« 10月のCID-UNESCO&12月LIVE | トップページ | こんな筈じゃ(笑) »

2014年12月14日 (日)

12月 Right to vote (衆院選)

今日は選挙日ですね。
舞台仲間でもステージラッシュの中、すでに期日前投票を完了した人は沢山!

みなさん、選挙に興味はありますか?
興味がなければ、行かない、時間が無駄、という選択肢になりますか?


世界のみなさんから、“選挙に行こう”キャンペーン動画が上がっているのをご存知ですか?
(Yasmeenさんに教えてもらいました)
コチラです!


私は、比較的自由な生き方をしてますが、投票pencilには昔から熱心で、権利と義務だ!という意識も年々強く^^

FB上の引用ですが、

“投票に行く自由もいかない自由もあるかもしれないけど、自由や平和ってのは、空気のように地球に存在するもんじゃなく、歴史と犠牲から必死に作られてきたもの“と。
おっしゃる通りだと。選挙権を獲得するために人生を命をかけてくれた人々に感謝します。


この暮れ迫る時期、急に決められた衆院選、私が判断し、憂いているテーマは他でもない、

・集団的自衛権の行使容認
・特定秘密保護法案の施行(2014.12.10〜)


この二点ですbell

私は戦争という行為に、一切の正当化も認めたくありません。

“戦争を終わらせた世代”“戦争を二度と起こさせなかった世代”

として自負し、次の世代に受け渡したい。


美輪明宏さんの記事bookに目を通された方、いらっしゃいますか?

子供からもしも“暴力団に入りたい”“戦争の場に赴きたい”と言われ、子供の意を汲んで送り出せるお母さん、いない、ですよね。

ましてや、一方的に国から“あなたのお子さんに特定期間訓練を積んで、戦地に行ってもらいます”と言われる日がきた時、承諾できますか?

、、、上記、平和浸透する今の日本で、すごく非現実的な空論のようですが、でも今までにない憲法の解釈変更や、国がマスコミや個人に規制をかけやすい法案が通過するなど、やはり憂います。日本はどこに向かうのかな?って。


今の香港もそうですし、誰もが普通に願う平和的な歩みに突然圧力がかかることも。
それに対し、声高々に叫ばなければいけない暗闇の状況が迫っているなら、、

自分の1票に託すsign03

それが私の小さいながら大切な大切な意思表示ですgood

香港、アジア、世界で公平な選挙、民主主義を願って活動するパワフルな人たちを思えば、近所の投票所に出向く30分は容易いことです。


そして、私たちよりもっと長くこの国で暮らすことになる子供達に、投票権はありませんbearing

私がもし今10歳の男の子denimなら
戦争がない国にするにはどうすれば良いか、または戦争がない国に移住したい、と真剣に考えてるかもしれませんし、


私が10歳の女の子ribbonなら
好きな男の子が戦争に行かないよう、その彼にとにかく日本から離れて、と手紙を送っているかも。。(何せ、Manjyushakaの世界観を持っていた憂う小学生ですから。苦笑)


でも、その子達の不安心配、意思表示が反映されない中、大人となって手に入れた権利と義務は果たすべき、と。
また、日本に魅了され、長年住み続けている方の中にも、国籍が違うため、投票権がない方もいらっしゃいます。

そういう方が書いていた投稿。
notenotenote(この海外の方、きっと地方にお住いなんですね。方言お上手)
選挙権って、確かに選択肢だけれども、嫌いになったら他所を選ぶという単純な問題ではないと思う。
どこにも入れん、っていうふざけた項目まで出来てしまった日には「平和よのう〜」と呆れるばかり。
あのね、結局は議員になった人たちと、国民の距離が遠すぎると思うんよ。当選した議員の事務所に遠慮なく、自分の悩み、地域の問題提起、なんでも良い。。。
全てを訴えて行ける場所じゃないと、何の為にその人があなたを代表しているかわからんでしょ?それが民主主義なんじゃないの?

< 全国的には、良い与党である為には強い野党も必要 >
勝ち負けじゃなくて、自分が「代表して欲しい」党に票を入れて、もしも自分の地域でその党が代表にならんでも、少なくとも「代表」になった人に意見が言える様にせん?投票したんなら出来る筈。
notenotenote


これまた、おっしゃる通りだとおもいます。


投票率が低いと、一部の興味ある方を取り込むことで収まる政治も、たくさんの有権者が参加すれば、最高の理想を追求し、だれもが納得する結果をより真剣に導かないといけないプレッシャーへ変わります。

行きましょ。選挙paper

香港からのメッセージ、ご覧になってください。

Neverで書かれてる通りです。

投票の意味について考えさせられます。

これだけ大勢のひとが集まり民主主義を叫ぶ「選挙権」って、私たちの祖先が勝ち取ってくれたものgood

学校公演をめぐり、子供達に未来がある平和な日本だからこそ、私たちはこの場に音楽を届けに来れていると毎回おもいます。また聴いてくれてるみんなも、それぞれに将来の夢を描く年頃。

今年パレスチナで起こった悲劇のように、それを一瞬にして奪ってしまう非道な世の中にしないために、自分の1票使ってきます。


私のライブにファンの方がお友達や会社の方、家族を誘って来てくださる時、“とにかくいいから、一度行ってみよう〜と声かけたんです”と言ってくださることがあります。
その言葉にどれだけ勇気付けられ、事実、自分たちの音楽を知ってもらうきっかけとなったことか。
本当にありがたいことです。

そんな行為を皆さんに日頃してもらってる私から、こんな間際ですが “行きましょ、選挙”とお声がけすることで、もし一人でも、やっぱり行っておこうか、と思ってもらえるなら、と今回、前向きにブログ投稿。

長い長い文書、最後まで読んでくださって、ありがとうございましたhappy01

|

« 10月のCID-UNESCO&12月LIVE | トップページ | こんな筈じゃ(笑) »

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。