« 師走 後日談_JAZZ1 | トップページ | 師走 後日談_JAZZ3(ウルフ) »

2016年1月16日 (土)

師走 後日談_JAZZ2

01

こちらは、左から、ワタクシMAKI、JAZZピアニストのジェイコブ・コーラーさん、二胡奏者の沈琳さん、です。

一つ前ブログで書いた通り、なぜか、ジャズの人ではない私が、JAZZとクリスマスをテーマに、コンサートとトークのステージを任された昨年の師走。

その六本木ミッドタウンステージから、一夜明け、翌日は横浜で琳ちゃんから依頼を受けたステージに登場。

この本番、私にとっては10日前に突如決定したもの!!!


それもそのはず、琳ちゃんの共演者さんは、真ん中に写るJAZZピアニスト、ジェイコブ・コーラーさんの予定でした。

テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」の「ピアノ王No.1決定戦」で優勝されていて、ご存知の方も多いのでは?と思います。

そのジェイコブさんが思わぬアクシデントに襲われ、右手を負傷されたのが、この本番2週間前。
ただコンサート開催は決定しており、琳ちゃんから、依頼を受け、急遽ピンチヒッターで私が共演させていただくことに。


今までやってきた曲、また新たな曲を、二人で時間を作り、リハも行いましたが、ジェイコブさんのジャズピアノを期待されてる方は、どんな曲を喜ばれるんだろうな〜とさらに考えたりも、、。

ということで、いつも以上に幅広いジャンルからチョイスして、叙情的なものもあれば、即興性高いものまでを二人で演奏。


後半最初は、ジェイコブさんもソロ(独奏)として登場。
なんと負傷した右手をお休みして、左手だけ!で、美しい演奏を披露され、
もう一曲は、White Christmasを、琳ちゃんの二胡とジェイコブさんの左手でアンサンブル!!

上記演奏は、一音一音がピアノへの愛に溢れていて、舞台袖で、じ〜んと聞き入っておりました。。

ジェイコブさんの音楽への情熱、お客様への感謝の姿勢に心打たれました。音楽って素晴らしい!!!

そんなジェイコブさんに、本番直前のリハを聞いた後に、

「ソロだけの登場じゃもったいないです!!お客様ももっと聞きたいと思われるだろうから、ぜひもう一曲!3人でセッションしませんか?」
と持ちかけてみた、いつもながら、思いついたら即提案!のMAKIです^^


で、嬉しくも提案受諾いただき、
アンコールでは琳ちゃんの曲を、二胡とピアノで演奏始め、

その途中、即興部分になって、琳ちゃんが突然マイクで紹介して、ジェイコブさんが舞台袖から颯爽と登場!!!

ピアノは、贅沢に!!!三つの手、15本の指に。(私の右手&左手で伴奏し、ジェイコブさんの左手がメロ=即興をする)

これはですね、、、、この一夜限りの3連弾はですね、私にとってものすごく楽しく興奮の瞬間でした。

だって、私が弾いてる隣で、楽しそうにジャズピアニストのジェイコブさんが、刺激的な即興を繰り広げてるんですよ!!しかも左手で!!!

そこに私も割って入って、、と、これぞ音のセッション。音の会話。


ということで、そのハートフルな本番を終えて、みんなでハートを作って記念撮影!!!


12314319_696178260518215_2204880244


こちらに写る方々が、山田さんを始めとする都筑軽音会のみなみなさま。
初めて伺った私にも、気持ち良く本番で演奏できるように諸々整えてくださって、本当にありがとうございました。

音楽が好き!で、音楽を奏でる人たちを応援する気持ちに溢れてる方が、その街を盛り上げてるって理想ですよね。都筑区、羨ましいです!


で、私はその興奮冷めやらぬ体で、琳ちゃんと美味しい焼き鳥!を少々突いた後、横浜から水戸へと、なかなかの小旅行距離を移動。


03

その翌日から、3日連続の午前学校公演に備えての現地入りでした。


そして、その3日間は、どの日も東京で、季節らしく、忘年会、本番もあり、水戸とお江戸を往復。たまに、東京西部の自宅にも、衣装や楽譜を取りに帰りつつ、水戸暮らしが完了した日には、自宅経由で、岡山へ飛びました。


そうです、毎年お世話になる素敵な女性二人が、私の登場を待ってくださってたのです。

FMおかやま、フレッシュモーニングのパーソナリティーの森田さん、そしてディレクターの入野さんです。

04fm

昨年暮れに発売となった、美宇宙の響宴CDと、祈りのクリスマスCDの宣伝で番組に出演したんですが、

FM局なのに、毎年、なぜか、MAKIさんの衣装チェック!!!コーナーがありまして(笑)、私も気合い入れて、出演を。

ということで、今年は、魔女っ子MAKI、Xmas仕様で登場、というお題を自分で作った次第です。

05fm2


今振り返っても、急に決まったことが立て続けに、そしてタイトなスケジュールで、距離移動も半端なかった12月前半ですが、やり遂げれた安堵感に包まれ、またかけがえのない出会いや、人の誠意や、音楽への情熱に、じわじわ感動する日々だったので、貴重な経験を積ませてもらい、皆さんにただただ感謝です!

強さとは何か、によるでしょうが、昨年を経て、今年の私は少々のことで気持ちヘコタレナイ、緊急にも対応できるタフさは身についてきたような。
(体力はさほど自信なし。苦笑。岡山から東京に戻って、しばらくは睡眠過多でようやく回復coldsweats01

いや〜、人生日々修行、鍛えられます。


|

« 師走 後日談_JAZZ1 | トップページ | 師走 後日談_JAZZ3(ウルフ) »

05.live report」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。