« 美宇宙19end→codeM誕生月 | トップページ | 陽気に誘われて☆ »

2013年4月 2日 (火)

自由の女神 と 自由な女神

先月は、年度を締めくくってる感が個人的にとてもありました。

この1年の自分は、こういう方達と、こういう音楽と向き合ってきたんだな〜という感慨に近いもの。


さて、ご存知の方も多いかもしれません。


こちらお台場にそびえ立つ


「自由の女神」

00


そう、先月はお仕事でこのロケーションを眺める日も幾日かありました。

そして、こちら。

02mariko


和泉万里子さんと書いて、


「自由な女神」

と読みます(笑)


そう、こちらの公演でご一緒してました。

01

いや〜、みなさん。

「の」と「な」の違いは大きいですから!!


侮るなかれ(笑)関西パワー?!


1ポーズの自由の女神さんに比べ、
自由な女神さんは、リクエストがなくても、これだけの変幻自在ポーズ。

02mariko2


02mariko3


02mariko4


もちろん、全てご本人の許諾を頂いての掲載。


どうやら、ご自分の出番でない時は、私と瞳のノリノリ系伴奏にのって、舞台裏で踊ってたとか?!w


本当に和泉さんは、舞台でも裏でも、さらには楽屋でも!、目が離せないお方でしたw


こちらの共演者は、良いきこりの長谷川忍さん(本当に心の綺麗な、優しくて、透明感が声にのって運ばれる方、さらに勉強熱心!)、そして悪いきこりの大川博さん(舞台裏では寡黙で誠実な方、でも舞台にのれば素晴らしいパフォーマンス。きっと悪い人にしか見えなくてw、子供達も泣いちゃった?)そして、舞台裏でのポーズはまるっきり想像がつかない、水の精役の和泉さんでした。もちろん、オペラ歌手としても輝く未来が待っている方です☆

そして、伴奏を、ピアノMAKIとパーカッション相川瞳さんで。

毎日、瞳さんと
「楽しいね〜、みなさん素晴らしい声楽家&舞台人だね〜」といいながら、日々が過ぎました。


こんな風に、いつも素敵な現場へと導いてくれるのが、演出家であり、ご自身も声楽家である彌勒忠史さん。こちらが全員での記念フォト。

03_2


本番当日は、彌勒さんがレコーディングの為、渡伊しており、私達5人、彌勒さん指導の舞台力を発揮すべく、二期会スタッフのみなさん、ホール:コピス三芳の皆さん&現場スタッフのみなさん、いつも美味しいもの&手作りのものをたっくさん楽屋に用意して下さった制作会社ケイミックスの関さん達に支えて頂き、無事本番を終えました。


こちら舞台写真と、その後の記念撮影。


06_2


07


08


09


そして、あまりにも団結した舞台だったので、公演後しばらくして、再会=食事会とあいなりました。


579977_10200212624491068_360965353_


もう、話した内容はほとんど女子会、な感じでございました(笑)


次回は、彌勒さん、大川さんもまじえて!ぜひーと女子たちは希望しております。


そして最後にまじめ?なメッセージを。

この三芳町での公演は、アウトリーチに始まり、本番当日は直前にワークショップがあり、参加した子供達は、舞台装置である木に葉っぱをつけるという体験まで、できたのです。
さらにオペラの前には、あらすじを出演者の朗読によって、予習できる時間があったり、あぁ〜、いろんな町で行ってほしいな〜と思える、趣旨が明確な、子供達にぜひ味わってほしいプログラムでした!
イソップ寓話を元に、このような作曲を手掛けられた松井先生、素晴らしいです!
そして、その音楽に躍動感を与えている彌勒さんの演出も、スバラシイ!!(祝!平成24年度芸術選奨文部科学大臣新人賞)

この日の様子は、コピス三芳のブログにもあがってますので、ぜひご覧ください☆


3月2日の「金の斧、銀の斧」公演


ということで、その彌勒さんとは今月25日、神楽坂にて初のDuoで再会します。すでにリハーサル始まっていますが、みなさんの期待をある意味裏切る、この世代らしい?!プログラムです(笑)今夜の彌勒さんの近江楽堂の音楽獣プロジェクトも面白そう!です。

どうぞ同級生コンビの初Duo、お楽しみに。


4月25日公演ご案内はコチラ

Dsc_0794

ほんとうに、、しみじみ、素晴らしき舞台人の方と巡り会えている、ワタクシの音楽人生です。
自分の足りないところも、よくわかります(笑)
ということで、年度も変わったし、これからも己をちょっとずつでも磨いて参ります。

|

« 美宇宙19end→codeM誕生月 | トップページ | 陽気に誘われて☆ »

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。