« 茨城へ、稲敷市立桜川中学校 | トップページ | 元気の源は、 »

2013年11月 8日 (金)

茨城(大子町へ)再訪問。

先日の三連休最終日は二胡のシェンリンさん、アイリッシュハープの堀米綾さんとトリオ編成を組み、DJ LEMSさんとのコラボステージを袋田の滝!で有名な茨城県久慈郡大子町で再び行ってきました。


Lems

再びというのは、震災直後の2011年4月23日茨城県大子町にcodeMコンサート招致を頂いた際が初訪問でした。

当日のコンサート模様。
今でも客席の故郷熱唱を思い出して、心が熱くなります。

2010年アーティストLEMSさんからオファーを受け、codeMがリミックスしたsakura waltz

この出会いがきっかけで、私達はコンサート依頼を受けたのですが、当時はライフライン復旧もまだ整わない、精神的にも毎日余震が続く不安を抱える日々で、中止という選択肢も勿論ありました。

その中で町のみなさんが、町に元気を!明るい話題を、という思いでコンサート開催を最終的に決められ、私達は大子入りを。

高萩市で避難された方々にも、大子町側の計らいによるチャーターバス招待ツアーで音楽を届けることができました。当日もらったアンケート用紙は電話帳より厚かったです。。。泣き虫MAKIは当時アンケートを読んで、泣きじゃくり、そしてパワーを頂きました。あの日を経て、もっと音楽に真摯に向き合おう、という気持ちは強くなりました。


今回は、保内郷メディカルクリニック60周年記念パーティーで再びお声かけを頂きました!

メンバー打診に辺りLEMSさんから、この夏サウンドプロデュースしたOMEGAで共演のリンちゃんをぜひ、とのこと。そこに、私としたら、ハープ入りが面白いかも?と。

で、そのリンちゃん、綾ちゃんは、私自体はお二人との共演は重ねてますが、この二人は初めまして!の関係。
でも、なんでしょう、みなそれぞれ天然?(笑)で、力を抜いた曲も織り交ぜつつ用意していったので、程よく緩く絡まる調和的アンサンブル?だった気もします。


Photo


なので、終演後もほんわか?!3ショット。

Photo_2


そして、LEMSさんとは?ですが、本当に多才な方で、一言で説明しにくいですが、いろんなアーティストとコラボしながら、レーベルを立ち上げていたり(先日はDEE CHIKAさんのCD”にほんって”をプロデュース&リリース)、また料理のエキスパートで、週末、また季節限定のカフェレストラン(宮田邸)を立ち上げていたり、、
1_2


2_2


、、、実は今回の訪問で、私も宮田邸に伺い、実際にLEMSさんのお料理を食べましたが、これがまた美味しくて!!、みなさまが袋田の滝の観光に行かれるなら、ぜひぜひオススメなのです☆もちろん、CDもいろいろあって、和テイストがHiphopに絡んでいたり、今回のように童謡が新鮮なビートで聴けたり
良いですよ〜。(LEMSさんのプロデュースするZDW!?はコチラ

で、こちらcode"M"側のNew Infoとしては、MAKI、綾、リンちゃんという3ショット、いやそれ以上に女性6人が出演する華やかな!なステージを聴いて頂く機会が来月17日あります。

そう、これも今月ミソラと同じく火曜日!
火曜のセルフプロデュースが続くなんて、私(=codeM)にはかなり珍しいのです。

20131217codem_omote


20131217codem_ura01


場所は、ここ1年お馴染みな場所、神楽坂TheGLEE。
最近、この会場で、17日共演となるスヨンちゃんとは何度も打合せを重ねてます。
Photo_5

諸々楽しみです!


最後は、大子からの帰り道での一枚。


私は、川と山が同時に視界に飛び込んでくる景色が、何故か一番ほっとするのです。

さらには生まれて初めて、産卵を終えた鮭が川に何匹も横たわった光景を目の辺りにして、そこに集まる鳥の群れをみながら、自然界の中に身を置く自分を強く意識したりも、、。


Photo_7

やはり、自分の住む場所だけに、部屋の中だけにいても、頭デッカチ?になっちゃいますね。。。
これからも、いろんな自然や人に触れ、影響をお互いに受けながら、の人生を望む私であります。

大子町のみなさんへ、LEMSさんのご家族のみなさまへ、続くご縁に心から感謝して。

|

« 茨城へ、稲敷市立桜川中学校 | トップページ | 元気の源は、 »

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。