« 東京愛知岡山巡り。 | トップページ | codeM岡山_玉野 山田中 »

2014年11月16日 (日)

codeM岡山_感謝

先週は、故郷、岡山を巡りました。

3公演、約1週間、下記アーティストのみなさまに共演頂きました。
01_2

エアリアル(空中パフォーマンス):HiROKOさん
ベリーダンス:Yasmeenさん
尺八:岩田卓也さん
津軽三味線:-KIJI-さん
25絃箏:中井智弥さん
パーカッション:相川瞳さん
サクソフォン:江川良子さん

そしてプロデュース&作編曲&ピアノは、私MAKI

お祭り好きな私の性格ゆえ?、3公演とも曲目もメンバー構成も、公演のカラー(キャラクター)もガラっと変えての開催。
準備、、、なかなか、わっしょいわっしょい!?な量でした(苦笑)
でも、その分達成感はひとしお。。。


この3公演の開催により、各地でお世話になったみなさま、公演に足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

みなさんの笑顔に包まれて公演を終え、今週は東京に戻り、さくさくと事務作業やら、未来への準備ができていますpaper

もちろん、睡眠もちゃんととれてますo(*^▽^*)o


ということで、ここからしばし賑やかだった岡山1週間のご報告ブログにお付き合いください⭐️


〜〜〜〜

岡山入りの日は、まさに”これぞ、晴れの国!岡山”という秋晴れ。

02_2


嬉しくて、叫びたくなるほど(笑)!


そして、この賑々しい隣人(=me)を道路向かいのワンちゃんも出迎えてくれ^^


03_2


振り返ればcodeMの岡山公演1年目は、2008年。もう6年も前となります。

でも、この時、当時実行委員長だった佐々木先生に出会わなければ、私がここまで連続して挑戦を続けるなんて、無茶な?やんちゃな?行為を続ける気力はなかったとおもいます。


04_2


私に活力をくれた、岡山が誇るスーパー女史、佐々木先生に感謝。

また先生だけでなく、たっくさんのスタミナと愛がてんこ盛りの女性のみなさん、また口数は少なく、じっくりと支えてくださった男性のみなさん、そんな方々がいて開催できた岡山公演でした。


さらには、地元といえど、東京に住む私、メディアでたくさん取り上げてくださったことは、大変心強く励まされることでした!

山陽新聞での掲載。

05_2


06


こちらは、毎年出演の機会をいただくFMおかやまで、フレッシュモーニングのパーソナリティー森田恵子さんと。

07

この番組ディレクターさんと森田さんが、選んでくれるcodeMナンバー&話題は、いつも、あーそれ切り出しですか&勿体ないw持ち上げられ方、という匠!の構成で、感謝深く。。


レディオモモでは、上別府千晶さんと!


08

上別府さんとは、数年ぶりながら、細やかにMAKI歴史?を拾ってくださって、お世話になりました!

上記森田さんとは誕生日が同じ、上別府さんとは高校が同じ、と、いずれもお世話になって以降に知ったんですが、こういうご縁も嬉しく!!です。


そして、こちらもお世話になる快活なRSKのディレクターさん!!

09

アレスケとの3ショット。毎年ルネスにも聴きにきてくださってて、嬉しい限りです!


そして、こちらは”すし亀”の若大将。

10

数年前の打ち上げでこちらのお店にお世話になってから、久しぶりに来店したところ、大将は去年引退され、息子さんである若大将が継いでいらっしゃるとのこと。

このお店に岡山初日訪れて、”帰ってきたーーーーーー”感が一挙にこみあげてきた私です。


そして愛をいただいたのは地元の方ばかりではありません!!

codeM公演に、鳥取、香川、熊本、など各地からやってきてくださった方々、また激励のメールや花束をくださったみなさま、、、そういう泉のように湧き出るたくさんの愛を頂戴しました。

11


数年前の私は、感謝募れど、己の疲労激しくて、心身のバランス悪い中での終演後しばらく、でしたが、今回はすこぶる元気で、みなさんに心からお礼の気持ちを発信できる、発信したい状態です。


そんな公演後を過ごせていることにも、感謝です。


時期を決めず、ここに帰ろう、と思ったことが叶った2014秋でした。


ルネス、そして、岡山に音楽とともに再び戻れたことに感謝して。

12


|

« 東京愛知岡山巡り。 | トップページ | codeM岡山_玉野 山田中 »

05.live report」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。