« code"M"というBOX | トップページ | 速報、春ツアー »

2015年2月24日 (火)

レコーディング月間

なかなか濃い今月。


月半分がCD制作関連で埋まっていることで、他の予定も慌ただしくなっているかも?


設立100周年を迎える修道院の依頼で、賛美歌CD、
構成&アレンジを私が担い、演奏はcodeM BlueZoneメンバー中心に、素晴らしい女性奏者のみんなにお世話になってます。

今日は先ほど東京タワー近くでシスター達の清らかな音を録音終了!


Photo

平和とは何か、

を、あらためて問われる時代に、期せずして、昨夏のタイミングで依頼を受け、それ以来修道院での音楽稽古に始まり、合計11曲の音、音楽と向きあって制作してました。

レコーディングを終え、かなり遅い時間になりましたが、合唱指導&演奏でお世話になってる海野美栄さんと、その海野さんが指導する合唱団出身の大学生、幸ちゃんとご飯を食べて、ちょっと中間打ち上げのような気分でもhappy01

ここまで、
ハープは近石瑠璃さんに、
チェロは樋口泰世さんに、
フルートは小池郁江さんに、
サックスは江川良子さんに、
バイオリンはYuiさんに、


Image2

と、信頼のメンバーに依頼し、豊かな音を頂戴してます。

本当に音でいう贅沢の限りを尽くさせてもらい、しあわせな録音三昧!!!

また、今回初のお仕事となった海野さんには、歌、指導に加え、本当に細やかなことまで気を遣ってくださって、、そのお人柄にほだされてます。

たとえば、自分がつい音に一心不乱に集中してる時、違う観点からみなさんにアドバイスを送ってくれたり、お菓子を配ってくださったり、、、そうして場が明るくなり、みなさんも伸び伸びとした歌声になり^^


そして、なんといっても、この賛美歌集を歌うために集まった精鋭なる6名のシスターたちの丁寧な準備の時間、言葉に託した祈り、歌への愛情をまざまざと感じ、

さらには、その歌姫!たちを支えるマネージャー的?立ち位置であり、企画者でもあるシスター清水さんの献身的&積極的な姿勢にも深く感銘を受けて、私も、必ず良き音の出口へ!と意気込む数ヶ月でした。

Image3

上記、下の写真は、先日レコーディング前のリラックスと場慣れ?のため、修道院内で行った発表会の集合写真。この演奏のために、良子さん、泰世も来てくれました♫
(上記の写真、上半分はまだちゃんとご報告できてない新潟公演レポも兼ねてますが、打楽器、相川瞳さんにもこの後、お世話になる予定です!)

来月中旬には業者さんへマスター入稿となるので、そこまで集中して頑張っていきたいと思います。


出来上がったら、このブログでもご紹介させていただきますね。


さて、今夜ここからはまた、違う企画のアレンジにとりかかります。


ほんと、書いても書いても終わらない2月。。


ありがたいやら、自分の筆の遅さを嘆くやら、です。

|

« code"M"というBOX | トップページ | 速報、春ツアー »

07.創作&リハ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。