« codeM岡山_みなと音楽祭 | トップページ | ”不思議の国”で再会♡ »

2014年11月21日 (金)

振り返りたくなった?

今週はじめ、岡山レポを一気に上げましたが、

1日ずつ濃厚に、
季節が確実に進んでいるのを感じながら、
この1週間、東京狭しと動いていた私です。

昨年に続き、今週末まで、東日本大震災の復興支援(=復幸支縁)の事業を行われている両国の回向院へ。

01_3

今年は漫画家による仏の世界展や、日生劇場”アリスのクラシックコンサート”でご一緒した金子あいさんの方丈記と震災詩の朗読を鑑賞。


02_2


震災から何年経っても消えることない、心に内在する苦しみ、悲しみを背負い、それでも前を向いて生きる方たちと繋がろう、共存しよう、と行動を率先して起こす(継続する)人たち、周囲に、全国に、たくさんいらっしゃいます。尊敬する方ばかりです。
繋がっていること、これは私にとっても生きるパワーです。

タンバリン奏者の田島さんは、人生に楽しい、面白いと思えることを見つけて、それに没頭する、その結果が、生きていることに繋がってる、とも書かれてました。

私も共感します。

楽しい=辛いことがない、ではないと思います。


楽しいと思えることを追求するだけで人生は成り立たないわけで、楽しい時間を確保するために、費やす毎日もあり、たとえ楽しいと思って始めたことでも、挫折もあれば、摩擦、限界、アクシデント、と順風満帆とは程遠い出来事が繰り返しやってくるわけで、それでも、人は楽しさを見つけようとする姿勢を生涯において迫られます。

そして一方で、自分を限界な状態まで追いやってしまうと、周囲に負担、心配をかけ、その人たちの人生の喜びを奪ってしまう側面も。

年齢を重ねるにつけ、周囲の大切な人たちに負荷がかからないよう、心の状態を整えておく(=朗らかな)気持ちも養わねば、バランス崩しますよね。。

なかなか、言うは易し、行うは、、ですが(苦笑)

精神論書き上げちゃってますが、年の瀬近づくこの頃なので、そんな気分に。

私の場合は、音楽を通じて、が、もっぱらにはなりますが、いろんな方の笑顔に出会え、再会でき、温かい言葉を頂いたり、心の交流ができたりの2014でした。

また今週は、春〜夏どっぷり浸ったオケ作編曲生活の出口、日生劇場に再び足を運び、オペラ《アイナダマール》を鑑賞。


03


演出の粟国さんはじめ、アリスでお世話になった照明、舞台など素晴らしいプロダクションの皆さんの才能が結集されていた圧巻の舞台を堪能しました。

あらためて、こういう方々とご一緒できた時間、学校の授業の数百倍?という代え難い財産です。経験は現場で積む、こういう人生を送れてること、感謝です!
なんでも、一流のものに触れると、もっと本物になりたい!という貪欲な気持ちになりますものね。来年のVision立てつつ、前進を☆

こちら少し時期はさかのぼりますが、
主人がこの6〜7年、磨いている趣味の世界、その諸先輩方の展覧会もこの秋は鑑賞。こちらも1年で数センチ伸びるかどうかの植物たちへ、まさに“愛情”あってこそ、の作品です。


04_2


手をかける、愛情をかけた毎日に心の豊かさを感じたのは、まだ他にも。
codeMツアーでの制作まんじ女史 愛情ブック“旅のしおり”


05


この“しおり”という存在を作ってくれるだけでメンバー一同、頭が下がるのに、どこで見つけてきたんだ??(笑)という、岡山県内のキャラクターたちラッシュ!ほんと、しおり一つにも“楽しさ”注入。読む方は“楽しみ“探し。


06


07


08


それが日々を豊かにしてるんだな〜と。


最後はおまけ?気味ですが、私が疎かにしがちな(反省)家庭、にも手をかけなきゃってことで。
良き“きんき”が手に入った時、煮付けに。

10

素材と素材をどう掛け合わせようか、新たなスパイス配合してみようか(嫌がられるか?)、冷蔵庫に現在何が残ってるか(笑)、出来合いのものなら、どんなお皿に美しく盛るか、まで、料理も手のかけ方、次第ですよね。。手をかけようって気持ちが大事と思い込んで(逃げ込んでw)、こちらも出来るペースで。

最後は東京湾の一枚。

11


初の共演、予期せぬお客さんの反応含め、こちらも人生を楽しめた1日になりました。この場を与えてくれた支えてくれた方あってこそ。
こちらの報告はまたあらためて!

ではでは、今日は特に長くなりましたが、この辺で。


|

« codeM岡山_みなと音楽祭 | トップページ | ”不思議の国”で再会♡ »

09.芸術一夜」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。