« 続•アリスレポとお肉パワー | トップページ | 1音楽家の呟き。 »

2014年7月18日 (金)

この夏1度のcodeM

MAKI、樋口泰世、相川瞳、女子三人が目指したのは、大塚グレコでした。


01_2


9日のライブ、この夏唯一のcodeMプロデュースだったので、力が入っておりました。

02_2

が、、目の前の大きな山に昇る毎日(=オケアレンジ三昧☆)に宣伝はそんな大々的に出来ておらず、、あ〜みなさんに聴いてもらえるかな、客席にお客さんいらっしゃるかな〜と心はドキドキしていたんですが、当日は満員御礼(涙)
沢山の方に聴いて頂けた事、心から嬉しく、舞台で表現できる喜びを今一度噛み締めた時間でした。

03_2

次に向かって、さらに楽しいコンサートを作り上げたい意欲を持つ事ができました。
ご来場頂いたみなさま、”今回行けないけれど、ご盛会を”とご丁寧にメッセージを下さった皆様も、
ほんとーにありがとうございました。

(この写真は、喜びを噛み締めて弾いてる私です。笑)
05maki

この日は珍しく瞳さんにはVibraphone曲を沢山お願いしました。
そして、トライアングル(小さな空で。)やカスタネット(カサブランカで。)といった小物もいろいろお願い。
04_2

さらには、瞳曲、キンムネオナガテリムクや、RE:などをDuoで共演させてもらったりも。


で、3年ぶりの東京codeMをご一緒してもらったやすよ=チェリスト樋口泰世さんには、ご本人リクエストの”プラチナの森”、私リクエストの”輪廻”と傾向の全く違うMAKIオリジナルの共演なども。

06_2


そして、スペシャルゲストに、”ひゃっほーーー!!ぽぅ〜〜”(このネタは日生アリスに来て頂いた方にはわかりますw)と来ていただいたカウンターテナー彌勒さんには、Ave Mariaや古都の宵桜、そして、この写真は、恐らく”翼をください”を熱唱頂いているところかと。

07_2


アンケートで、印象に残った曲で、この曲のみを書いてくださったお客さんも何人かいらして、自分で意図していた構成ながら、アンコール曲に持っていかれた感もあったりして、、(笑)でございました。


私の頭に、アリスコンサート”鳥”役の彌勒さんの存在があったのか、翼をください、に加え、瞳さんのオリジナル”キンムネオナガテリムク”、MAKIオリジナル”飛べないバタフライ”と、そちら系の曲が並んだコンサートでもありました。
ということで、最後のポーズは鳥(笑)

09

みなさんに、ずっと聞いて頂けているからこそのcodeM14年め、
音楽を続けて来れたからこそ、その先にあったオーケストラアレンジ本格?!デビューの夏を迎えました。

感謝しかありません。

|

« 続•アリスレポとお肉パワー | トップページ | 1音楽家の呟き。 »

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。