« 美宇宙の響宴 から一夜 | トップページ | 大子公演とFata Morgana »

2016年3月13日 (日)

エレクトーン清水のりこさん

今日、2つのスポットライトを浴びているエレクトーン、清水 のりこさん。

1つは横須賀芸術劇場でのオペラトスカの伴奏。
壮大なオーケストラの世界観をたった一台のエレクトーンで織りなしています。

もう1つは、BS JAPANでこの後14時からオンエアされる、
日経スペシャル 招待席〜五代目中村雀右衛門 女方の真髄〜
http://www.bs-j.co.jp/syoutaiseki2/

こちらでは、雀右衛門さんが舞う”切支丹道成寺”で、朝子の生涯、愛情、情念をこれまた一台のエレクトーンで表現。

私は後者の舞台で関わりましたが、エレクトーンも車もスペックが良いだけで、製品の評価がつくことはなく、それを使いこなす技量、感性、さらには人柄もあって、その商品が高みに、また商品価値が上がるんだと。

そういった意味でも、のりこさんは偉大です!
この番組に、平井澄子さんの原曲を大胆に編曲する機会があったことに感謝します。

|

« 美宇宙の響宴 から一夜 | トップページ | 大子公演とFata Morgana »

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。