« 【codeMチラシ】 2015版 | トップページ | 【有言実行?!】完!!! »

2017年1月10日 (火)

【Back to December】2years

アレンジ、ようやく収束?に向かいそうな気配。

千駄ヶ谷スタイルさんに先日年賀で頂戴した抹茶どら焼き!をデザートタイム(ドレスにはマズイかな〜〜💦)のお供にしております。。

そんな時間、私的1年の節目である12月を2年連続で振り返ってみたり、、


まず、1年ちょっと前となる、2015年。

この年は、なんといっても、8年ぶりのオリジナルCD

"美宇宙の響宴"を2015.12.13、リリースしましたっ^^

01_2015cd1


さらに、この年は、乃木坂の聖パウロ女子修道会より、嬉しいオーダーをいただき、codeM Blue ZoneメンバーでクリスマスキャロルのCDも制作&リリース

02_2015cd2


そのコンサートを、暮れ(クリスマス)迫る2015年12月21日に。

メンバーが女性ばかりだと、写真も豪華に見えますね(笑)

03_2015cd

コンサート会場は、女子パウロ会のお御堂。
十字架が印象的で、本当に愛に満ちた場所で、奏でた2時間でした。
最後に共演してくれたシスターの歌声も清らかでした!!

04_2015


そして、2016年も再び、教会コンサートにご縁が出来ましたっ!

そう、昨年たっくさんコンサートをご一緒した幸さんが、品川のグローリアチャペルでリサイタルを。

こちらの響きも抜群でした!!

アンコールでは、幸さんが息子さんでと共演。
数年前、生命が危険な状況になった息子さんが、今こうして元気になってお母さんと共演している姿に、私もうるっと。。。(Rくん、昨日は成人式、おめでとう‼️)
05_2016


そして、上記コンサートを実は聴きにきてくれていたのが、吉永真奈さん。

この数年、私のブログでも度々紹介してますが、真奈さんが昨年、15年の思いが詰まったアルバムをリリースされ、その中で、MAKIオリジナル2曲(乱〜舞〜と、Scorpion〜11月の鐘〜)と、アレンジ(琴線幻夜)という形で、ディレクト、作編曲、演奏に関わらせてもらいました!!

こちらの発売が、2016.12.14

06_2016cd

私的には、2年連続で思い深いアルバムが師走にリリースされ、あ〜今年はこういう感じで突っ走ってきたな〜、誰かと共存してきたな〜と思い返せる、充実の去年、一昨年です。

で、こちらが銀座ZEROで、リリースライブをした際の、左がゲストバイオリンYui、真ん中がお真奈さま、右が、ワタシです^^

07_2016cd

で、ですね、、昨年の暮れは、未来に繋がるコンサート鑑賞や、打ち合わせもなかなか頻繁に組み込んでまして、

こちらが電子エレクトーン奏者の清水のりこさん!

昨年2月、BSジャパン 日経スペシャル招待席という番組に演奏出演が決定していた、のりこさん。
襲名披露記念の時期に出演された中村雀右衛門さんの踊りに、切支丹道成寺という音楽を題材に、私のアレンジを、と推薦くださって、貴重な機会を得ました。

今年も、のりこさんとはひとつ仕掛けたな〜と思っていることが二人の中で既にあります!!
こちらお楽しみに。


08_2016


そして、昨年、岩田&MAKIのコンサート、学校公演でお世話になった信州国際音楽村の館長さんとも打ち合わせ!こちらも今年の動きが既に始まっています!!

09_2016

最後は、晩秋から始まった、吉永真奈さん&島村聖香さんとの、小美玉市内での学校アクティビティ。

codeM 和の調べは、中国の楽器、二胡を見事に奏でる琳ちゃんも加わった4人編成ですが、小美玉市には和洋を紹介する試みの中、3人で伺ってます!

実は、一昨年はURANUS(岩田さん&中井さん)の、中井さんが怪我をされた時期、ピンチヒッターで岩田さんとDuoで伺ってたので、、こうして昨年もご縁ができるなんて、嬉しくも声がけいただいたみの〜れの皆さんの期待に応えられる、現場の子供達が伝統に興味をもって、楽しめるコンサートを!と張り切ってやってます。


今年の冬も引き続き伺うので、また元気な子供達に会えるのが楽しみです!
(みんな風邪やインフルエンザ気をつけてね!!)
10_


ということで、2年続けて振り返ってみると、どちらも節目のような出来事もあれば、一昨年のことが昨年につながり、昨年がまた今年につながり、と、、続けてるからこその幸せを味わえているな〜と実感。

出会い、そして出会いの後もご縁を大切にしてくださる方々に感謝です!


ではでは、ラストスパート!!アレンジに戻ります〜

|

« 【codeMチラシ】 2015版 | トップページ | 【有言実行?!】完!!! »

06.Works& News」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。