« lavi lavi アンダルシアの突風? | トップページ | 4月、尺八岩田さんDuoが終わり、 »

2013年4月 8日 (月)

code"M"Duo@ドイツ大使公邸

全てはここから?、でした。

01

そう、2009年11月、code"M"はドイツの企業、バイエル製薬(バイエルホールディングス)のパーティーにて、こんな素敵なステージをご用意頂きました。


02

この日、独日の企業の役職の方、政府要人の方も多く出席されているのは、なんとなくわかっておりましたが、、その中で、日本に赴任されたばかりの駐日ドイツ大使もいらしたそうなのです。


そして先週、大使公邸前、世界チャンプ岩田さん出現、に繋がります。

02_3


3年前のパーティー式次第をずっと保管し、『いつかは!と思っていたんだ』と教えて下さったシュタンツェル大使。

もう一度私達の和洋の演奏を聞きたいと、大使館職員の方を通じて、春のお花見コンサート出演のオファーを今回頂きました。


大使公邸のお庭には下記、ゲーテの詩が刻まれた鐘楼(事前打合せで私が広尾の街中に響き渡らせてしまった、、苦笑)などとともに、丁寧に手入れされた枝垂桜がcherryblossom

03

その目の前が全面ガラス張り、グランドピアノが置かれたリビング。

こちらに椅子が並べられ、4日夕方、コンサートは始まりました。


04

やはり、海外の方が半数以上でしょうか?

プログラムは、日本とドイツの童謡、ジャズ、クラシックのアレンジ、MAKIオリジナルのInspire Now!など。今回調べていてわかったんですが、日本の唱歌はドイツから来ているものが実に多く、ちょうちょ、ブンブンブン、こぎつね、など勝手に日本オリジナル?って思っていた曲が、ドイツがルーツでビックリ!


051

最初は慣れない英語MCからくる緊張感がありましたが(笑)、最近二人(Duo)の演奏も多く、時間の経過とともに、どんどん普段の私達らしく、というか、普段のコンサート以上にヒートアップ。

052

たくちゃんと用意し過ぎたかな?という曲数を終えても、海外の方の拍手は日本の方以上に、大きくて、長いsign03特に、SpainとInspire Nowに関しては、ほんとうにビックリするくらい長く、、note 嬉しくて、感激で、その拍手の中にしばし身を置いて、結果アンコールまで、しっかり演奏を。

ご来聴のみなさま、誠にありがとうございました。

そして、多くの皆さんから記念撮影を!と提案頂き、パシャリパシャリ。

062


06

063

上記のMAKI右隣の女性はやよいさん!
ロス在住のやよいさんがお仕事の関係でこの日ジャストに訪日されると知り、その運命?に甘え、成田到着から広尾まで来て頂き、当日のコンサートMCを英語で助けて頂きました。本当に私は幸せものですheart04
左は、私が大変お世話になる制作会社のお方で、これまた通訳などで助けていただき、、もちろん、codeMな萬治女史も現場で大活躍してくれてましたし、心強いサポートがあってこそ、の晴れ舞台でした。


そして上記右に写るのが、今回私達を探し出して下さったシュタンツェル大使!!!

本当に日本の風景、食物、人を愛していらっしゃる親日家で、日本語についても話せるだけでなく、お書きになることもできるし、さらには冗談も多く、大変陽気で親しみやすいお方でした。。。

これには、岩田さんも私も、アーティスト特有のすぐ仲良くなっちゃう病が進行し、気づけば楽しい写真ばかり、手元にhappy01


07with


07with2_2


07with3

お客様が全員解散となった後も、私達だけでしばし歓談の時をもうけてくださった、温かいお心遣い。

その際、大使から、今夜のプログラムでは、春の憂いによるアレンジ『さくらさくら』、自由なジャズワルツ『Inspire Now』がFavoriteだったと教えていただきましたhappy01

09

この公邸の至る所に飾られたお花は、台湾ご出身のメイファン夫人によるもの、と伺いました。本当に優しさがにじみ出ている方です。

台湾と日本の関係についても、私と主人の関係についても?、大使ご夫妻と少しお話を。貴重な語らいでした。(たくちゃんと大使は年齢の話?で盛り上がってました。笑)

10


最後に、上のフォトは、公邸内に飾られたセンスのよい置物達。

下のフォトは、このパーティー演奏を終え、我が家のリビング一角に誕生したミニドイツコーナーですw


11


さて、明後日に向け、気持ち集中してますよーーー。

なぜなら、これだけ素晴らしい経験をさせて頂いてから、日にち経っていないので、そのままのテンションで当日に繋げたいと思います。

みなさまと神楽坂でお会い出来る事、嬉しいです。


何度もcode"M"ライブに来てくださっているみなさま、本当にありがとうございます。

みなさんの愛に支えられているからこそ、私達にこういったチャンスがあるんだな〜と思う春です。

|

« lavi lavi アンダルシアの突風? | トップページ | 4月、尺八岩田さんDuoが終わり、 »

00.All live info 」カテゴリの記事

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。