« codeM岡山_瞳さん7days | トップページ | 振り返りたくなった? »

2014年11月18日 (火)

codeM岡山_みなと音楽祭

昨年の瀬戸内国際芸術祭一環のコンサート、《Unaライブ》

これが私の地元of地元、玉野での初の一般公演でした。


その時のコンサートの盛り上がり?を評価頂き、ご縁を大切にしてくださった方々の提案で、みなと音楽祭出演に至りました。

ルネス公演、学校公演のメンバーが決定していく中、私がぜひ玉野にお誘いしたかった方。


それが、25絃箏の中井智弥さん!

01_3

2008年に玉野市役所で、
2008-2009岡山ルネスで、
2010大崎小学校で、来岡してもらった王子こと中井さん、
4年ぶり、岡山へ降臨shine


今回のみなと音楽祭《宇野港ものがたり》と題された公演、

一部が宇野港築造の様子を再現した狂言ステージ、二部が私たちcodeMステージ「海と港を巡る音の和」と題した構成でした。

02tamano_flyer_ura


この開催にむけて、細やかな下準備を重ねてくださったのが、玉野みなと芸術フェスタの斎藤さん(写真左)


03_2


一部の狂言も出演されてます。

それだけでなく、現在、玉野市にアートに携わる方がたくさん移住されてると聞きますが、そういう方々の招致や交流も率先されていて、街を文化で人で元気に、と盛り上げてくれてる方ですhappy01


そして、この一部《しおさい狂言会》の「宇野港ものがたり」では、私が場面に沿って、音付けという形でコラボも!
イントロとエンディングでは、実家の縁側を思い出しながら作った「午前二時の青い猫」も中井さんと演奏。

04_2


そしてこれが2部のステージ

05_2

06_3


中井さん、瞳さん、大変大変お世話になりました!

そしてこの公演では、
狂言出演の方には、なんと母の高校の同級生、また私の高校同級生のお父さんがいらしたり、
客席には、私の幼少をよく知る近所の方とか、小中高の友達が、家事や育児の間を縫って、やってきてくれました。

さらには、学校公演や創作ステージを一緒に作り上げてきた子供たちも!!

幸せなことです。

地元のみなさん、いつも台風の目みたいに地元にヒュルル〜〜〜と帰ってくる私を温かく迎えてくれて、ありがとうございますshineheart04


そして、長谷川楽器の田栗さんに音響を、ピアノ調律は6年信頼を置く安田さんにお願いでき、もう何も心配いらないストレスフリーな状態で舞台にたてたことも心から感謝です!


そんなみなさんたちとのショット、集合写真を。

07_2


08


09


10a


そして、玉野所縁!の私から、今各地のグルメイベントで注目されてる、玉野温玉めし(私が食べたのは、炒めたご飯に、温玉と穴子がのって、ネギや海苔がトッピングされたもの)も宣伝しておきますね☆(隣は牡蠣お好み焼)


10b


では、最後あらためて3ショット

11

あと、今回いかに中井ファンが多いか、あらためて実感しましたので、私からみなさんに中井単独フォトをプレゼント(笑)


12


で、最後の最後に、その中井さんが撮ってくれた私のベストアングルなショット?!も(笑)


13


1週間に3つ、全て納得いくステージにとの想いが強すぎて、空回りしたらどうしよーと若干危惧していましたが、たくさんの方に支えられて、反省はあれど、どれも心豊かな音の旅になりました。


玉野公演のアンケートも、もう間もなく私の元に届くみたいです。

少し時間が経ってから読ませていただくことも、振り返れてとても楽しみです。


あらためて、足元悪い中、ご来場いただいた地元玉野の皆様、ありがとうございました!


|

« codeM岡山_瞳さん7days | トップページ | 振り返りたくなった? »

05.live report」カテゴリの記事

09.芸術一夜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。