒忠史さん。


05with


今年は、おかやま国際音楽祭でも、ワークショップ&コンサートと共演いただくので、今月に入って作戦会議と称して、眺めのよい場所でランチミーティングなどを。

その彌勒さんは、留学時もその後の演奏活動(CD も伊から4枚リリース♬)、またフェッラーラ地方の親善活動を通じても、イタリアと縁が深い方。
先日の現地の地震で、ダメージを受けた世界的な遺産の修復を願って、本日イタリア文化会館(最寄り駅:九段下)で、チャリティコンサートを企画されています。

06

私もこのあとの予定で間に合うかどうか、、、ですが、前半は、彌勒さんの美しい歌声とハープの伴奏、さらには後半はトークを中心に、くじ引きでグルメ大国イタリアの食品なども当たるチャンスがある、彌勒さんらしい、来て下さる方への最大のおもてなし?を考えたコンサートなので、今夜ご興味とお時間許される方は、ぜひ!!


そして月曜は、2005年にやはり康代社長を介して知り合ったMarisaさんと、7年経って(!)初めてプライベートな食事会を。今年に入って、その康代社長のイベント、またお互いのコンサートを通じ、音や言葉で交流しています。

この日はまりささんお薦めのSpain Barへ。


08with

実は、まりささんのソロライブは、その前日。
つまり私からすると、怒濤の一日で2つの現場を終えて、なんとか2ndステージの2曲目に辿り着いたのが、目黒Blues Alley Japanでのステージでした。

07

、、私自身、なんでこんなに音楽に拘って生きてるのかしら?と自分でも不思議に、時に歯がゆくもどかしく?思う瞬間もあるわけですが、まりささんのMC、曲の歌詞、生きて来た背景、そして何よりも歌声を聞いてると、やはり私も、もう音楽以外チョイスできないな、と達観&楽観wしてしまいます。

ある意味、自分の可能性を限定することで見える事もあります。

また限定した中で、無限の広がりをみせることもあります。しなやかにたおやかに、その瞬間を音楽家として生きる事の大切さは、上記三人それぞれから教えてもらうところがあり、大切な同世代の音楽家の皆さんなのです。


そして、遅ればせながら、5/25のコンサートでは、誕生日が近かったので、お花を下さったファンの方、また地方に移動する関係で本番中、カフェの外にそっとお花を置いて下さった方がいらっしゃいました。

感激です。


遅くなりましたが、花瓶に挿したそのお花たち。


あの頃、ちょうど義母からも、庭先に咲いた花をお裾分けしてもらって、わが家は花々で彩られてました(今はまた主人の趣味:古典園芸な世界?に戻ってますw)

10flower


11


みなさんから頂く優しい気持ちも、音に拘る人生を突き進めるパワーになってます。


ココロ美しく、を心がけないと。

|

« codeM showフォトと感想 | トップページ | codeM Live Info(8-9月) »

08.アーティスト&HP紹介」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。