« 自由の女神 と 自由な女神 | トップページ | 尺八 岩田さんと巡る春。 »

2013年4月 3日 (水)

陽気に誘われて☆

さて、もう少し3月のお話。

中旬あたりから一気に暖かくなって、春うらら〜な気分の私は、写真を集めてみれば、かなりアクティブに動いていたようです。


そう、この方のソロライブがございました。
-KIJI-ニイでございます。

1

ロックな熱い夜でございました。たくちゃん、しとみ(瞳)ほどではございませんが、かなり私も客席から叫び?ました(笑)一緒に聴きにいった明日佳ちゃんが証人でしょうか、、w


そして、こちらはがらりと変わって、ゆかしき能楽堂。東急セルリアンタワー地下です。

こちら蓮如の道を歩む会 会長として活動される大谷祥子さんの主催公演。

2

制作コーディネートをしている響和堂の映美さんにご案内頂き、久方ぶりにURANUSとしての中井さんと岩田さんの共演を堪能。

あの二人にしか出せない音場、しかと耳に焼きつけてまいりました。王子もたくちゃんもすごいね〜。


さて、エネルギーを持った20代前半、登場です。
学生さんでも活発で面白い動きをしている邦楽界の女子な、小牧さん。

こまきさんが、制作&代表を務める企画が、芸大内において、奏楽堂(芸大ホールです)学生企画に選ばれ、そちらを鑑賞に。
3_2

ギリシャ神話を題材に、設定が歌舞伎。音楽学部と美術学部の共同企画が選ばれたのは、このシリーズ初!だそうです。この数ヶ月本気で駆け巡って来た事が一瞬でオモテに出る数時間、またそれが終わった瞬間から始まるいろんな後処理。

3_3

ひとつ企画を立ち上げたら、どの角度からも始終一貫して発展&確認作業の連鎖で、心折れることもいろいろある中、本当に根気と熱意と開き直り?で熱い仲間達と行ったんだな〜と。すごいよ!こまきさん。

若い息吹、堪能しました。


さて、そういえば、別日ですが桜咲く前の上野(公園)も久しぶりにお散歩しました。


芸大お隣は、東京国立博物館(略してトーハク)。


4
そうこちらのお庭では、芸大時代に、茶会など催した事も。


古き良き想い出です。

そしてその茶道部でご一緒していた、能楽専攻の三輪万葉ちゃん。彼女を通じて、美術家のお姉様、華子さんと知り合い、彼女やお父様の展覧会など、よく鑑賞に。

今回はお父様の三輪休雪さん、三輪壽雪さんの展示を、ホテルオークラ隣の智美術館で3月末までやっているとご案内いただき、そちらを訪問。

5


初めて、三輪ちゃんのお父様の展示をみたのは、有楽町西武で行われていた卑弥呼展でしょうか。かなりインパクトがありました。


その後、その彼女の結婚式で、友人達と祝辞を述べにお父様に駆け寄った際も、「貴女のそのストッキングいいよね〜」と新婦父の発言とは、またひと味違った会話がなされ(笑)、本当にいつも素敵にぶっ飛んだ感性の作家さんだな〜と、生み出される作品に常に関心を抱く私です。

今回鑑賞した中では、「ラプソディ−」「女」などが私の脳裏に深く焼き付いています。


5_2

おじいさまの壽雪さんは、私から述べるなど恐れ多い、重要無形文化財「萩焼」保持者、つまり人間国宝でいらっしゃいましたが、昨年12月お亡くなりに、、。心よりご冥福を申し上げます。


また、そのネットワークが運んでくれた縁は、最近さらに広がりました。

茶道部に多かった芸術学科専攻の友人を通じて知り合ったさっちゃんこと、田中幸子さん。新たに創設された芸大大学院の映像研究科にも通い、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され審査員賞、オリジナル脚本『夏の旅』で第33回「城戸賞」を受賞した才女。

彼女が脚本を手掛けた、「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん」を鑑賞してきました。


6

これは、私世代の女性を中心に、幅広い世代の女性に観ていただきたいです!!
人生に勝ちも負けも、得も損もなくて、毎日を納得できるように生きてるだけで、女子力は向上してるってところでしょうか。。。

首都圏だと、今週も新宿ピカデリー、吉祥寺バウスシアター、川崎チネチッタで観れますので、みなさま是非ぜひ〜☆☆☆


さて、目から、耳からの保養だけでなく、3月はしっかりと舌でも美食を味わう機会が多くありました。

一緒にいて大笑いできる人たちとの食事は楽しいものです。

7


7_2

上の写真は、母が送ってくれた大きい苺です。手作りのいかなごのくぎ煮や野菜とともに愛情いっぱいの宅配便が届いたり、三陸牡蠣オーナーのまんじさんからも泣ける程甘い牡蠣をお裾分けしてもらったり、人と食にも恵まれた先月でした。

さてさて、4月も準備すること目白押し。


新年度、まい進します!ってお仲間に高らかに宣言しちゃったし(笑)、オネーサンがんばります。

|

« 自由の女神 と 自由な女神 | トップページ | 尺八 岩田さんと巡る春。 »

08.アーティスト&HP紹介」カテゴリの記事

09.芸術一夜」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。