« 彌勒忠史&中村健吾&me | トップページ | 美宇宙の響宴リハ、1回目 »

2016年2月29日 (月)

日経スペシャル 招待席

エレクトーン奏者 清水のりこさんと、私と一枚に写って頂いたのは、来月、中村雀右衛門を襲名される、歌舞伎役者、中村芝雀さんですhappy01

01

彌勒さん、健吾さんとのステージ翌々日は、テレビ東京での収録が控えていました。

こちら、台本。

02

3/13(日) 14:00-15:30 BS ジャパンにて、日経スペシャル 招待席という番組が放映されます。

その1部のコーナーで、芝雀さんが1人で踊られる”切支丹道成寺”という約50〜60年前の原曲を、のりこさんのエレクトーン1台用に、私がかなり大胆に?!アレンジ(MAKI節、多数。笑)いたしました。


番組MCは、観月ありさんさん。
噂に違わぬ8頭身!、現場で笑顔を絶やすことのない、美しい方でした。

03


ほんと、2月はいろんな意味で濃密な1ヶ月でしたが、最も頻繁にお会いし、お互いの極限を見せ合いながらも、良いもの作ろうと同志の関係で接していたのが、のりこさんでした!

04


実は、私の母と、同じ名前でもあり、それだけで親しみを覚えるところですが、のりこさんの演奏への才能、情熱は素晴らしく、本当にいつも周囲に気を配られる姿勢から、見習うべきものは多々でした!

収録当日にも、多くのスタッフに、こういった差し入れ(チョコ)をメモを添えてくださる、素敵な女性です。
05

この日は、わずか数十分の放映時間のために、8〜9時間、総勢スタッフ30〜40名の方が奮闘されていたかと。あらためて、番組が出来ていく過程でのエネルギー値はすごいものだな、と。
みなさま、お疲れさまでした!!(きっと来週も編集作業がまだまだ続くでしょうが、、)

そして、こちら、岩田さん。

06
1月は、ミソラ新年会や、非公開公演、学校公演とご一緒してましたが、今月は一昨日が初。
スタッフとともに、決定している公演の内容打ち合わせや、泉州尺八工房の三塚さんをまじえて、楽しい食事の時間も。


最後の一枚は、ソプラニスト、日々野幸さんと。
07

幸さんとは、4年前の春、彌勒さん演出の子供向けオペラ(ミュージカルに近い?)で共演を🎵

その時のご縁から、嬉しくも私の自由な!(笑)ピアノ伴奏を気に入ってくださってて、今年は何度か共演の機会をいただきました。
なので、そのリハーサルや、プロモーションが先日スタートを。


ということで、ブログアップのタイミングを数日逃してましたが、元気に、そしてなかなかてんこ盛りな毎日を過ごしておりました。

でも、ここから10日は集中します!!


レコ発、美宇宙の響宴!!! 
忙しい年度末に来てくださるみなさまに、感謝を込めて、楽しんでいただける要素は全て残らず、舞台にのせますね。

心よりお待ちしてます。


3月9日(水)18:00open 19:30 Start 美宇宙の響宴

|

« 彌勒忠史&中村健吾&me | トップページ | 美宇宙の響宴リハ、1回目 »

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。