« 紫炎〜艶〜10年愛&ビタミンC | トップページ | レコーディング月間 »

2015年2月18日 (水)

code"M"というBOX


Mini_misora25_flyer_omote


code”M”という箱を、自分に与えて、そろそろ15年になります。

もちろん、最初は何も入ってません、空っぽです(笑)

その箱に何を入れたかったか、 それはもちろん!自分の作る曲です。

大学(作曲)を卒業したからといって、聞いていただける場や媒体がすぐにあるほど、世の中甘くなく。。。

今の学生さんは当てはまらないかも?ですが、当時、東大の卒業式は残業式、フリーランスとなる学生も多い芸大卒業式は、“失業式”と自虐的にいうと先輩から聞いたこともあります。

そんな中でも、少しずつ縁や機会に恵まれ、アシスタントで誘ってもらえた現場でミュージカルや劇判音楽の工程を垣間見、音は全て現場叩き上げで吸収でき、同時に母校の音響研究室助手としても勤務し、なんと天皇皇后両陛下がホールにいらしたときに、リモートカメラのスイッチをコントロールしたり(手が震えました!)、ヨーヨーマさんにピンマイクをさしたのも私。。。みたいな貴重すぎる経験を数多くさせてもらいました。また並行して、自分自身指名での作曲依頼もポツポツと。

それでも、一同に自分の曲を集めて披露するなんて、大作曲家であるとか、日本中で全世界でヒットしたアニメや映画のサウンド集でも作ってない限り開催できず、20代の無名の作曲家は、はてどうしたものか、と。

で、そう考えて、自分でその場を作ろうって思うのが、みなさんご存知の私の性格(笑)

また、芸大入学以降、しばらく作曲の勉強に専念した私ながら、やはり自分の曲は自分で弾きたい!とピアノの在る生活に戻りました。


けれど、そんなに勇んで立上げた音楽集団“codeM”も、最初の数年は年に1、2回の自主公演のみ。

しかもご存知のように、心が浄化する音楽をつくりたい、ムラムラとする情念の曲を、遊びあふれる曲を、激しく熱い変拍子を、とお届けしたい曲も、テンデバラバラ(苦笑)で、それごとに演奏したい方、お願いしたい楽器もいろいろあるので、結局code”M”って何なの?という質問の嵐。(確かに今もそうですよね。笑)

でも、サウンドプロデューサーとしての私が、仕掛ける変幻自在、特に和洋を中心とした音楽集団がcode”M”だと少しずつ認識され、関心を寄せてもらえるようになって、
2004年頃から、企業や国際的なイベントのステージ依頼が増え、
さらに各地域の音楽祭や学校公演で、より広範囲、多くの方に音楽を届けられるようになりました。

この数年アップを怠ってますが、こちらに今まで呼んでいただいた公演なども。
リストはコチラ

また、2007年のファーストアルバムリリースを皮切りに、
多ジャンルを網羅したCDが複数枚、流通し、
たくさんの方に手にとって
いただき、自宅でも楽しんでいただけるようにも。

この間綴ったように、今も時空を超えて、和楽〜華の乱〜の1曲、紫炎が今も毎日誰かの元でDLされてるようです(まだブーム?はおさまってないようです。嬉)

ということで、まだまだ、道半ばではありますが、最初のライブからちょうど15年となるこの日に、ライブをしないわけにはいきません。


愛おしいミソラ、です。


今日14時からcode”M”予約が始まります。
090-2904-0089
reserveU@codem.info

みなさん、心よりおまちしています!

Mini_misora25_flyer_ura

|

« 紫炎〜艶〜10年愛&ビタミンC | トップページ | レコーディング月間 »

00.All live info 」カテゴリの記事

01.series“美宇宙」カテゴリの記事

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。