« 玉野の凪(岡山公演二日め) | トップページ | 茨城(大子町へ)再訪問。 »

2013年11月 8日 (金)

茨城へ、稲敷市立桜川中学校

岡山から戻っての日々は東京中心ながら、この1ヶ月に3度!茨城県に伺える機会が訪れました。

その内2回は箏奏者、吉永真奈さんとのステージ。

日付変わっちゃいましたが、11/7(1107)はイイオンナの日とSNSでチラリ見て、なるほど!と。で、私にとって、真奈ちゃんはまさにイイオンナ!!

身体は細いけど、心は骨太?そして周囲への気遣いも人一倍。
以前のブログにも書いた通り、私の肉友?でもあります(笑)

10月最後の週の本番に向け、二人リハ。
9999_581490581912520_1924725459_n

お互い、15、16年前から知ってるのに、合わせをしたのは初!ということもあって、終了後、上記のテンション(笑)

で、私達の本番ステージはと申しますと、稲敷市立桜川中学校の文化祭ゲスト公演でした。

ほんと、真奈ちゃんとは私達の母校、東京藝術大学の足立区アウトリーチも合わせ、”現場は体育館だ〜”が続いてます(笑)そちらを紹介した記事は、7月末に一気に紹介

で、ですね。その名前美しい、桜川中学校ですが、校舎も最先端な試みを取り入れている感じの、本当にスタイリッシュな空間で。私達が撮影したのは、学校の廊下ですが、ご覧の通り。


1380252_623534264356127_1064162851_


生徒さんたちの教室もこのようにオープンスペース。
1

職員室も、ドアが二階にあってそこから階段を下りて一階。つまり空間としては吹き抜け?のような形で。さらに付け加えると、この桜川中学校には天体望遠鏡もあるのです。ほんと、オシャレ。


で、肝心の演奏曲は、真奈ちゃんオリジナルの”Rain”(この日も朝方雨でしたが、演奏する頃には止み、終演後は晴れました。私の今年晴れ女?継続中w)、
そして、桜川中学の名前にちなんで、桜がタイトルにつくPOPS、童謡シリーズ、私のオリジナルからは、この「乱/舞」を真奈ちゃんに一緒に演奏して頂きました^^

元々25絃箏用に書いた曲、しかもリハ時間あまり取れない中でのハードな変拍子系、、、これに挑んでくれた真奈ちゃんはスゴイ!です。そして感謝の気持ちいっぱい!

またいつか、二人で再演できるといいな〜と心から思いました♫


で、この日は真奈ちゃんが地元で教えている箏グループのお弟子さんたち(といっても、女性としては先輩に当る方々ばかり!)も出演!ヴィバルディの春をお箏で優雅にみなさん演奏されてました。《先日はおすまし系を掲載したので、今回はふざけた編?!で》
Abaff9ed04b640e5e796ae17de8ed58a


トータル1時間弱のステージでしたが、終わった後、会場の中学生からまさかの”アンコール”がかかり、真奈ちゃんと私、まだ組んだばかりのユニットゆえ、それほどレパートリーもなく(汗)、でもやはりアンコールは嬉しく、さくらさくらを即興系で。


で、なんだか思った以上に盛上がった本番も終わり、私は念願?!の吉永家へ。

そう、ここでは美しいカワセミや風景写真をブログに掲載されている真奈パパともいっぱいお話ができました。

そして、真奈ママは優しく天然キャラ?なお方で、公演に向かう車の中から1日中ものすごーく会話が弾み、初対面の方にここまで?ってくらいMAKIヒストリーを吉永邸では洗いざらいお話、いや、白状させられた(笑)楽しいTea Timeを過ごしました。

で、究極の癒しは、吉永家のアイドル犬、ランちゃん。

私は、断然!のイヌ派なので、もうランちゃんにメロメロでございました。


2


また会いたいな、という思いが、時間を置かずして叶えられる喜び!
2回めの、真奈ちゃんとの茨城本番までもあと少し。

いろんな意味でまたまた楽しみです。


|

« 玉野の凪(岡山公演二日め) | トップページ | 茨城(大子町へ)再訪問。 »

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。