« 上尾歌声広場と私のお気に入り | トップページ | 優しいシスターの祈りの声 »

2015年6月21日 (日)

往年の歌謡曲、受注の謎

昨日は大切な人たちとゆっくり、楽しくご飯を食べ、穏やかな時間が持てました。

そして、なかなか珍しい日でも。

頂いた電話、メールが全て愛知県絡み! 

、、これは、ちょっとビックリ。

来月、この秋、そして来年の春と、3つ。

時期も内容も全く違うんですが、私、愛知に向かいます!


、、故郷の岡山は格別ですが、ライブなどで頻繁に訪れるようになった愛知、高知などにも特別の感情があります。縁ある土地を浮かべると、同時に会いたいな〜と思う方の顔も、たくさん浮かびます!幸せですね。。

さて、先週のレポを。

URANUS10周年コンサート会場、銀座の王子ホールでのロングラン公演。

”めざましクラシックス”

この72回を数える回に、久し振りにアレンジャーで参戦。
(実は15年前にも2〜3度!懐かしい現場でしたhappy01


Photo


11393021_717128235062785_8645257512

フジテレビアナウンサーの軽部さんと、バイオリニスト高嶋ちさ子さんの軽妙なトーク、
わかりやすく、聴きごたえ抜群のクラシックで人気のこのシリーズ、

今回の主役は軽部さんと、松本蘭さん。
美しく、音もダイナミックで華やかな方でした!


このコンサートにお声がけくださったのが、エレクトーン奏者の清水のりこさん。


何十人ものオーケストラが奏するオペラの曲を、エレクトーン一台で表現に挑み、素晴らしい世界を作り上げる、尋常ではない!偉人なのりこさん💕


Img_3577


今回も、プッチーニ、チャイコフスキー、ドビュッシーなどの名曲を見事に蘭さんと雄奏!

で、今回、なんと歌謡曲演奏も同時に依頼され、、その演奏スタイル(編曲含め)に悩まれ、
あっ、オールマイティー?(そうなのかしら?笑)なMAKIさんにお願いを、と思ってくださったそう。


私がアレンジしたのは、
テレサテンさんの愛人を筆頭に、
他人の関係、恋におちて、天城越え、マンハッタンキスなど、
70〜90年代の往年!のJ-POP

時にクラシック的な要素を入れ、
情念に迫るフレーズを練り込み、
たまに教会天上からのイメージを音に託しましたが、
蘭さんとのりこさんが、素晴らしいセンスで表現してくださって、感謝感謝でした。

また軽部さんの歌われた”愛人”も、身振り手振りつきで、
お客さんの笑いもとってらっしゃいました!さすがです!


ブルボンさんからのお菓子提供もあるこのコンサート、
プログラム中身も最高に充実、また特典も満載で人気なのが1観客としても頷けます。
プロデュースという上でも、大変勉強になりましたっ!


そして、往年の歌謡曲、

私もジャスト世代、というより、なんとなく幼少〜思春期、懐かしの歌謡曲!などで耳にしたかな?という世代なんですが、別件&全く違うルートで、あの名曲!に関わらせてもらうことに。


需要と供給。


私に、歌謡曲アレンジの需要があること、本人は驚いてるんですが(笑)、指名いただくことはやりがいあるし、何よりも音に携わる現場は、私が私でいられる生息領域なので、引き続きがんばります。

|

« 上尾歌声広場と私のお気に入り | トップページ | 優しいシスターの祈りの声 »

05.live report」カテゴリの記事

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。