« 花束とHAM | トップページ | Trio "Wolf Tone"ご紹介! »

2016年3月30日 (水)

春、人それぞれ思うこと

3月最後の週、比較的穏やかな毎日です。

今日は夕方時間ができたので、河川敷へお散歩。

Img_4968


桜は、蕾から花開き、木によりますが、3〜5分咲きといったところでした。

Img_4962


今週初めは、Blue Noteで、ラウルミドンを鑑賞。

盲目のギタリストで、シンガーソングライター。
それだけじゃない、ボイストランペットもできて、ボンゴで抜群のリズム感をみせ、声も裏声含めると、ゆうに3オクターブ、その上ピアノまで弾いちゃう。。。

私なんて、ピアノオンリー。。。


いかん、芸を増やさねば!と思いました(笑)

本音をいうと、私的に素晴らしいと共感するミュージシャンは、
唸らせる技術はもちろんのこと、音楽に魂が入ってるかどうか(自分がドキドキ感じるか)、なんです。
ラウルの音楽にはそれがありました。


見習います!!!
イイところは盗む!に限ります。

さて、その日お誘い頂いた方の小学生の娘さん。

以前、codeMライブに来てくれたので、知る仲ではあるのですが、この日も父上に手紙と折り紙を預けてくれてました。


Img_4959

”またぜったいコンサート行くからね!”

このセリフにキュンキュンしないわけありません。

また来てくれる日に向けて、今日の、明日の、自分を磨こうと。


、、、、今、地球に何十億という方が住んでいて、

悲しいことに紛争が起きて、祖国を離れることを余儀なくされる地域もあれば、

テロが突然起こる場所も増えて、

身の回りでも、耳を疑うことが起こる世の中です。

その中で、事件、出来事の一部分をとって、人それぞれいろんな受け取り方をします。

私も、その一人です。


悲しみ、怒り、救い、憂い、安堵、

テレビで取り上げるもの、コメント、
またネットに出るものが全てではないですが、


私の脳裏に残った幾つかの記事を、今日はご紹介を。

テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ(和訳)

法政大学田中優子総長 2015年度学位授与式 告辞

小野美由紀さん 不倫の子の胸のうち


渦中の当事者なのか、

関係者なのか、

それを遠くで見てる人なのか、


全く関係ない人なのか、、

またその人の人生の年代によっても、物事の捉え方は変わるかもしれません。


でも、こちらに紹介した方たちの言葉は、真実の重みが、言われている本人の偽りない姿勢が、私には感じられました。


それも受け手による、と思います。


それでいいんだ、と思います。


この春、

誰かから大切な言葉を受け取った方、

誰かに大切な言葉を贈った方にとって、

桜の風景が、さらに背中を押してくれますように。


私からはHealing Island お届けします。

|

« 花束とHAM | トップページ | Trio "Wolf Tone"ご紹介! »

10.private」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。